TERRA NOVA テラ・ノヴァ


 間違いなく90年代屈指の名バンドでありながら、80年代末期から続く現在の病んだ英米音楽シーンの状況下にあっては、まったく日の目を見ることがなかったバンドがいくつもある。
それでも、音楽を「ファッション」ではなく純粋な「音楽」として楽しもうとする健全なリスナーもいるわけで、比較的ロック後進国の日本やイギリス以外のヨーロッパには、そういったリスナーが多く存在する。まだまだ良質なメロディーと様式美を兼ね備えたロック黄金期のサウンドを聴いていたいのだ。
 そんな期待に応えるべく、90年代になってからも英米の音楽シーンとはまったく無関係のところで、良質のロック・バンドがいくつも登場しては消えていった。テラ・ノヴァもそんなバンドの1つだろう。
 まずは、メンバーを紹介しよう。
Fred Hendrix フレッド・ヘンドリックス/ヴォーカル、ギター
Gesuino Derosas ジェスィーノ・デローザス/リード・ギター
Lars Beuving ラーズ・バウヴィンク/ドラムス
Ron Hendrix ロン・ヘンドリックス/キーボード
(フレッドの実弟)
Lucien Matheeuwsen ルシアン・マテウソン/ベース・ギター

 テラ・ノヴァが結成されたのは1992年のオランダ。少年時代から一緒にバンド活動をしてきたフレッド&ロン・ヘンドリックス兄弟とNINE LIVESというバンドでフレッドといっしょだったジェスイーノが中心となって活動をスタートさせた。オランダと言えばすぐに思い浮かぶのがフォーカス、オランダで初めて世界的に活躍したプログレ・バンドだった。その影響もあって、あまりオランダにハードロックやヘヴィメタルのイメージはなかったが、近年ロビー・ヴァレンタインヴァレンシアなどの活躍によって徐々にそのイメージは失われつつある。また、このテラ・ノヴァの出現によって、さらにオランダという国のイメージも変わったことだろう。
 オランダ出身のバンドには、スタイルの違いはあれ、「メロディーの良さ」と「確かな演奏テクニック」いう共通の特徴を備えていることも特筆すべき点だ。他のヨーロッパ諸国と同じようにクラシック音楽の下地があり、それが強く出ているのか?はたまた、気候・風土からくる国民性なのか?は分からない。しかし、こういったメロディアスな面は、日本人にも最も好まれるところである。
 ファースト・アルバムのレコーディングに入った94年の時点では、まだベースのルシアンは参加しておらず、フレッドがベースも兼任していたようだ。95年には先行シングルとして「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」をリリース。そして完成したアルバムを気に入った日本のビクターと契約が成立した。しかし、当初このデビュー・アルバムには13曲の収録曲があったらしいが、より統一感のあるバランスのとれた作品にするため、ビクターとの話し合いで10曲に絞り込まされたという話だ。出来上がったファースト・アルバム「リヴィング・イット・アップ」はメロディアスハード路線を基調にしながらも、バラードあり、アコースティックありの緩急に富んだ内容で、デビュー作とは思えないほどの完成度をみせていた。そして全曲とにかく曲がすばらしい!しかも作曲はすべてフレッドのペンによるものだというから驚きだ。フレッドはギター、ベースの他にも、キーボード、ドラムまで叩けるマルチプレイヤーで、もちろんヴォーカルも巧いし、プロデュースまで手がける。まったく恐るべき才能の持ち主・・・。また、他のメンバーも、才人フレッドが任せるぐらいだから当然技巧者揃いだ。
 「テラ・ノヴァといえばバラード」と連想させるほど、彼らのどのアルバムにもバラードの名曲が収められているのだが、このファースト・アルバムでは、「サマー・ナイツ」と「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」という極上のバラード曲が2曲も収録され、ファンの間でも人気が高い。
 すぐさま日本のメロディアス・ハード・ファンの間で、このアルバムとテラ・ノヴァの名前は話題となり、あっという間に人気グループの仲間入りを果たした。
 1年後の97年には、セカンド・アルバム「ブレイク・アウェイ」を順調にリリース。基本的にはファースト・アルバムと同路線で、曲構成も同じような感じだが、ファースト・アルバムでは多少荒削りな面もあったヴォーカルと演奏が巧くなり、サウンド全体がスケール・アップしていた。このアルバムからはベースもちゃんと専任のルシアンが弾いているため、フレッドにも余裕ができヴォーカルに専念できたというのも、その理由の1つだろう。しかしながら、ファースト・アルバムに酔いしれてしまったファンの耳は厳しく、アルバム後半部分に中だるみが感じられるとの指摘が多かった。1曲1曲はファースト・アルバムに劣らず良いのだが、曲数が多く同タイプの曲が後半続くために、そう感じてしまうのかもしれない。だが、1曲目から6曲目までの流れは完璧に思えるほど素晴らしいし、特にバラード曲「オンリー・フォー・ユー」はテラ・ノヴァの全楽曲中でも1番ではないかと思うほどの名曲(自分が一番最初に聞いたのがこの曲なので思い入れもかなりある)。個人的にはファーストと甲乙つけがたい名アルバムだと思っている。
 その後98年には来日し、川崎CLUB CITTAでライヴを披露した彼らであったが、次のアルバムは予定を大幅に遅らせての発表となった。この間にはベースのルシアンが脱退、本国オランダのレコード会社とのトラブル(レコーディング費用の入金が滞っていた)などがあり、98年のクリスマス前に発表する予定が、年を越してしまったようだ。
 結局これらが解散の原因にもなってしまうのだが、サード・アルバム自体は時間をかけた分、逆に良くなっているというのは皮肉なものだ。
このサード・アルバムも前作同様12曲もの収録曲があるのだが、前作からの反省からか、曲が非常にバラエティに富んでいて、飽きさせない作りになっている。お得意のメロディアス・ハードやエモーショナルなバラード・ソングはもちろんのこと、カントリー調あり、インストゥルメンタルあり、ワルツありと実に色彩豊かな内容だ。また、このアルバムではリード・ギターのジェスィーノが3曲を手がけていることも良い材料となり、微妙にテラ・ノヴァ・サウンドに変化をつける役割を果たしている。個人的にはこのサードこそ彼らの最高傑作だと断言するが、HM/HRファンには、もう少しハードなファーストをお薦めする。
 こんな素晴らしいアルバムを立て続けに3枚もリリースしてきた彼らであったが、サード・アルバムのレコーディング中に起きた本国のレコード会社とのトラブルから、バンド名を変更しなくてはならない事態に陥ってしまった。日本のビクターと直接契約するには、テラ・ノヴァという名前は捨てねばならず、一度解散して再出発を図るしか道はなかったからだ。そこでフレッドはソロになる決心をし、99年中にテラ・ノヴァを解散させた。

 テラ・ノヴァ解散後、フレッドはソロ・アルバムの準備を進め、他のメンバー達も別々に活動してゆくことを決意し、一旦はちりぢりとなった。ところが、ロンとジェスィーノは、再びフレッドのもとへ舞い戻り、アクイラというバンドを結成することとなった。残念ながらドラムのラーズだけはV-MALEというオランダのバンドですでに活動をはじめていた。このアクイラはよりポップなサウンドになり、アルバム「セイ・イェー」を2001年にリリースしている。2002年にはTENとのジョイント・ライヴのため来日。テラ・ノヴァ時代の曲も披露し、TENとは対照的に好評を博したようだ。
 実質このアクイラはテラ・ノヴァが名前を変えただけで、彼らのアルバムを聴くと、「メイク・マイ・デイ」でポップになったサウンドをさらに押し進めただけだということが分かるはずだ。だが、メロディアスで官能的なジェスィーノのギター・ソロが減ったのが個人的には少し残念、そして、あろうことか2004年にリリースされたアクイラのセカンド・アルバムのメンバー・クレジットではジェスィーノの名が消えていたのだ。ショック!
 実はこのアクイラのセカンドが出た直後にフレッド本人より直接メールをもらった。その時、ニュー・アルバムの感想を返信し最後に「アルバムはすばらしかったけど、ジェスィーノのギターが聞けないのはちょっと寂しいね。あなたの声とジェスィーノのギターは最高の組み合わせだよ」といったようなこと付け加えた。それに対しフレッドはそのことには触れず、「感想はよくわかったよ。応援ありがとう〜。君の英語はよく分かるよ」(実は翻訳ソフトで一生懸命英訳していたのだが...笑)とだけ返答してきた。しかし半年後、その本当の答えがフレッドよりまたメールで届けられた。「2005年8月テラ・ノヴァとしてのニュー・アルバムをリリースするよ。メンバーは僕とロンそれにジェスィーノさ」という、なんとうれしいニュースだ!
 契約問題が解決したということもあるのだろうが、やはりフレッド自身の中でも自分とジェスィーノの組み合わせにはマジックが起きると確信しているのだろう。そして、それがすなわちテラ・ノヴァ・サウンドなのだと。
 当面フレッドは、テラ・ノヴァとアクイラを同時進行させるようで、テラ・ノヴァはメロディアス・ハード、アクイラはポップ・ロックというような区別を付けていくようだ。(HINE)
2005.8更新

協力:MSG



Livin' It Up
King/ビクター

Break Away
King/ビクター

Eye To Eye
Frontiers

ディスコ・グラフィー

1996年 Livin' It Up(リヴィン・イット・アップ)*デビュー・アルバムとは思えないほどの完成度を誇る名作
1997年 Break Away(ブレイク・アウェイ)*基本的にはファーストと同路線。極上のバラード曲「オンリー・フォー・ユー」収録
1999年 Make My Day(メイク・マイ・デイ)*メロディの良さはそのままに、ひとまわりスケールが大きくなったラスト・アルバム
1999年 Eye To Eye *セカンドとサードの寄せ集め集
2005年 Escape(エスケイプ)*再結成第一弾。フレッドが作る極上のバラードとジェスィーノの官能的なギターも健在



◆◆◆名盤PICK UP◆◆◆

メイク・マイ・デイ
Make My Day

テラ・ノヴァ
Terra Nova



1999年 King/ビクター

1 . ラヴシック Lovesick

2 . メイク・マイ・デイ Make My Day

3 . アイ・トゥ・アイ Eye To Eye

4 . ヒアズ・トゥ・ユー Here's To You

5 . アノマリー Anomaly

6 . ワイルド・シング Wild Thing

7 . アイ・キャント・ウェイト I Can't Wait

8 . ナッシング Nothing

9 . ホエア・アイ・スタンド Where I Stand

10.アイ・ウィル・ビー・ゼア I Will Be There

11.プロミス・ユー・ウェイト Promise You Wait

12.ハウ How(※終了後に隠しトラックあり)

 このアルバムは、オランダが誇るメロディアス・ハードの名バンドであるテラ・ノヴァが放った3作目にしてラスト・アルバムの名盤だ。ファースト・アルバムで既に全曲完成度の高いすばらしい曲を披露していた彼らであったが、つづくセカンド・アルバムでは曲数が多くなったためか、後半もてあまし気味な感じもあった。しかしこのサード・アルバム、3枚目だというのに、いっこうに衰えないメロディセンスの良さ、ますます磨きがかかった演奏力、そして音楽的な幅を持たせ、12曲というボリュームのある曲数をまったく飽きさせない構成。まさに完璧だ!本当に恐ろしいまでの彼らの才能には驚かされる。
 テラ・ノヴァと言えばバラードの素晴らしさも定評のあるところだが、このアルバムにも極上のバラード曲「ヒアズ・トゥ・ユー」と「ハウ」が入っている。特に「ヒアズ・トゥ・ユー」は良い意味でいつものテラ・ノヴァ(熱唱系)らしくない、サビの部分が静かに語りかけるようなタイプになっている名曲だ。
 その他の注目曲を順に紹介すると、5曲目の彼ら初のインストゥルメンタル・ナンバーは、リード・ギターのジェスイーノがかいた曲で、曲の良さもさることながら、演奏技術の成長ぶりがうかがえる仕上がりだ。ついでに記しておくと、テラ・ノヴァのほとんどの曲を書いているのはヴォーカル&ギターのフレッド・ヘンドリックスで、単独でジェスイーノが曲をかくのは初めてのことだ。
 7曲目には、これもめずらしいカントリー調の曲。アコースティック・ギターとコーラスを前面に出し、途中のギター・ソロもカントリー風のフレーズを弾いて曲を盛り上げている。アメリカン・ハードの連中はよくこういったタイプの曲をやるが、彼らほど泥臭い感じはなく、さらっとした明るい曲だ。
 また、日本のためにかいたという10曲目の「アイル・ビー・ゼア」は、彼らの全楽曲中でも一番の異色ナンバーで、これがまたすばらしい!3拍子のワルツ・タイプで構成され、バイオリンやアコーディオン、オーボエ(クラリネットかも?)などを使用してノスタルジックな雰囲気を出しながらも、途中にはクイーン風多重録音によるコーラスとギターのハーモニーを思わせるパートが入り、スケールの大きなサウンドを生み出している。
 緩急をつけたバランスの良い楽曲。しかもすべてが名曲揃い。そして確かな演奏技術。どれをとっても文句のつけようがない90年代最後の名盤。しかも2004年時点で何故かすでにデジタル・リマスターを施され、日本盤でリリースされている。これを聞かずに21世紀を迎えたメロディアス・ハード&ハード・ポップ・ファンは、即刻CDショップに駆け込もう!(HINE)



エスケイプ
Escape

テラ・ノヴァ
Terra Nova



1999年 Frontiers/キングレコード

1 .ロング・リヴ・ロックンロール Long Live Rock'n Roll

2 .ロック・ボトム Rock Bottom

3 .ホールド・ザ・ライン Hold The Line

4 .ヘヴン・ノウズ Heaven Knows

5 .エスケイプ Escape

6 .ウォー・オン・ウォー War On War

7 .ユー・アー・ザ・ワン You Are The One

8 .ソウル・サヴァイヴァー Sole Survivor

9 .ロンリー・イズ・ザ・ナイト Lonely Is The Night

10.バック・イン・ジ・エイティーズ Back In The Eighties

11.パート・オブ・ザ・ゲーム Part Of The Game

12.イエスタデイ Yesterday

13.ユー・アー・ザ・ワン (リミックス) *日本盤ボーナストラック

 フレッドの声とジェスィーノのギター。これを想像しただけでもう目頭が熱い。それほど数々の名曲をこれまでにこの2人の組み合わせで作り上げてきた。アクイラのセカンド・アルバムでメンバー・クレジッドからジェスィーノの名前が消えたとき、テラ・ノヴァも完全に消滅してしまったのだとがっかりしていた。ところが、フレッド、ロン、ジェスィーノというテラ・ノヴァ結成当時のオリジナル・メンバー3人が揃い、再びここにすばらしいアルバムを引っさげ我々の前に戻ってきた。(ちなみにメンバーはこの3人だけで、ベースのエリック・コーネンとドラムはハンズ・エイケナーはセッション・プレイヤー扱いとなっている)
 アルバム・タイトルや曲名を見て、「おやっ?」と気づいた人もいる通り、「エスケイプ」はジャーニー、「ロング・リヴ・ロックンロール」はレインボー、「ロック・ボトム」はUFO、「ホールド・ザ・ライン」はTOTO、「イエスタデイ」はビートルズ、というように過去の名盤や名曲と同じタイトルが付けられている。しかもこれを見ただけで彼らがどんなアーチストから影響を受けているのかが一目瞭然で分かる。これは偶然ではなくあえてそうしたのだろう。それは過去の名盤・名曲に敬意を払いながらも、自分たちもそういった名盤・名曲を作るのだという決意の表れだ。
 サウンド全体もそういったクラシック・ロック的な要素を取り入れ、わざとキーボードの音色を80年代風にしたり、効果音で雰囲気を出したりと芸が細かい。
 それでは主な曲をチェックしてみよう。まずは1曲目、冒頭にラジオをチューニングしている効果音が入る。今ではラジオも1発で選局でき、つまみを回して選局することなど無くなってしまったが、わざとこれを入れることによりノスタルジックなムードを出しているのだろう。曲自体はこれまでのテラ・ノヴァのアルバムの1曲目同様、ノリノリのロック・ロール・ソング。ただし、途中に入る間奏がレインボー風のフレーズだったり、キーボードの音色も80年代によくみられたYAMAHAのDX7風だったりと、このアルバム全体のサウンドを象徴するイメージに仕上げている。曲半ばに転調した後、いよいよ待ちに待ったジェスィーノのギター・ソロだ。ここでのジェスィーノはマイケル・シェンカー風の流れるようなフレーズ。そうだ、これこそテラ・ノヴァ・サウンドだ!と思わず叫びたくなる。
 3曲目は3部構成。曲の出だしはピアノのみでフレッドが情感豊かに歌い上げるバラード調、そこから一挙にミドル・テンポのハード・サウンドへ。ここでのジェスィーノはニール・ショーンのようなタメを聞かせたフレーズ重視のソロを披露。そしてエンディングにはまたフレッドが、出だしと同じメロディーを今度はドラムとベースも入れて切々を歌い上げ締めくくる。名曲だ・・・。
 その静かな流れを引き継ぐように4曲目もピアノで静かに始まる。本作にはテラ・ノヴァお得意のメロディアス・ロック・ファン殺しのバラードが3曲も入っているが、これがその1曲目。ますます表現力に磨きをかけたフレッドのヴォーカルは、言葉が分からずとも聞き手その人なりの心象風景を音の中に想像させる。絡みつくようなジェスィーノのギターも、ロンによるオーケストラ風シンセもいい。
 5曲目はアルバム・タイトルともなっている曲。その曲名が示すように往年のジャーニーを彷彿とさせるメロディアス・ハード・サウンドだ。特にコーラス部分などはかなりジャーニーを意識している感じがする。曲の途中にはめまぐるしくメロディーを変えるプログレっぽい部分もあり、どこかで聞いたことのあるクラシック・ミュージックのフレーズをキーボードとギターで高速バトルする場面もある。その部分だけ聞くとまるで初期のカンサスのようでもある。
 7曲目はバラードの2本目。この曲は日本盤のボーナス・トラックにもリミックス・ヴァージョンが入っているほどの自信作なのだろうが、どうも彼らのセカンド・アルバムに入っていた名バラード「オンリー・フォー・ユー」によく似ている。しかも歌詞にも「〜only for you」という言葉が使われているので、イメージがさらにダブルのだ。「オンリー・フォー・ユー」が名曲中の名曲なだけに個人的にはどうも二番煎じのような感じがしてしまう。
 もしもこのアルバムがLPなら、8曲目からがB面だろう。7曲目のバラードでいったん締めて、それとは対照的なハードな曲を8曲目にもってくるあたり、そういったことも想定しての曲順なのかもしれない。また、本作もほとんどがフレッド1人でかいた曲ばかりだが、この曲はフレッド&ロンが共作した2曲のうちの1曲でもある(もう1曲はトップの曲)。
 10曲目は冒頭で触れたクラシック・ロック的要素というのを歌詞で表現した曲。タイトルもズバリBack In The Eighteesで、「80年代は良かったね。あの頃が人生で一番楽しい時間だった...」といった懐古的な内容。
 11曲目は唯一ジェスィーノが作った曲。彼は前作でも1曲インストゥルメンタル・ナンバーをかいていたが、今回はちゃんとしたヴォーカル入りだ。良いフレーズを弾くギタリストはまた良い曲を作ることもできる。エリック・クラプトンしかり、ニール・ショーン、マイケル・シェンカーしかりである。アルバム全体の中に自然にとけ込み、フレッドの曲となんら遜色ない仕上がりだ。
 そしてラストの12曲目はフレッド渾身のドラマティック・バラード。この曲はファーストに入っていたドラマティック名バラード「ラヴ・オブ・マイ・ライフ」に匹敵する出来映えで、とにかくちょっとマイナー調のメロディーも、哀愁たっぷりに歌い上げるフレッドのヴォーカルも、途中に入るアコースティック・ギター・ソロもすべてが感動的!
 ハズレのないテラ・ノヴァのアルバムにまた1枚名作が加わった。フレッド、ロン、ジェスィーノ、すばらしい音楽をありがとう。(HINE)