新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by propecia for sale (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by modafinil (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap zithromax (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cialis online (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by prednisone (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by propecia for sale (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by lyrica online (05/28)

新着トラックバック
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by 創造101DVD (05/28)
▼Nights Out / METRONOMY
by Creative wedding photographers Auckland at Lightscript (05/27)
▼トランスファレンス/スプーン
by ride sex toys (05/27)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by bullet sex toy (05/27)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by adam & eve sex toys (05/27)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by adam and eve sex toys (05/26)
▼トランスファレンス/スプーン
by best sex toy cleaner (05/26)

イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス

ギターを抱いた渡り鳥、ジョニー・マーは中高年の星だなぁ

ザ・クリブスは双子のゲイリー(B、Vo)とライアン(G、Vo)、そして弟のロス(Dr)のジャーマン三兄弟により2001年に結成。
2004年にインディーズよりデビュー・アルバムを発表。ストロークスばりのローファイなギターに、ポップなメロディを乗せたサウンドで、コアなファンを獲得。2007年に発表された3rdアルバムでは、UKチャートで13位を記録し若手の有望株に成長した。

そんな結束固い三兄弟のスリーピース・バンドに、ジョニー・マー(元スミス、モデスト・マウス等。1963年生まれ!)が参加すると言うニュースが報じられたのが2008年の夏。私自身としては、ジョニー・マーがこれまで在籍していたモデスト・マウス(2007年9月にアルバム『生命の大航海』をNew Disc RevueにUP済)がかなり気に入っていただけに、このニュースは少なからずショックであった。
しかし、このクリブスのアルバムを聴いてそんな気持ちは一気に払拭された。彼のギターは、モデスト・マウス時代よりも生き生きとアルバム全編に亘って、活躍しているのだ。

クリブスの曲は、ライヴを意識したシンプルでキャッチーなメロが際立つガレージ・ロックなのだが、発展途上中というか、どこか垢抜けない所がこれまでの作品に感じられた。(それが、魅力でもあるのだけど)
ところが今作は、とても都会的に洗練された印象を受ける。これこそ、ジョニー・マーのキャリアの蓄積がクリブスにもたらした最大の効果と言えるだろう。ジョニー・マーの加入は、アルバム3枚を作り多少なりとも、新しい刺激を求めていた時期にさしかかっていたジャーマン三兄弟にも、最高のケミストリーをもたらしたに違いない。
双子のツイン(笑)リード・ヴォーカルに、年齢差17歳のツイン・リード・ギターというこれまでに無い、新しいバンド・スタイルが誕生した瞬間だ。

ハード・エッジなイントロのギターが心を掴む@、ジョニー・マーのスライド・ギターが印象的なA、後半になるにつれて異様な高揚感に包まれるB、クリブスの新機軸と言えるC、ライアンのギターがマーに負けじと活躍するD、『思い出の渚』風のイントロがなんとも日本人好みでシンガロング必至のE、ツイン・ギターが冴えまくり疾走感溢れるF、哀愁帯びたメロディとゲイリーのヴォーカルが心に染みるHなど。
ただ、欲を言えば前作のラスト・ナンバー「Shoot the poets」のようなアコースティックなナンバーも、聴いてみたかった・・・。

一緒に購入した『MUSE』の余りにもスタジアムな音と比べると、家内制手工業的では有るが、インディの精神を失わずにUKの伝統的なギター・ロックの後継者の道を歩み始めたザ・クリブスは、もっと売れてもいいと思うぞ。

追記.
あのイケてない髪型(笑)は、特典のDVDを観ると自分達でバリカンで刈っているんだね。もしかして、ブレイク出来ない原因がこれだったりして。う〜ん・・・・・。(OASI-Z)

IGNORE THE IGNORANT/THE CRIBS
1. We Were Aborted
2. Cheat On Me
3. We Share The Same Skies
4. City Of Bugs
5. Hari Kari
6. Last Years Snow
7. Emasculate Me
8. Ignore The Ignorant
9. Save Your Secrets
10. Nothing
11. Victim Of Mass Production
12. Stick To Yr Guns
 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_96.htm 
コメント(8016) / トラックバック(666)ガレージ・ロック
マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン

 僕は多くのミュージシャン、ことヴォーカリストを崇拝しているが、そのなかでもシルヴィアンはダントツだ。アイドルだった時代を振り返るもよし、孤高のアーティストとなった今もよし。
 アイドルだったことの反動から、シルヴィアンは近年ものすごくペシミスティックに、音楽というよりも芸術を追求している。インスタレーション作品を度々リリースしたり、前作『ブレミッシュ』は即興音楽に歌を乗せるという妙技に成功した。
 そして6年を経て、もやは仙人のような白髭姿になったシルヴィアンがリリースしたのが、『マナフォン』だ。
 本作は『ブレミッシュ』のノウハウを活かし、似たような路線で製作されている。だから以前のシルヴィンのアルバムのような「ポップ・アルバム」を求めてはまったく楽しめないだろう。逆に言えば、前作が好みであれば間違いなく楽しめる。
 だが、技術面ではまた前作とは違っている。デレク・ベイリーの即興ギターが話題となった前作だが、今作にはギターの音色は前作ほどなく、電子音楽というか完全に音響派な音作り。前作から続いて参加しているフェネスが大いに活躍している。ベイリーが逝去してしまったからそういう路線になったのかも知れず、存命だったらまた起用していたのかも。
 生楽器を余り使っていないためか、ひどく空間的に感じられる。それでもシルヴィアンが朗読するように歌っているので、アンビエントにはならない。そのシルヴィアンのヴォーカルが、近年の彼らしくて実にいい。まるで悟っちゃったかのようだ。前作よりもヴォーカルの度合いは強いだろう。
 デジタルで空間的ながら、血の通った鬱蒼としたアルバム。
 これはジャケのイメージにめちゃくちゃフィットする。そう、このアルバムを聴きたい場所は、森だ。神秘を思いながら、大音量ではなく、かろうじて聞き取れるぐらいの音量で聴いてみたい。
 つまりは、実に想像力を掻き立てる音世界なのだ。空間的に流してもいいし、ヴォーカルを楽しんでもいい。
 僕はこのアルバムを、睡眠時に流している。いっさい主張しない音とヴォーカルは空間をやわらかく満たし、快い眠りにいざなってくれる。
特に今の秋という季節にはかなり合う。じっくり聴いても、流してもいい。
 ゲストは相変わらず渋く豪華なメンツだが、中でも嬉しかったのは大友良英の参加。その手の音が好きなら音を想像できるだろうし、お薦めできる。
 これで秋にヘヴィ・ローテーションするアルバムが決まった。それも師と仰ぐシルヴィアンの作品で。こんなに嬉しいことはない。
 心地よい秋になりそうだ。

 なお、国内盤はボーナス1曲追加収録。さらに海外盤でDVD付きの限定仕様も出ている……が、死ぬほど高い。買うかどうか迷っている。
(KEN)
  
コメント(2) / トラックバック(0)オルタナティヴ
ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ/マニック・ストリート・プリーチャーズ

因みに、このジャケットは「女の子」です

「この曲、昔どこかで聴いた事があるなぁ?」と感じる曲が「名曲」だと思う事がある。
それは耳に馴染みやすいメロディや心地よいビート、そしてどこか青春の甘酸っぱい懐かしさを思い起こさせる'60〜'70年代風の曲だ。
マニック・ストリート・プリーチャーズ(以下マニックス)の「オータム・ソング」という曲が正にそういうナンバーだった。

実は、このマニックスの事はその「オータム・ソング」を含む前作の「センド・アウェイ・ザ・タイガーズ」で初めて知ったのだ(汗)。
スタイルはラウドなギターが鳴り響く古典的なロックの王道というべきR&Rなのだが、ポップなアレンジとキャッチーなメロディが、随所に散りばめられており、ライブでは凄く盛り上がるだろうなぁと感じさせる素晴らしいアルバムだった。

この「ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ」は、その「センド〜」以来となる約2年ぶり9作目のアルバム。
実はこのアルバム、1994年に発表された傑作3rdアルバム「ホーリー・バイブル」発表後の1995年に突然失踪した、ギタリストであり作詞を担当するリッチー・ジェームスが残した遺言とも言える「詩」の数々に対する封印を14年ぶりに解いて、作られたアルバムだ。
そのきっかけになったのが昨年2008年11月、行方不明のまま正式にリッチー・ジェームスの「死亡宣告」が出された事だ。

だから、このアルバムは本来4thアルバムとして発表されるべき作品で「ホーリー・バイブル」の続編という位置付けで作る必要性があった。
その為ここ数年、すっかりポップ寄りになった楽曲の傾向を解体し、1995年当時のダークでヘヴィな音を蘇らせなければならなかった。
1994年、「ホーリー・バイブル」と同時期に発表されたニルヴァーナの「イン・ユーテロ」をプロデュースしたスティーヴ・アルビ二に、このアルバムを頼んだのはニルヴァーナのような「ノイジーで暴力的な音の緊張感」を求めた結果だろう。
そしてアルバム・ジャケットのアート・ワークに「ホーリー・バイブル」と同じジェニー・サヴィルのディープな作品を使ったのは、必然と言える。

重厚なギターとアグレッシヴなヴォーカルが際立つM-1「Peeled Apples」の、凄まじいまでのグルーヴに先ず圧倒される。アルビ二効果が炸裂したナンバーでアルバムは幕を開ける。
かと思えば、M-2「Jackie Collins Existential Question Time」や、M-5「Journal For Plague Lovers」といったキャッチーな部分のマニックスも、決して忘れてはいない。

アルバム全体としては、へヴィな部分とポップな部分が見事に調和して、これ迄のマニックスのアルバムの中でも出色の出来だと言える。
リッチー失踪後、悪戦苦闘してきた残されたメンバーの努力の結晶が、リッチーの詩(死)を受けて「最高傑作アルバム」を完成させたのだ。

それにしても、アルバムで一番ポップなM-2で「ねぇ、マミー、セックス・ピストルって何?」と執拗に繰り返すリッチーの歌詞には脱帽(笑)。
私のように英語の分からない方は、日本盤でリッチーの散文詩のような歌詞を堪能してみて下さい。(OASI-Z)
 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_94.htm 
コメント(2) / トラックバック(66)ポピュラー・ロック
TINTED WINDOWS / ティンテッド・ウインドウズ

久しくこういうスーパー・グループって無かったな

スーパー・グループと言われて思い出すのはUKとエイジア。でもよく考えてみるとEL&PとかCSN&Yもスーパー・グループの走りなんだろうな。
その前になるとクリームとかブラインド・フェイスなんかもそうなんだろうけど、その頃はリアルタイムに聴いていないから正直“ピン”と来ない。

ベースがファウンテインズ・オブ・ウェインのアダム・シュレシンジャー、ヴォーカルがハンソンのテイラー・ハンソン(ってよく知らない(汗))、そしてギターが元スマッシング・パンプキンズのジェームズ・イハ!、更にドラムがあのチープ・トリックのバン・E・カルロス!!
おぉ!これは正にスーパー・グループでは無いか?なんか良く分からないけど、凄い事になりそうだなと思って聴いてみたら、私好みの極上パワー・ポップ!

メンバーの中心人物である、アダムに言わせると「70年代後半のバズコックスやザ・ナックのような音を目指した」という事なんだけど、これはどうみてもチープ・トリック!時にはハードに時にはポップに、そして胸がキュンとする切なく甘いメロディが琴線に触れる。

バンドの構成も、イケメンのテイラーがロビン・ザンダー、銀髪が個性的なイハがリック・ニールセン、そしてバーニーは本人登場!という立ち位置的にも、チープ・トリックを彷彿させてくれて嬉しい。

もっとも、バーニーがこのバンドに加入するきっかけになったのは、アダムが「チープ・トリックのようなドラムを叩けるドラマーを探しているんだけど、誰か居ないかな?」と悩んでいた時、「じゃあいっその事、本人に直接頼んでみようか」と言うことで、ダメ元でバーニーに電話連絡をしたら「じゃあ、音を送ってくれよ」と答えたとの事。その後、バーニーが音を聴いて即座に快諾したらしい。いや〜実に痛快!

バンド内のルールもユニークで、「キーボードは入れない」「ストリングスも入れない」「少年のコーラスは要らない」「ホーンセクションも要らない!」と随所にこだわりが。
とにかく「ライヴ感溢れるサウンド」を目指したと言うだけ有って、どの曲も実にシンプルでオーソドックスなスタイルを貫いている。
当然、ライヴでの盛り上がりは必至だろう。

キャッチーなナンバーが揃っているのだが、シュガーコーティングされた甘〜いメロディとヴォーカルだけの単なるポップ・ソングにならないように、ハードネスなリズム隊と、イハの切なげなディストーション・ギターが、このバンドのサウンドに大きなアクセントを与えている。
特にM-4「Can't Get A Read On You」の歌謡曲ポップス(笑)から、M-5「Back With You」のバラードに至る流れはこのアルバムのハイライトと言える。

アルバム1枚だけでは勿体無い。そんな感想を抱かせる、懐かしさと新しさが同居した楽しいアルバムだ。(OASI-Z)
 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_93.htm 
コメント(2) / トラックバック(191)ポピュラー・ロック
Returns / Return To Forever
【30年以上の時を経て復活したRTFの快演】



リターン・トゥ・フォーエヴァー、オーバー40(歳)の方々ならその名に反応するのではなかろうか? そう、70年代前半にウェザー・リポートとともに一世を風靡したフュージョン・グループである。そのRTFが何と30年以上の時を経て、昨年再結成され我々の前に戻ってきた。メンバーも最強と謳われた、
 ・チック・コリア (key)
 ・アル・ディ・メオラ (g)
 ・スタンリー・クラーク (b)
 ・レニー・ホワイト (ds)
であり、かつてRTFにハマったオヤジ達にとって、まさに待ち望んだ再結成ではなかろうか。
本作は2008年ワールドツアーのベストセレクションとなっており、人気曲が目白押しである。

DISCの一枚目は「第7銀河の賛歌」、「バルカン・ワールズ」、「女魔術師」、「ノー・ミステリー」の人気曲の他に、アル・ディ・メオラがソロで自分の持ち曲である「パッション・グレース&ファイア」や「地中海の舞踏」を、またチック・コリアとデュエットで名曲「スペイン」を演奏する。昔と変わらぬ、いやそれ以上に成長、円熟した白熱の演奏は圧巻である。 
特にアル・ディ・メオラの熱演は素晴らしいの一言である。 時代の潮流により舞台の袖に押しやられ、'80年代以降あまり目立った活動が聞かれなかったディ・メオラだが、ここでは水を得た魚の如く縦横無尽に弾きまくる。'70年代にはゲイリー・ムーアを始め、多くのギターリストに影響を与えた早弾きも健在である。

DISCの2枚目は「浪漫の騎士」を中心にチック・コリア、スタンリー・クラーク、レニー・ホワイトのソロが奏でられる。若干間延びした印象を受けるが、各人の演奏に注目すれば、こちらも素晴らしいの一言に尽きる。(個人的には「浪漫の騎士」は大好きな曲なので、もっとストレートに演奏して欲しいとは思うが。。。)

このユニットが解散した'70年代後半は、ジョージ・ベンソンやアール・クルーのようなAOR的フュージョンが台頭し、やがてそのブームも終焉しフュージョンという言葉も死語となってしまった感があった。しかし今冷静に振り返ると、ロックファンをも巻き込んで盛隆した演奏スタイルには普遍性があった。
本作はその普遍性を証明する素晴らしいサウンドと演奏を、時を越えて伝えてくれる傑作と言える。

圧倒的なテクニックと創造性、ロック的な興奮とジャズ的な洗練の融合、フュージョンを知らない若い世代にも是非聞いて頂きたい一枚である。
(Newk)
 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_92.htm 
コメント(7) / トラックバック(353)フュージョン
< 次のページ        前のページ >
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)