CHEAP TRICK チープ・トリック


逆輸入されたアメリカン・ヒーロー

どうしてもこのメンバーでなければ成立しないというバンドがある。そう多くはないが、ビートルズクリームクイーンキッスなどは、その代表例だ。
これらのバンドは、オリジナル・メンバーの内、たった1人抜けただけでも分裂、もしくは急速に人気を失っていった。それだけ各メンバーの個性が強く、バンドに対し全員が大きく貢献しているという証でもある。
チープ・トリックもまた、1人欠けても「チープ・トリック」とは認められないほどオリジナル・メンバー全員が個性的で、4人が揃ってこそ本来の持ち味を発揮するバンドだ。

Rick Nielsen リック・ニールセン/ギター
Tom Petersson トム・ピーターソン/ベース、ヴォーカル
Bun E.Carlos バニー・カルロス/ドラムス
Robin Zander ロビン・ザンダー/ヴォーカル

リック・ニールセンをリーダーに、トム・ピーターソンも加えて1968年に結成されたグリーム・リッパーズが彼らの母体となっている。このバンドはFUSEと名前を変え73年まで活動していた。
その後リックとトムはバンド結成と脱退を繰り返すうちに、ロビン・ザンダー、バーニー・カルロスと知り合い、 74年までに現在のメンバー全員が顔を揃えたチープ・トリックが誕生している。
そして76年、エアロスミス、アリス・クーパー、スターズなどのプロデュースで数々の成功を収めていた名プロデューサーのジャック・ダグラスに見い出され、エピック・レコードと契約。翌77年に、ファースト・アルバム「チープ・トリック」でデビューを果たしている。
時期的には、パンク・ムーヴメント勃発からハードロックの勢いは下降線をたどっていた頃で、すでにキッス、エアロスミスの子分とも言えるアメリカン・ハードのニュー・カマー達のデビュー・ラッシュも一段落した後であった。特に注目することもなく「へ〜、また新しいハードロックバンドがデビューしたの!?」ぐらいにしか気にとめていなかった。ところが、同年リリースされたセカンド・アルバムでは、ジャケットの面白さや曲の良さが日本ではかなりの評判を呼び、同じ頃デビューしたイギリスのストラップスと共に、異色の新人としてもてはやされるようになる。サウンド的にも、ファースト・アルバムでみせていたハードさは少し影を潜め、ストレートで分かりやすいハード・ポップ路線へと変化していた。
翌78年には、サード・アルバム「天国の罠」をリリースするとともに、初の日本公演を武道館で行ない、その模様はすぐにライヴ盤として、日本限定で発売された。それが、彼らの運命を変えることになる名盤「チープ・トリックat武道館」だ。
本国アメリカで、彼らの友人がこの中のナンバー「甘い罠」(I Want You To Want Me)をラジオで流したところ、突然爆発的にヒットし始め、みるみるうちに全米7位まで上昇。アルバムも日本からの逆輸入盤が飛ぶように売れ、慌てて後からアメリカでもリリースした結果、全米4位のプラチナディスクとなり、チープ・トリックの名は、あっという間に世界中へと広まったのだ。
つづく79年発表の「ドリーム・ポリス」も好調で、全米6位の大ヒットを記録。80年にはジャパン・ジャム2のメイン・アクトとして招待されることとなっていた。
ところが、この時トムとリックが音楽的な衝突を起こし、トムは結局来日せずファンをがっかりさせた。さらにこの年の夏、トムの正式脱退が発表され、以降バンドの人気は急激に下降し始める。すでにレコーディングが終わっていた次作「オール・シュック・アップ」では、かろうじて全米24位まで上昇したものの、新メンバーの
Jon Brandジョン・ブランド(b)を迎えてからは、どんどん勢いを失ってゆく。
しかしこの時期のアルバム、けして出来が悪かったわけではなく、むしろオリジナル・メンバー復活後(80年代後期)のアルバムより、内容は良いものもある。プロデューサーをアルバムごとにコロコロと替えるなど、彼ら自身に「迷い」が生じていた様子はあったが、ストレートでポップでユーモラスという基本路線は変えておらず、サウンドだけを聴く限り、なんで急に売れなかくなったかは理解不能だ。
トム脱退後は、本国同様、日本での人気も急降下し、ほとんど話題にならなかった。唯一86年、映画「トップ・ガン」のサントラに1曲提供した時、「あ〜、チープトリックってまだやってたんだ!?」と懐かしい想いをしたぐらいだ。だが、この曲「マイティ・ウイング」の出来映えはかなり良く、復活を予感させるものはあった。
そして88年、その予感通り、全米No.1に輝くシングル「永遠の愛の炎」(The Flame)をひっさげ、アメリカン・ヒーロー「チープ・トリック」は我々の前に戻ってきた!しかもトム・ピーターソンが再加入(87年)しての大ヒットである。「やっぱりチープ・トリックはこの4人じゃなきゃ!」誰もがそう思ったことだろう。つづく第2弾シングルのエルヴィス・プレスリーのカヴァー曲「冷たくしないで」(Don't Be Cruel)も全米4位の大ヒットを記録し、それらを収録したアルバム「永遠の愛の炎」(Lap of Luxury)も全米18位の大ヒットとなった。これで勢いを取り戻した彼らは、この年8年ぶりの来日も果たし、ファン達を大いに沸かせた。
90年にはつづくアルバム「バステッド」を発表。ここからも「フォーリン・イントゥ・ラヴ」や「ホエア・エヴァー・ウッド・アイ・ビー」をスマッシュ・ヒットさせ、ソロでもロビンが映画「テキーラ・サンライズ」のサウンド・トラック「サレンダー・トゥ・ミー」で、ハートのアン・ウィルソンとデュエットして大ヒットさせた(全米6位)。
しかし、この後なかなかニュー・アルバムを出さず、リックはモトリー・クルーやスティーヴン・サラスといったヘヴィメタ系の連中のアルバムへセッション参加、ロビンはソロ・アルバムをリリースなど不穏な動きがつづき、一時はチープ・トリック解散も噂された。
だが、94年には、その噂を吹き飛ばす、すばらしいアルバムをリリースしてきた。そのアルバム「蒼い衝動」(Woke Up with A Monster)は、70年代のパワーが甦ったような、紛れもないチープ・トリック・サウンドで、80年代の、レコード会社の思惑によって作られたようなチープ・トリックではない。曲もほとんど外部に頼らず、レコード会社もワーナーへ移籍、プロデューサーも初顔合わせのテッド・テンプルマンだ。新鮮な環境の中でまた1からやり直し、本来のチープ・トリック・サウンドで勝負しようという、彼らの心意気が強く伝わってきた。
その後も97年にはファースト・アルバムと同じタイトルの「Cheap Trick」をリリース(こちらは便宜上「チープ・トリック1997」と呼ばれ、ジャケットも2種類存在する)するなどマイペースな活動をつづけ、2001年にも来日。日本のファンの前で変わらぬ元気な姿を見せた。だが、しばらくしてバーニーの体調が思わしくないというニュースが飛び込んできた。しかもツアーにはセッション・プレイヤーを起用しているというのだ。バーニーは昔から風貌が老けていたため、本当は若いのだというイメージがあったが、今やその風貌に見合った歳になってしまったのだな〜としみじみ時の経過の早さを痛感した。
しかし2003年、なんとスタジオ・アルバムとしては6年ぶりとなる「スペシャル・ワン」をリリースし、ファン達をホッとさせると、2006年には、信じられないほどの名盤「ロックフォード」をリリースし、ベテランの底力を見せつけた。

もはや今の彼らに迷いはない。これからも力の続く限り、今の4人で良質なハード・ポップ・サウンドをマイペースで作り続けてゆくことだろう。第二の故郷日本のファンはいつでも彼らの帰郷を待っている。(HINE) 
2005.5更新

もっと詳しく知りたい方はこちらへ→参考サイト:The LUCKY STAR



Cheap Trick
Epic/Sony

In Color
Epic/Sony

Heaven Tonight
Epic/Sony

At Budokan
Epic/Sony

Dream Police
Epic/Sony

All Shook Up
Epic/Sony

One on One
Epic/Sony

ディスコグラフィー

1977年 Cheap Trick(チープ・トリック)*ポスト・パンクかと注目されたが、セールス的にはパッとしなかったデビュー・アルバム
1977年 In Color(蒼ざめたハイ・ウェイ)
*ストレートでポップなチープ・トリック・サウンドを確立した名盤
1978年 Heaven Tonight(天国の罠)
*すでに日本では大人気であったが、本国アメリカでもじわじわと頭角を現し始めた
1978年 At Budokan(at 武道館)
*一挙に本国でも大ブレイクし、全米4位まで登りつめた、伝説のライヴ盤
1979年 Dream Police(ドリーム・ポリス)
*スタジオ・レコーディングでは、彼ら最高の全米6位を記録した5th.アルバム
1980年 Found All the Parts(デイ・トリッパー)
*10インチ4曲入りの特別盤
1980年 All Shook Up(オール・シュック・アップ)*ビートルズでお馴染みジョージ・マーティンによるプロデュースで、全米24位
1982年 One on One(ワン・オン・ワン)
*クイーンでお馴染みロイ・トーマス・ベイカーのプロデュースだったが、トムが脱退し勢いを欠く
1983年 Next Position Please(ネクスト・ポジション・プリーズ)
*トッド・ラングレンがプロデュースして話題になるが、まったくヒット無し
1985年 Standing on the Edge(スタンディング・オン・ジ・エッジ)
*再びジャック・ダグラスのプロデュースに戻る
1986年 The Doctor(ザ・ドクター)
*もはやチャートにさえランクインしない苦しい時期の作品
1988年 Lap of Luxury(永遠の愛の炎)
*全米No.1ソング「永遠の愛の炎」と共にトムが復帰というドラマティックな展開に世界中が沸いた
1990年 Busted(バステッド)
*前作と同様外部コンポーザーを起用。「フォーリン・イントゥ・ラヴ」が全米12位のヒット
1991年 The Greatest Hits(グレイテスト・ヒッツ)
1993年 Budokan II(at 武道館 II)
*78年の「at武道館」に漏れた未発表ライブ。これとプラスして完全版となる
1994年 Woke Up with A Monster(蒼い衝動)
*ヒットこそしなかったが、往年のチープ・トリック・サウンドが蘇る力作
1996年 Sex, America, Cheap Trick box set(セックス,アメリカ,チープ・トリック)*ライヴや未発表テイクなども含むBOXセット4枚組CD
1997年 Cheap Trick(チープ・トリック)*デビュー20周年の節目を迎え、デビュー・アルバムと同じバンド名のタイトル。区別するため1997と表記される
1998年 Premium Best
*ソニー・ミュージック・ジャパン創設30周年記念盤
1998年 At Budokan the complete concert
*at 武道館20周年記念盤。曲順まで実際のライヴと同じにした完全版
1999年 Music For Hangovers(ミュージック・フォー・ハングオーヴァーズ)
*at武道館以来20年ぶりのライヴ・アルバム
2000年 Authorized Greatest Hits
2001年 Silver(シルヴァー)
*彼らのホームタウンであるロックフォードで行われた25周年記念コンサートを収録した2枚組CD
2003年 Special One(スペシャル・ワン)*スローな曲が多く少し地味か!?
2006年 Rockford(ロックフォード) *全曲捨て曲無しの、ベテランとしては信じられないほどの名盤



Next Position Please
Epic/Sony

Standing on the Edge
Epic/Sony

The Doctor
Epic/Sony

Lap of Luxury
Epic/Sony

Busted
Epic/Sony

Woke Up with the Monster
Warner/Warner

Cheap Trick(1997)
Red Ant/Victor


★★★ Disc Review (KEN) ★★★

at 武道館(レガシー・エディション)
チープ・トリック
Cheap Trick



2008年 SMJ

1. Hello There
2. Elo Kiddies
3. Speak Now (Or Forever Hold Your Peace)
4. Lookout
5. Downed
6. Can’t Hold On
7. Oh Caroline
8. Surrender
9. Auf Wiedersehen
10. Southern Girls
11. I Want You To Want Me
12. California Man
13. Goodnight
14. Ain’t That A Shame
15. Clock Strikes Ten

●BONUS
Budokan 1978: Come On, Come On
Budokan 2008: Voices
Budokan 2008: If You Want My Love
Cheap Trick 2008 Interview: Looking Back

「30年を経てよみがえる伝説」

 これといって収集しているわけでもなく、ベストや代表作ぐらいしか持っていないのに、惹かれてしまうミュージシャンというものがいる。それは「意識して好き」なのではなく「無意識に好き」なのではないか。
 僕にとって、それはチープ・トリックだ。ベスト盤から入り、そこからレンタルなどで代表作を聴いた程度でしかないのだけれども、本作『at 武道館(レガシー・エディション)』の発売にはなぜか焦ってしまった。いま、買わないでどうするのか? そんな使命感のようなものを受け、蒼い衝動的に買ってしまった。ネット通販で割引だったのも大きなきっかけだった。
 この『at 武道館』は、伝説的なライヴ・アルバムとして語り継がれている。本国アメリカなどでは人気もイマイチで後発組だったチープ・トリックをブレイクさせた記念碑的作品。その記念とは、チープ・トリックが日本から本国へとブレイクしていくきっかけとなったことと、向こうで言う輸入日本盤で最も売れた作品となったこと。
 本国より日本で先に売れるというのはよくあることだ。そうした人気には、アイドル的な視線が飛び交い、音楽性を評価する以前に熱狂的なファンが生まれてしまうものだけど、本当のアイドルだったらベイ・シティ・ローラーズのように最初から売り上げも弾け飛ぶ。ただ、音楽性がちゃんとあるために(いや別に、ローラーズに音楽性がないって言ってるわけじゃないスよ。デレク好きですよ)評価に時間がかかってしまい、何らかのきっかけを持たないと売れないミュージシャンというのは多い。そうした人は、多くの場合がヴィジュアル面での人気から、アイドル的に扱われてやがて火が点く、ということが多いんじゃないか。僕の大好きなジャパンなどもそう。奥は深いのに、きっかけはちょっとしたこと。それに日本が関われているというのは軽薄とか言わずに素直に嬉しいし、音楽史的に誇れることだ。
 そんなふうに、本作のオリジナル・レコードは飛ぶように売れ、何度もリイシューされた。完全収録盤で復刻したりDVD付きになったり、廉価盤になったりもした。しかし僕は、手を出せずにいた。どうしてか? 理由は簡単。そんなに伝説的な名演なら、フル・レンジの映像で観たいと思ってしまったからだ。小出しにされた映像がちょびっとだけ入ったリイシュー盤は買う気になれない。いつか決定版が出るだろう、そう思い込んでいたのだ。
 それは的中した。そうして、『at 武道館(レガシー・エディション)』はリリースされた。
 ここには、15曲ものほぼフル・レンジでの1978年当時のライヴ映像を中心に、30年後の2008年での武道館凱旋公演の一部の模様を含めたDVDをメインとし、完全なセット・リストにのっとった19曲ものライヴCD、さらにおまけのようにいままでコンプリート盤とされていた2枚に分けた完全版ライヴCDを含めた、合計4枚でワン・セットとなっている。それが5,000円強の破格値。しかも僕の場合ネット通販の割引で4,000円にまでなってしまった。こりゃあ思わず飛び付いて買ってしまう。いままで聴きたくても手が出せずにいた名盤の、完全版なのだから。
 買うや否や、まずCDを通して聴いた。前述のようにCD3枚の内容は1本のコンサートを1枚におさめたものと2枚に分けたものというように重複しているのに、繰り返し聴いても飽きない。何度も、冒頭の「準備はいいかい? 東京!」というアナウンスに興奮し、「ハロー・ゼア」でのライヴの開始に胸が震える。1枚モノと2枚組では演奏自体は同じだけど、編集(マスタリングもかな?)が違うので聴き較べるのもいいかも。
 そして本体のDVDだが……これは素晴らしい! 若々しいチープ・トリックの面々が、生々しく、確実にそこによみがえる。僕は動くチープ・トリックを目にしたのは実は本作が初めてなのだが、充分に魅了されてしまい、まるで1978年の女性ファンのひとりになったような気分になってしまった。
 ロビン・ザンダーとトム・ピーターソンの「ヴィジュアル班」(わはは)は実に恰好よく、リック・ニールセンとバーニー・カルロスの「お笑い班」(失礼!)は実力を見せてくれる。ロビンはスマートな白でキメた衣装がバッチリ似合っていて、トムはネックに千羽鶴が提げられているのが当時をしのばせる。リックは飛んだり跳ねたりおどけたりの大活躍で、バーニーは見た目通りファットなリズムを刻む……映像は当時放映されたテレビ番組をもとにしているそうだが、最新の技術でよみがえっているのでそれほど古臭くなく、30年という空間をあっという間に埋めてくれる。ここには、風化しない伝説が刻印されている。
 できることなら、と僕は思う。できることなら、このライヴをナマで観て、30年を経たいまにしてもう一度観る、ということができれば。僕が生まれて間もない頃にこのライヴはあったのでそれはものすごく叶わないことなのだが、もしこのライヴを実体験された古くからのファンがいまでもチープ・トリックを好きなら、このDVDで観てみてほしい。当時のあなたの想い出とともに、彼らの素晴らしい演奏がよみがえる筈だ。チープ・トリックを知らない音楽ファンには、本作は登竜門のような名作でもあるので、この機会に彼らの世界を味わってみてもいいのでは、と促しておこう。
 ああ、何でこんなに嬉しいのだろう。
 それは僕が、チープ・トリックを潜在的に好きであるということと同時に、本質的に「ロック・ファン」であるという証だ! (KEN)