RICK SPRINGFIELD リック・スプリングフィールド


ルックスの良さと音楽センスの良さを併せ持つオージー(OZ)・ロッカー

 最初に聞いて「うわっ、カッコイイ!」と思ったのは「ソウルズ」というシングルだった。以前からリック・スプリングフィールドの名前はなんとなく聞いてはいたが、ブルース・スプリングスティーンと紛らわしい名前だと思っていたぐらいで、まさかこんなにカッコイイとは正直驚いた。
 というのも、その甘いマスクと前の2作のジャケットがブルテリアという愛嬌のある犬の着せ替え写真だったせいで、ただのアイドルだろうと誤解をしていたからだ。
 実際、ミュージシャンとして売れる前も後もTV番組などには引っ張りだこで、リックの出演する番組はどれもすごい視聴率だったという。
 また、「ソウルズ」という曲はアルバム「リビング・イン・OZ」に収められていたのだが、この“OZ”というのがオー・ジー・ビーフでお馴染みのオー・ズィーだと気づいたのは、恥ずかしながら近年になってからのことだ。
 そんなことはともかく、80年代の始めから徐々に頭角を現し、アルバムごとにすばらしく成長してゆくリックの姿をリアルタイムで見続けてきた自分にとって、リックが結婚後人気を落としていったという結末はあまりにも残念でしかたがない。やはりアメリカの多くの女性ファン達はルックスのみで彼を支持していたということなのだろうか!?しかし、一部には彼のミュージシャンとしての素晴らしさを理解してファンになった人たちもいるはずだ。ことTVなどで彼の姿を見る機会が少ない日本においては、純粋にリック・スプリングフィールドという“ロッカー”を好きなファンが多いと思うのだが・・・。

お茶の間のアイドルから世界のスーパースターへ

 1949年8月23日オーストラリアのシドニーで生まれたリックは、13歳でギターを弾き始め16歳でThe Jordy Boysというバンドへギタリストとして加入。その後いくつかのグループを転々とした後、1968年にZootに加入し、やっと腰を落ち着けた。その時のZootのメンバーは、リックの他、Beeb Birtlesビーブ・バートルズ(vo,b)Darryl Cottonダリル・コットン(kb)Roger Brewerロジャー・ブリューワー(ds)というラインナップだった。
 リックが加入したZootはオーストラリアではすぐに人気となり、69年のシングル「大空の祈り」(
Speak to The Sky)は全豪1位の大ヒットを記録。リック自身も2年連続人気No.1ギタリストに選出されている。その後Zootでは2枚のアルバムを残し72年リックは脱退。Zoot自体も解散に追い込まれた。ちなみにZoot解散後バートルズは75年にリトル・リバー・バンドの結成に加わり84年まで在籍していた。コットンもCotton, Lioyd & Christianというバンドを75年結成するが、成功を収めないまま2枚のアルバムを残し解散している。
 リックの方は、オーストラリアでの大成功を足がかりに単身アメリカへ渡り、ソロ・デビュー・アルバムをリリース。ここからシングル・カットした「大空の祈り」のニューヴァージョンが全米14位の大ヒットを記録。同年日本で行われた第1回東京音楽祭世界大会にも出場し、銀賞を受賞している。
 だが、それ以降はパッとせず、アニメのサントラなどを作ったりする日々がつづく。そのうち、そのルックスの良さからTV番組に起用されると、たちまちTVスターとして人気者になり、お茶の間のアイドルとして、高視聴率を稼ぐようになっていった。
 そんな中、81年久しぶりにリリースしたアルバム「ジェシーズ・ガール」から同名タイトル曲が爆発的にヒットし始め、なんと全米No.1に輝いてしまったのだ。つづくシングル「エヴリシング・フォー・ユー」も全米4位に送り込んだリックは、TVでも人気ドラマ「ジェネラル・ポスピタル」へレギュラー出演することとなり、一挙に全米の大スター達と肩を並べる存在となった。

ハードさを失わずにデジタル化されたサウンド

 翌82年にはグラミー賞も受賞したリックは、つづいてアルバム「アメリカン・ガール」をリリース。ここからも「ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー」が全米2位に輝き、それまでの低迷期が嘘のようにノリまくってきた。尚、このアルバムと前作「ジェシーズ・ガール」のジャケットに使われているブルテリアという犬は、彼の愛犬らしい。
 勢いに乗るリックは83年にもアルバム「リビング・イン・OZ」を発表したが、このアルバムあたりから少しづつサウンド変化を見せ始め、ただのアイドルでないことを予感させた。これまでは、どちらかというとポップな路線で、TV人気をそのままイメージさせるような感じであったが、このアルバムでは、オーストラリア出身であることを誇りにするかのようなタイトル、元々ギタリストであった自分を取り戻し、ギターを前面に押し出したサウンド、ロッカー魂を伝えるシャウトしたヴォーカルなどで、ミュージシャン“リック・スプリングフィールド”を大きくアピールした。日本や世界でも本格的に注目され始めたのは、この頃からだった。このアルバムからは「アフェア・オブ・ザ・ハート」「ヒューマン・タッチ」「ソウルズ」のシングル・ヒットが生まれている。
 また、この年11年ぶりの来日も果たすと同時に、初の主演映画「ハード・トゥ・ホールド」にも出演した。
 翌84年この映画のサントラがリリースされたが、10曲中7曲をリックが手がけ、なんと6曲がチャートインするというもの凄さ。「ラヴ・サムバディ」は全米5位の大ヒットとなり、このアルバムを含め連続4作プラチナ・ディスクという偉業も成し遂げた。ちなみにこのアルバムにはピーター・ガブリエルなども参加している。

The Greatest Hits... Alive
Hip-O
 さらに、85年には第2次ブリティッシュ・インヴェイジョン後の影響からくるデジタルチックなサウンドを、ハードなサウンドのまま取り入れたアルバム「TAO」を発表。
通常ならポップで軽快なサウンドに仕上げそうなところを、あえてギターを前面に出したままデジタル・サウンドを取り入れたところが、リックの新境地であり、他のアーチスト達と違う彼のオリジナリティだった。このアルバムからも「セレブレイト・ユース」と「ステイト・オブ・ザ・ハート」が大ヒットし、特に後者はリックの大きな成長のあとが伺える名曲バラードだった。余談だが、このアルバムの参加ミュージシャンにはニッキー・ホプキンス(元ジェフ・ベック・グループクイックシルバー・メッセンジャ・サービス/key)の名前もある。
 この後86年来日公演も行うが、結婚、長男誕生などがあり、しばらく芸能界から遠ざかった。
そして、88年に満を持して、ロックという音楽、人生、生き方について見つめ直した力作アルバム「ロック・オブ・ライフ」をリリース。しかし、同名タイトルのシングルがスマッシュ・ヒットしただけで、アルバム自体はパッタリ売れなくなってしまった。
 さらに悪いことには、この直後バイクで交通事故を起こし大けがを負ってしまい、またもや休養を余儀なくされることとなってしまった。
 全てにすっかり疲れ切ってしまったのか!?この後リックは90年代の半ば頃までミュージシャンとしての活動は完全に休止し、たまに俳優としてTVに出る程度の状態がつづいていた。
 ところが、95年に突然の来日。97年ヨーロッパでTim Pierce、Bob Marletteとバンドを組み、アルバム1枚だけのプロジェクトという形で「Sahara Snow」を発表(残念ながら、このアルバムは日本未発売)。そして98年今度はソロ・アルバム・リリースという形で、また復活を遂げた。
 その復活アルバム「カーマ」では、往年のサウンドそのままのキレのあるロック・サウンドを聞かせ、当時の音が、今聞いても少しも色あせていないないことを改めて教えてくれた。尚、このアルバムは日本先行発売で、アメリカでは99年にリリースされている。
 2001年ヒット曲ばかりをライブ演奏した「Alive:The Greatest Hits」リリースされたが、これもかなりいい!余談になるが、このアルバムのジャケット(左上写真)にはギターに何かをぶつけているリックの写真が写っているが、これが花束だとは、後でライヴに行ってから知ったものだ。いつもライヴではやっているらしく、会場ではたくさんのファンがコレをやって欲しくて花束をいっぱい抱えていた。
 ここまでは、復活はしたものの、懐古的な活動が多く、昔のベテラン・ミュージシャンがそのまま戻ってきただけという感じだった。リックにとっては、それはただのリハビリに過ぎないことが次のアルバムで明らかになる。2004年、6年ぶりに発表したスタジオ・ニュー・アルバム「Shock/Denial/Anger/Acceptance」では、いきなり当時流行っていたヘヴィ&ダークなラウド・ロックにチャレンジ。これがまたかっこいいのだ!関係ない話だが、ますます男っぶりにも磨きがかかり、つくづく「いい男は、歳をとってもいい男なんだな」と感心もした。
 翌2005年、またニュー・アルバムが発表されると聞き、いくらノって来たからって早すぎるのでは?と思っていたら、これは全曲カヴァー集のアルバムだった。そしてこの年、なんと12年ぶりの来日も果たし大いに日本のファンを沸かせた。
 まだまだリックはこれからもロック・ファンをドキドキ、ワクワクさせてくれそうだ。(HINE)
2005.5更新

リック・スプリングイールド2005年来日公演ライヴ・レポート


Rick Springfield Live In Rockford DVD Promo Clip (YouTubeより)



Zoot Locker
Columbia

Biginnings
capitol/東芝EMI

Comic Book Heroes
capitol/CBS Columbia

Mission Magic
Wizard/wea

Wait For Night
Chelsea/RVC/RCA

Beautiful Feelings
Mercury/Polygram

Working Class Dog
RCA/BMGビクター

ディスコ・グラフィー

<ZOOT>
1970年 Just Zoot 
*地元オーストラリアのみで発売された、リック参加後発のアルバム
1971年 Zoot Out 
*オーストラリアではリックが2年連続人気No.1ギタリストに選ばれた
1981年 Zoot Locker 
*解散後リックの世界的ヒットをうけて発売されたZoot時代のベスト

<SOLO>
1972年 Biginnings(ビギニングス)
*シングル「大空の祈り」が全米14位の大ヒットを記録したソロデビュー作
1973年 Comic Book Heroes 
*レコード会社の企画もの。93年にCD化
1974年 Mission Magic 
*TVアニメ"Mission Magic"のサントラ盤
1976年 Wait For Night(ウェイト・フォー・ナイト)
*レコード会社の倒産により廃盤となっていたが、82年に再販
1978年 Beautiful Feelings(ビューティフル・フィーリングス)
*84年演奏部分だけを録り直し再販したときに日本でも発売
1981年 Working Class Dog(ジェシーズ・ガール)
*シングル「ジェシーズ・ガール」が全米1位の大ヒットを記録し、トップ40に50週もランクインした
1982年 Success Hasn't Spoiled Me Yet(アメリカン・ガール)
*全米2位に輝いた名作。シングル「ドント・トーク・ストレンジャーズ」も2位
1983年 Living in OZ(リビング・イン・OZ)
*「アフェア・オブ・ザ・ハート」「ヒューマン・タッチ」が大ヒット
1984年 Hard to Hold
(ハード・トゥ・ホールド)*リック主演の同名タイトル映画のサントラ盤。6曲のシングルがチャートインという驚異的なヒット
1985年 Tao(道)
*ノリにノっているリックが放った最後の大ヒット作。名曲「ステイト・オブ・ザ・ハート」収録
1987年 Rock of Life(ロック・オブ・ライフ)*タイトル同名シングルがスマッシュ・ヒットするが、交通事故によりこの後休養に入ってしまう
1989年 Greatest HIt(グレイテスト)
1994年 Best Selection
*日本のみで発売されたベスト盤。シングル以外の曲も選曲されている
1997年 Sahara Snow 
*Tim Pierce、Bob Marletteとの共同プロジェクトによる1枚のみのアルバム。日本未発売
1998年 Karma(カーマ)*10年ぶりのアルバムは日本先行発売。相変わらずキレのあるエッジの効いたギター・サウンドが楽しめます
1999年 rick springffield anthology *オーストラリアで発売されたベスト。未CD化音源も含む豪華盤
1999年 Backtracks *「Mission Magic」に70年代の音源をプラスしたコンピレーションもの
2001年 Alive: The Greatest Hits *文字通り、グレイテスト・ヒッツ・ライヴ
2004年 Shock/Denial/Anger/Acceptance *6年ぶりの本作はヘヴィ&ダークなラウド・ロックにチャレンジした意欲作。かなりいい!
2005年 The Day After Yesterday(ザ・デイ・アフター・イエスタデイ)*全曲カヴァー集。特に80年代からの選曲が多い
2006年 We Are the '80s *Bop 'Til You Dropのシングル・ヴァージョンが聞けるのがうれしい、80年代までのベスト



Success Hasn't Spoiled Me Yet
RCA/BMGビクター

Living in OZ
RCA/BMGビクター

Hard to Hold
RCA/BMGビクター

Rock of Life
RCA/BMGビクター

Sahara Snow
MTM Music

Karma
Victor Entertainment

Shock/Denial/Anger
/Acceptance

Gomer


★ 名盤PICK UP ★

Tao(道)
TAO

リック・スプリングフィールド
RICK SPRINGFIELD



1985年 RCA/BMGビクター
1.ダンス・ジス・ワールド・アウェイ Dance This World Away

2.セレブレイト・ユース Celebrate Youth

3.ステイト・オブ・ザ・ハート State of the Heart

4.リトン・イン・ロック Written in Rock

5.パワー・オブ・ラヴ(TAO・オブ・ラヴ) Power of Love (The Tao of Love)

6.ウォーキング・オン・ジ・エッジ Walking on the Edge

7.ウォーク・ライク・ア・マン Walk Like a Man

8.TAO・オブ・ヘヴン Tao of Heaven

9.ストレンジャー・イン・ザ・ハウス Stranger in the House

10.マイ・ファザーズ・チェア My Father's Chair

 オーバープロデュースと言われようが何と言われようが、カッコイイものはカッコイイのだからしょうがない!逆にここまで徹底的にコンピューターによるエフェクトをギンギンに駆使していると気持ちがいい。しかも、そのできあがった音は、エレクトロニカでもテクノでもない。正真正銘のハード・ロックなのだ。サウンドの方もレゲエ調ありバラードあり、ダンサブルなナンバーありだが、どの曲からも、みなぎるロック魂が感じられる。それはリックの魂そのものなのではないか。最新テクノロジーを駆使しようが、どんなサウンドを取り入れようが、リックの確固たるロック精神は揺らぐことない。それがリックの「道」なのだろうか。

 80年代のポップ&ロックというと、少なからず本作のようにコンピューター機材が持ち込まれ、それが今聞くと古くさくも感じられるものだが、このリックのアルバムに限っては、今聞いても古くささはいささかも感じない。何故なのかとじっくり考えてみたが、それはリズムが重く、曲の骨格はあくまでアナログ的だからだという結論に達した。平たく言えば、コンピューターを目一杯駆使していながらも、コンピューターに頼った曲作りをしていないということだ。おそらくは全曲エフェクトを除いて聞いてみても、その素晴らしさは変わらないだろう。例えアンプラグドで聞かせたとしても結果は同じこと。それだけ曲メロと全体構成がいいということだ。

 初めてこのアルバムを聞く方は、まず1曲目のイントロからエレクトロニクスがギンギンに駆使されていることに気づくだろう。爆発の前兆のような音につづき、ハードなギターが唸りをあげるように侵入する。そして、脳天を直撃するズドンという重たいドラムの音と共にリック得意のハードエッジでシャープなギター・カッティング・・・期待は最高潮に達する。そしてヴォーカルは女性とのソウルフルな掛け合い。メチャメチャかっこいい!あらゆるエフェクトが施され、曲が進むにつれ次にどんな仕掛けがあるのかとワクワクする。最後はリックの声がディレイでこだまする。しかしそのままメドレーのように間髪を置かず次の大ヒット曲「セレブレイト・ユース」(全米26位)へと繋がってゆく。前の曲での重いリズムとハードなギター、めまぐるしいエフェクトはキープしつつ、なんとリズムにレゲエを取り入れる大胆な手法は度肝を抜かされる。レゲエ調の曲をこんなにハード&ヘヴィにしてしまうなど前代未聞。もう気絶しそうなぐらいカッコイイ!
 そして3曲目はうってかわってミドル・テンポの名バラード「ステイト・オブ・ザ・ハート」(全米22位)。ここでもまたテープの逆回しのような効果をイントロとサビのヴォーカル部分に効果的に加えているのが印象的だ。本当にいい曲で、個人的にもリックの全楽曲の中でも1,2を争うほどの名曲だ。
 4曲目は再びヘヴィなサウンドに戻る。ここから先はすべてリック単独によるソング・ライティングの曲が並ぶ。ちなみに、1はリックとギタリストのティム・ピアースとの共作、3はエリック・マカスカーという人の曲をリックとティム・ピアースでアレンジしたもの、「セレブレイト・ユース」を含む他の曲はすべてリックが単独でかいたものだ。
 5はこのアルバムのタイトルであるTAOについて歌った曲でもある。バラードだが力強く説得するように歌うリックのヴォーカルがすばらしい。
 6はマイケル・ジャクソンの「スリラー」のイントロに似たナレーションが入り、ここから一挙に9曲目までメドレーで聞かせる。途中スロー・ナンバーの「TAO・オブ・ヘヴン」もアクセントで入るものの、
まったく息もつかせぬほどのスリリングなサウンドで、あっという間にラストの曲まできてしまう。
 ラストの「マイ・フェザーズ・チェア」はタイトル通りリックの父親のことを歌ったスローバラードで、「3年の月日が過ぎても僕はまだ父が帰ってくるような気がする。人は時が過ぎれば何でもなくなるというけれど、本当に時は苦しみをいやしてくれるのだろうか?」とホロリとさせられる内容。ピアノとシンセサイザーだけのシンプルな曲だが、ここでエレピの名演を聞かせてくれるのは、おそらくあのニッキー・ホプキンスだろう。曲ごとのクレジットがないので断言はできないが、ニッキーはアルバム全体に参加している。

 全体を通して、「ロック」がビンビン伝わる本作は、まさにロック道(TAO)を極めたリックが放ったトータル・コンセプト・アルバムとも言えそうだ。80年代らしさを持ったロック・アルバムの最高峰としても、個人的に本作を皆さんに伝えたい。(HINE)