PRINCE プリンス


ロック界から見たプリンス

プリンスの音楽を語るとき、どのジャンルにも属さない変幻自在なアーチストなため、いろいろな角度からさまざまな分析がなされるが、一般的にはR&B(ソウル)、ファンク、ダンス・ミュージックなどと分類されることが多い。
しかしながら、彼の踊り(ダンス)を見た限りでは、完全に“タテのり”であり、マイケル・ジャクソンやジャネット・ジャクソン兄妹のようないわゆる黒人特有の“ヨコのり”ではない。しかも、はっきり言ってダンスはうまくないし、ラップも下手だ。
では、ロッカーなのか?と聞かれると、完全にそうとも言い切れないが、あの衝撃的なステージやジャケット写真、型破りな音楽性からは、少なくとも「ロック魂」を持つアーチストだということが分かる。だが、彼の生み出す音楽は、ジャンル分けすること自体無意味なほど多彩でアイデアに満ちている。

ロックとダンス・ミュージックを融合させた80年代の奇才

大ヒットしたシングル曲「I Wanna Be Your Lover」「1999」で知られていた、ブラック・ミュージック界の大型新人プリンスが、突如ロック・フィールドにも姿を現し、ファン達を唸らせたのは「パープル・レイン」というアルバムの大ヒットからだった。
80年代初頭、ブラック・ファンク勢と第二次ブリティッシュ・インヴェイジョンと呼ばれるユーロ・ビートの横行で、音楽界の主流はすっかり様変わりし、既存のロックは隅に追いやられていたような状況であった。しかし、マイケル・ジャクソンと、このプリンスの出現によって状況は一変する。
マイケル・ジャクソンは元々、R&Bやダンス・ミュージックを得意とするシンガーであったが、徐々にポップスやロック・サウンドを取り入れ、万人に聞きやすいダンス・ミュージックを創り上げ、白人達からも支持を受け大成功を収めた。
一方プリンスは、黒人でありながらデビュー前からハードロックやニューウェイヴ・サウンドなどを自らが習得しており、セールスのためにあえてR&Bやダンス・ミュージックをベースにして大成功していった。
同じ頃、一部のヘヴィメタル系のバンド達の活躍により、にわかに活気を帯びてきたロック界は、この2大スターの出現によりますます盛り上がり、とりわけマイケル・ジャクソンが起用したヴァン・ヘイレンなどの大活躍によってヘヴィメタル・ブームにまで発展してゆく。またプリンスのダンス・ビートとロックを組み合わせる手法や独創的なパフォーマンスは、その後のミクスチャー・ロックやヒップホップ系アーチスト達に多大な影響を与えていくのだった。
だが、70年代の終わりには、まだマイケルもプリンスもディスコで流れる数あるダンス・ミュージックのための1アーチストでしかなかった。

1958年6月7日アメリカのミネソタ州ミネアポリスで誕生したプリンスは、ジャズ・ミュージシャンであった両親の影響で、幼い頃より音楽的には恵まれた環境に育った。本名のプリンス・ロジャー・ネルソンというのは、父親のバンド“プリンス・ロジャー・トリオ”からとられたらしい。
その後両親は離婚し、母親とともに新しい父親と暮らすようになり、この頃から内向的な性格になっていったようだ。
やがて学生時代にアマチュア・バンドを組みギタリストとして活躍。プロ・デビュー前にはすでにその才能を多方面より評価され、ギターが上手く非凡な才能の持ち主であったことから“ジミヘンの再来”と呼ばれたり、他のほとんどの楽器も巧みに操り1人で完成度の高い曲を創り上げる技術を持っていたことから、“神童”(70年代初頭にはトッド・ラングレンがそう呼ばれていた)などとも噂された。
こうして19歳にして高額でWEA(Warner/Elektra/Atlantic)との契約を勝ち取ったプリンスは、同時にプロデュースも含め、すべてを自分にまかせるという権利も獲得した・・・はずであった。ところが、この契約が後々プリンスの音楽人生を狂わせる最大の原因になるのだ。
1978年にアルバム「フォー・ユー」(日本未発売)でデビューしたプリンスは、このアルバムと翌年発表のセカンド・アルバム「愛のペガサス」では、全曲ファルセット・ヴォイス(裏声)にソフト・メロウ調のR&B系サウンド、いかにもという風貌で、まるっきりR&Bシンガーに徹していた。そして、セカンド・アルバムからのシングル「I Wanna Be Your Lover」が全米11位の大ヒットとなり、まずは順調なスタートを切っていた。
しかし、80年リリースのサード・アルバム「ダーティー・マインド」では一転、発売禁止寸前のジャケット(^_^;に、大胆なダンス・ビートを導入したサウンド。中にはニュー・ウェイヴっぽい曲まで入っていて、自らそれまでのイメージを覆し本性を露わにした。
プリンス本人曰く、1st.と2nd.では売れるためにわざとあのようなサウンド作りをしたらしい。70年代の終わりといえばまだ、黒人はR&B、白人はロックのような先入観が業界にも色濃く残っていて、白人はR&Bっぽく唄うとかっこいいと言われるのに、黒人のロックはまったく受け入れられないという差別があった。
ロック史を振り返っても、プリンス登場以前に大活躍したロック・ミュージシャンはジミ・ヘンドリックスしかいないという状況がそれを物語る。ようするに、ジミヘンほどの衝撃度がないかぎり、黒人がロック界で認められるのは不可能なのだ。ちなみにプリンス以降にもレニー・クラヴッツ以外黒人の大物は出てこない。プリンスは最初からロック界のこういった状況を悟っていたのだろう。
ファースト・アルバムには「I'm Yours」という、かなりロックっぽい曲が入っているし、セカンドにも、どうにもハードロックにしか聞こえない「Bambi」という曲が入っていて、アルバム全体の雰囲気からは、この2曲はかなり異質だが、これが本来自分が表現したかった曲なのだろう。
この後も「戦慄の貴公子」、「1999」とサード・アルバムと同傾向のアルバムを発表し、ダンス・ミュージック・ナンバーを中心としたディスコ・シンガーとして、着実に人気を獲得していった。特にその集大成とも言える2枚組LP「1999」からはタイトル同名シングルが全米12位のヒットを記録したのを皮切りに、「Little Red Corvette
」(6位)、「Delirious」(8位)と大ヒットを連発し、アルバム自体も最高位9位、チャート内に125週もいたという大ヒット&ロングセラーを記録した。尚、このアルバムはファンクやR&B好きのファン達からはいまだに最高傑作と囁かれている。

世界のサウンド・リーダーへ

ところが、ここでしばらく沈黙し、めずらしく2年のインターバルをおいて、84年に自伝映画とそのサントラを発表した。このサントラがその後のロックの歴史を変えてしまうほど衝撃的なアルバム「パープル・レイン」だった。(このアルバムからプリンス&ザ・レボリューション名義になっている)
とにかく、ここからのファースト・シングル「ビートに抱かれて」(When Doves Cry)はイントロのハードなギターからかっこよく、そこへノリの良いダンス・ビートとヒップ・ホップ・テイストを含んだコーラスなどを加え、ロックとダンス・ミュージックの融合を成し遂げたすばらしい曲だった。
この曲は瞬く間に全米チャートを駆け上り、見事No.1に輝いた。この勢いに乗って、つづくシングル「レッツ・ゴー・クレイジー」も1位に。これもロックンロールとダンス・ミュージックを組み合わせた曲だ。そして、それにつづくシングル「パープル・レイン」では、今度はスローでヘヴィなサイケデリック・ロック・サウンドを披露、完全に他のブラック系ミュージシャンとは一線を画すプレイヤーだということを印象づけた。
また同じ頃、R&B界の大物女性シンガー、チャカ・カーンがプリンスのセカンド・アルバムに入っていた「アイ・フィール・フォー・ユー」をカヴァーして、大ヒットを記録。コンポーザーとしてもプリンスが素晴らしい才能を持っていることを知らしめた。ちなみに86年のバングルスの大ヒット曲「マニック・マンデイ」もプリンスの作品(1999と同じコード進行という話も(^^;)
しかし、プリンスにしてみれば、本人自ら「ヒット曲を作るのなんて簡単な作業さっ!」と語っているとおり、こういったヒット・チャートを賑わすようなことは少々退屈で、これ以降アルバム毎に次々とサウンド・スタイルを変え、新たな挑戦をしていくことになる。
前作の驚異的ヒットで、「売れるアルバムを作らなくてはいけない」という精神的負担から解き放たれたプリンスは、85年彼の最高傑作とも思える素晴らしいアルバムを発表してきた。それが「アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ」(全米1位)で、サウンド・コンセプトを前作とはがらりと変え、サイケデリックを引きずったグラム・ロックを想わせる、ポップだがどろどろしたロック・アルバムに仕上げてきた(録音はすでに前作と同時期に終わっていたらしい)。よくファンクやR&Bのファンからは、「一変してサイケデリックなアルバムになった」と言われるが、ロック・ファンの方ならお気づきのとおり、サイケは前作から引き継いでいるもので、このアルバムではサイケのテイストは残しながらも、グラム・ロック(とりわけT・レックスや初期のデヴィッド・ボウイなど)寄りの音づくりがなされているのだ。そして次のアルバム「パレード」(86年作)ではニュー・ウェイヴやジャズ&ブラス・ロックにも挑戦している。・・・そう、彼はロックの歴史を順に振り返りながら、それらを自分流にアレンジし、新しい音楽を創造しようとしていたのだ。
このニュー・ウェイヴとジャズ・テイストにあふれるアルバム「パレード」は時間が足りなかったのか、少しこなしきれていない部分もあり、プリンス自身もシングルになった「キッス」以外誇れるものはないと語っている。しかし、この「キッス」は無駄な音を極限までそぎ落とし、必要最低限の音の組み合わせだけで“魂の鼓動と叫び”みたいなものを表現してしまった究極ソングだった。(渋谷陽一氏によるとラジカルという表現が使われている)
これにはシンプルなサウンドを目指していた本家ニュー・ウェイヴ系アーチスト達もあっと驚いただろう。ほとんど声とギター、リズムしかないのだ。
当時同じようにシンプルなサウンドで大ヒットしたスティングの「Englishman In New York」やジョージ・マイケルの「Faith」などと比較しても、そのシンプルさは群を抜いている。いずれも87年の曲なので、彼らがプリンスの手法を取り入れたのは明白だ。
「キッス」は見事全米No.1をに輝き、プリンスは名実ともに世界のサウンド・リーダーとして頂点を極めた。
また、この86年には初来日公演も果たし、テレビでもこの模様を放映した。そこでのプリンスはマイクをなめ回したり、ピアノの上に乗って、はいずり回るなど過激なパフォーマンスを見せてとても話題になった。
翌87年には2枚組のアルバム「サイン・オブ・ザ・タイムス」を発表。それまでアルバムごとに大きな変化をみせていただけに周囲はかなり期待したが、意外にもこのアルバムは、これまでの集大成的な色合いが濃く、前3作に比べて新鮮みはなかった。
チャートでも以前よりはふるわず(とは言っても6位)、それまでのような勢いは感じられなくなっていった。だが、このアルバムは評論家の一部には絶賛され評価は高い。どうやら歌詞の内容とバラエティにとんだサウンド、バンドを解散し1人でクオリティの高い作品を作り上げたことへの賞賛によるものらしい。
88年には本人の過激なセクシー・ヌード(^_^;ジャケットと、曲のトラックが選べない(つまりCD1枚まるごとが1トラックで、飛ばして聴くことができない)ことで話題になったアルバム「ラヴセクシー」を発表するが、内容はファンキー一辺倒でやはり新鮮みに欠け、ジャケットの問題もあり、全米11位までしか(普通ならこれでも大ヒットだが・・・)あがらなかった。
誰もがこれでプリンスの時代も終わったと思い始めていた。その頃制作中だった人気シリーズ映画「バットマン」のサウンド・トラックをプリンスが手がけるといったニュースにも、さほど期待はしてはいなかった。
しかし89年、映画「バットマン」の完成とともにFMから流れてきたテーマ曲は、今まで聞いたこともないような大胆なミキシング&オーヴァーダビングと出演俳優達の台詞をサンプリングして組み合わせた画期的な手法で、メチャメチャかっこいいサウンドに仕上がっていたのだ!!
このサントラ・アルバムはシングル「バットダンス」とともに見事全米No.1に輝き、久しぶりに天才プリンスの存在感を大きくアピールした。
だが、残念ながらロック・フィールドにおいては、これが彼の最後の勇姿となってしまう。尚、この年2回目の来日を果たしている。

自由獲得のための代償

その後、バック・バンドをニュー・パワー・ジェネレイション(NPG)に編成しなおし、サウンドはしだいにファンクやヒップホップ色が強まっていった。唯一ポップなナンバー「クリーム」が91年に全米No.1の大ヒットを記録した(収録アルバム「ダイアモンズ・アンド・パールズ」は3位)が、それ以降は低迷。
93年からは自らの名前をロゴマークのような「」に変えてしまい、ますます人気は衰えていった。(呼び方に困った業界は、便宜上「The artist formerly known as Prince かつてプリンスと呼ばれたアーティスト」と呼ぶようになった)
もっともこの時期の彼は、自分に任せるという約束だったにも関わらず、セールスが落ちてきたとたん口を挟んでくるようになったワーナー側と激しい衝突を繰り返しており、アルバム作りにも力が入っていなかったという話だ。そのため創作意欲も失せ、90年代のプリンスの作品にはベスト盤や未発表音源の寄せ集めが多い。名前を変えた理由もワーナーとの確執が原因らしい。また、この時期には自由になるためにNPGのバンド名義でも活動を始め、こちらはワーナーからではなくNPG Recordsからのリリースとし、自分名義のものより力を注いでいる。ちなみにこの「ジ・アーチスト〜」時代には95年に一度来日している。
プリンスがワーナーの束縛から解放されたのは96年になってからのこと。EMIからいきなり3枚組36曲も入っている力作を発表した。
自由な発想で、かなりプライベートなことまでを曲にしたこのアルバム「イマンシペイション」は、全米11位と3枚組としてはセールスも好調で、まずまずの再スタートとなった。
99年には、今度はアリスタから「レイブ・アン2・ザ・ジョイ・ファンタスティック」というアルバムをリリースし、往年のプリンス黄金期サウンドを蘇らせ、ひさしぶりにプロデューサー名に“プリンス”の名前をクレジットした。
2000年、いよいよ完全復活を遂げるべく、名前をプリンスに戻すことを正式に発表。2001年にはファン・クラブの会員向けに、ニュー・アルバムをインターネットでダウンロード開始。このアルバムは一部の通販でも手にはいるが、ジャケットの出来映えや評判を耳にする限りかなり期待できそうだ。
しかし依然として大手のレコード会社とは正式契約しておらず、一日も早い一般販売が待たれる。まだまだ枯れるには早すぎるプリンスの才能が次にどんなサウンドを創造してくるのか非常に注目されるところだ。(HINE) 
2001.11




For You
Warner/WEA

Prince
Warner/WEA

Dirty Mind
Warner/WEA

Controversy
Warner/WEA

1999
Warner/WEA

Purple Rain
Warner/WEA

Parade
Paisley Park/WEA

ディスコグラフィー

1978年 For You(フォー・ユー)*全体的にはかなり売れ線狙いのR&Bっぽいサウンドで、全曲ファルセットで唄っている
1979年 Prince(愛のペガサス)
*日本でのデビュー作。シングル「I Wanna Be Your Lover」が全米11位の大ヒット
1980年 Dirty Mind(ダーティ・マインド)
*前作の成功を踏襲せず、一転ダンス・ミュージックとニュー・ウェイヴ・サウンドに変化
1981年 Controversy(戦慄の貴公子)
*ダンス・ビートロックという独自の路線をうちだし、ヴォーカルも地声で唄い出した
1982年 1999(1999)
*ブラック・ファンからは最高傑作として語られる彼の大出世作。全米9位を記録。LPでは2枚組だった
1984年 Purple Rain(パープル・レイン)
*名実ともに世界のプリンスとなった超大ヒット作。24週間1位の金字塔をうち立てる。
1985年 Around The World In A Day(アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ)
*個人的にはプリンスの最高傑作。全米No.1作品
1986年 Parade(パレード)
*究極のプリンス・サウンド「KISS」は全米No1に輝く。実験的要素の強い作品
1987年 Sign 'O' The Times(サイン・オブ・ザ・タイムス)
*さらにサウンドの幅を広げ評論家達からは絶賛された2枚組CD
1988年 Lovesexy(ラヴセクシー)
*過激なジャケットとトラックが1つしかない(曲をとばせない)のが話題に
1989年 Batman(バットマン)
*映画「バットマン」のサントラもプリンスの手にかかればこのとおり!全米No.1
1990年 Graffity Bridge(グラフティ・ブリッジ)
*豪華ゲストを迎えて制作された「パープル・レイン」の続編映画のサントラ
1991年 Diamonds And Pearls(ダイアモンズ・アンド・パールズ)
*ポップでダンサブルに変化。シングル「Cream」が全米1位
1992年 (ラヴ・シンボル)
*タイトルが記号のみというへんなアルバム。便宜上「ラヴ・シンボル」と呼ばれている
1993年 The Hits & B-Side Collection(ザ・ヒッツ&Bサイド・コレクション)
*プリンス時代のベスト盤。
1993年 The Hits 1 
*上のベスト盤のDISC-1のみをバラ売りしたもの
1993年 The Hits 2 *上のベスト盤のDISC-2のみをバラ売りしたもの
1994年 Come(カム)
*プリンス時代に録音してあった未発表音源集
1994年 The Black Album(ブラック・アルバム)
*87年に発表1週間前になって急遽とりやめた作品。限定発売
1995年 The Gold Experience(ゴールド・エクスペリエンス)*改名宣言後初(ミニ・アルバムは除く)の正式アルバム
1996年 Girl 6(ガール6)
*同名タイトル映画のサントラ。曲は新旧の寄せ集め
1996年 Chaos And Disorder(カオス・アンド・ディスオーダー)
*ワーナーとの確執から1週間でいいかげんに録音されたという作品
1996年 Emancipation(イマンシペイション)
EMIへ移籍し、思う存分自由に作られた3枚組CD。分裂症的な多様サウンドが炸裂。
1998年 Crystal Ball(クリスタル・ボール)
*87頃企画され、当初はインターネットのみで通販されていたものを一般販売。4枚組CD
1998年 The Vault... Old Friends 4 Sale(ザ・ヴォルト 〜オールド・フレンズ・フォー・セール)
*85〜96年の未発表音現集
1999年 Rave Un2 The Joy Fantastic(レイブ・アン2・ザ・ジョイ・ファンタスティック)
*黄金期のサウンドへ回帰
2000年 The Very Best Of Prince 
*デジタル・リマスターによるワーナー時代のベスト盤
2001年 Rave In2 The Joy Fantastic 
*プリンスのオフィシャル・サイトで会員向けに販売された、「Rave Un2〜」のリミックス盤
2001年 The Rainbow Children 
*ファン・クラブ会員へダウンロードを開始したプリンス名義のアルバムだが、通販でも入手可能

<NEW POWER GENERATION>

1993年 Gold Nigga *インターネット通販のみでリリースされたNPG名義のファースト
1995年 Exodus *ワーナーとの契約問題から、NPGというバンド名義で自己の持つNPGレーベルからリリースしたセカンド
1998年 New Power Soul *個人名義より完成度が高いと噂されるNPGのサード。チャカ・カーンがゲスト参加



Sign 'O' The Times
Paisley Park/WEA

Lovesexy
Paisley Park/WEA

Batman
Warner/WEA

Diamonds And Pearls
Paisley Park/WEA

Love Symble
Paisley Park/WEA

Rave Un2 The Joy Fantastic
NPG/Arista

The Rainbow Children
Redline


★★★名盤PICK UP★★★

アラウンド・ザ・ワールド・
イン・ア・デイ
Around The World In A Day

プリンス&ザ・レヴォリューション
Prince & The Revolution


1985年 Paisley Park/WEA

1. アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ
 
Around The World In A Day

2. ペイズリー・パーク
 
Paisley Park

3. コンディション・オブ・ザ・ハート
 
Condition Of The Heart

4. ラズベリー・ベレー
 Raspberry Beret

5.タンバリン
 Tamborine

6. アメリカ
 
America

7. ポップ・ライフ
 
Pop Life

8. ザ・ラダー
 
The Ladder

9. テンプテイション
 
Temptation

このアルバムを初めて耳にしたとき、懐かしさと新しさが同居した、何とも言いようのない心地よさが耳に残った。
そう、この懐かしさは紛れもなく70年代に体験したグラム・ロックの香りだ。プリンスお得意のダンス・ビートを取り入れながらも、グラムの香りがぷんぷんする、サウンド・コンセプト・アルバムなのだ。
80年代当時、シングル・ヒットの寄せ集め的アルバムに嫌気がさしていた自分にとって、出逢って以降このアルバムは貴重な宝物となった。
70年代を体験していない若いロック・ファンには、ぜひT・レックスの「ザ・スライダー」やデビット・ボウイの「アラジン・セイン」などとこのアルバムを聴き比べて欲しい。それらとまったく遜色のないクオリティを実現し、さらにプリンス独自の個性をも強烈に感じさせる名盤であることが分かるはずだ。

サウンド面について順にみていこう。ギターにはフランジャー(音に一定の周期で波形を持たせるエフェクター)やディストーション(音を歪ませるエフェクター)がかけられ、プリンス独自の「ちょとサイケ」な雰囲気を醸し出している。このアルバムは前作「パープル・レイン」と同時期にレコーディングされていたということなので、おそらく前作と同じセットでギターを弾いているのではないだろうか。
また、おそらくは全体的にかなりデジタルな処理を施していると思われるが、効果音的に入る鈴(?)のような音や、ヴァイオリンの音、口笛、ピアノなどのアナログ音が随所に使われ、デジタルでカチカチな音になるのを避けると共に、全体のサウンドに統一感を与えている。
同時期のアーチスト達がこぞってデジタルギンギンな音づくりをしていた中で、プリンスは何故こういったアナログ感を大切にしたのだろうか!?答えは今聞けば自ずと分かるはずだ。他のアーチスト達の当時の音源は、時が経つに連れてどんどん古くさい感じになってゆくのだが、プリンスの音は時を越えて生き続けるのだ。これを計算に入れての音づくりにはもう脱帽する。
各楽曲のメロディーもすばらしく、ポップでありながら余韻を残すような深みも感じ取れる。ようするに、曲が終わった後も、その曲をずっと口ずさんでしまうような魅力だ。このあたりは「ペイズリー・パーク」や「ラズベリー・ベレー」「ポップ・ライフ」などが最も当てはまる。
お得意のダンス・ビートも忘れてはいない。かなりヘヴィでハードなダンス・ナンバー「アメリカ」は、大ヒットこそしなかったが、誰もがいいと口を揃えるストレートな名曲だ。
また、「アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ」では、インドやアラビアあたりのエキゾチックな雰囲気を上手く取り入れたり、「コンディション・オブ・ザ・ハート」ではジャズっぽいアプローチのイントロを聴かせるなど新境地をも切り開いている。(この辺りは次作の「パレード」へ繋がっている)
まさに捨て曲無し。これぞ、80年代の名盤だと自信を持ってお薦めできる、プリンスの最高傑作だ。(HINE)



★★★アルバム紹介★★★

プラネット・アース
Planet Earth

プリンス
Prince



2007年 Sony/SMJ

〜New Disc Revueより転載 (Written by OASI-Z)

プリンスの新作「プラネット・アース〜地球の神秘〜」を日本盤で購入した。
ボートラ無しで10曲収録。実にスッキリしていて、アルバムの全体像を掴みやすい。
思えば、アナログ時代はA面・B面合わせて10曲位が主流だったのだ。(一部のプログレを除いて)
曲が一杯入っていれば、いいってモンじゃないと思うけどね。アルバムの統一感が大事なんだよ。
(でもボートラ無しで2,520円払うんだったら、輸入盤にしておけば良かったかな。←う〜ん、話に統一感がない!)

とにかく80年代は「プリンスの時代」で、特に「1999」〜「Lovesexy」までの期間のプリンスはカリスマ的な存在感と音楽的才能を遺憾なく発揮し、「世界のサウンドリーダー」へと上り詰める。
しかし、90年代に入ってレコード会社との確執や創作意欲の減退などがあって、不遇の時代を過ごす事になる。

前作「3121」でも復活の兆しを見せていたが、この「プラネット・アース」は全盛期に近づく快作だと思う。
決してアルバム「パープル・レイン」のように、直球で最後まで押し通す感じでは無いのだが、スローな曲にはジャズの影響が感じられたり、過去の作品には見られなかった牧歌的な超ポップソングも収録されていたりして、実にバラエティに富んだ作品になっている。
まるで「ファンクの宝石箱やー」(←言わなきゃ良かった・・・)

ピアノのイントロから始まる1曲目のタイトル・チューン「プラネット・アース」が実に感動的。平和を願い地球を慈しむ、アルバム・ジャケットのイメージそのままの作品。いきなりオープニングに「パープル・レイン」を持ってこられたような「やられた気分」に。
2.「ギター」はこのアルバムからの先行シングル。タイトル通りギターを前面にフィーチュアした往年のポップ・ファンク。
8.「チェルシー・ロジャース」はホーン・セクションが活躍する、アヴェレイジ・ホワイト・バンドを少し彷彿させる軽快なナンバー。
そして驚きは7.と10.のキャッチーなポップ・ソング。2曲とも「女性ヴォーカル」が似合いそうなナンバーだが、プリンスの「ファルセット・ボイス」は全く違和感なく溶け込む。もう「天才的」としか言いようが無いな。
(10.レゾリューションのイントロはJポップだよ)

殿下49歳にして大復活。彼の事だから、次回作もきっと短いインターバルで出してくれると思うので、とても楽しみ。

追記.
イギリスでは新聞のオマケにこのCDがついていたのか。そう考えると、2,520円は高くね?・・・。(←しつこい)

(OASI-Z) 2007.8