米の音楽専門テレビ番組MTVで80年代末から始まったアンプラグド・ライヴは、
普段エレクトリック楽器を使用しているロック・ミュージシャン達にアコースティック楽器だけで演奏させるという趣向のもので、
真の実力が試される過酷な場でもあった。しかし、それ故に数々の名演奏も飛び出し、後にその音源はアルバム化され大ブームを巻き起こした。
また、このアンプラグドによって、改めて「ロック」の持つ精神性やルーツなどが浮き彫りになり、
60〜70年代のロックやアコースティック・サウンドまでもが見直されるようになった。
ソロのロック・シンガーもまた、自分の声ひとつで「ロック」を感じさせるという意味で常にアンプラグド状態である。


■アコースティック・サウンドの名盤

グッド・アコースティックス/ファイアーハウス
GOOD ACOUSTICS/FIREHOUSE

1996年 Sony/Epic Sony



パートリー・プラグド/アトランタ・リズム・セクション
PARTLY PLUGGED/ATLANTA RHYTHEM SECTION

1997年 Southern Tracks/A&M/River North



アンプラグド/エリック・クラプトン
UNPLUGGED/ERIC CLAPTON

1992年 Reprise リンク先工事中



■ロック・ヴォーカルの名盤

ジャグド・リトル・ピル/アラニス・モリセット
JAGGED LITTLE PILL/ALANIS MORISSETTE

1995年 Maverick/Repri リンク先工事中



ワイルドフラワー/シェリル・クロウ
WILD FLOWER/SHERYL CROW

2005年 A&M/Universal



レックレス/ブライアン・アダムス
RECKLESS/BRYAN ADAMS

1984年 A&M リンク先工事中



フィールズ・オブ・ファイア/コリー・ハート
FIELDS OF FIRE/COREY HART

1986年 EMI リンク先工事中



TAO〜道/リック・スプリングフィールド
TAO/RICK SPRINGFIELD

1985年 RCA/BMGビクター