新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by armodafinil (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by pharmacy without dr prescriptions (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by provigil generic (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cytotec (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cytotec price (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cytotec (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cialis generic (11/19)

新着トラックバック
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by nipple sex toy (11/20)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by هایک ویژن (11/19)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by طراحی سایت (11/19)
▼トランスファレンス/スプーン
by Digital Tv Set Top Box (11/19)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by how to get free dildos (11/19)
▼トランスファレンス/スプーン
by how to get a dildo in (11/19)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by Rajamangala University of Technology Thanyaburi (11/18)

ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー




 申し訳ねえ。
 おいら、どうしたってクーラ・シェイカーが好きなのです。
 彼らの持ち味がグルーヴとかインドにあり、と今でも思っている古参の方、ごめんなさい。賛同しつつも、それは賛同しかねます。
 というのも、復活第2作の『ピルグリムズ・プログレス』が、本当にいい「作品」だからです。
 今までのクーラは、「ポーズ」的にインド要素を使っていました。それに限界を感じたのが、奇しくも復活作だったのです。なので、彼らはそれを醸し出しつつ無難な作品を作り、様子を見てから、急に方向転換しました。
 というのも、本作はすべからく「キリスト教的」なのです。
 タイトルになっているのがイギリスの文学書なのもあり、いきなり風呂敷を広げています。そこへきて、以前のような「『ヘイ・デュード』で盛り上がれればいいんだろう?」といった感じはなく、全体を通して感じてくれ、というアルバムです。
 つまり1曲1曲の魅力にはやや欠ける面はありますが、その分、全体の完成度というか統一感がすばらしいです。思えば今までのクーラは多国籍軍のような楽しみがあったのに対し、今作はそうじゃありません。全体が調和しているのです。
 なので、以前のようにグルーヴ重視のファンでありましたらば、本作はノレないことをご承知ください。何せ、殆どの曲がアコースティック重視ですので。
 そのうえで、『ホワイト・アルバム』あたりのビートルズが好きな方ならば、聴いてみて損はしないだろうとも申し上げておきます。
 つまりね、本作は「ファンのあいだでできたクーラ・シェイカー像を楽しむ」作品ではなく、「ファンとともに成長した現在のクーラ・シェイカーを楽しむ」作品であるのです。
 もし仮に、あなたがクーラ全盛期のシングル乱発を危惧しているのなら、本作は2枚組の「輸入豪華盤」を買いさえすれば音源的には事足りるとも申しておきましょう。
 私は愚かながら、同世代的に過ごしてきた彼らが、どうしたっていとおしいのです。純粋な評価とは違いますが、成長したなあ、と思うことしきりなのです。
 そういった感慨のあります方ならば、お酒をかたむけつつ、ああクリスピアンはいまでもイケメンだなぁ、と思えるでしょう。
 そんなファンとともに成長できるバンドなど、なかなかないではありませんか。
 私は、音楽生命果てるまでクーラとともにいることを誓います。
 ジョージの血を生き継ぎ、ビートルズを意識しつつ、古参ファンの期待にも応えながら、新世代に反応しているのですから! (KEN)
  
コメント(94684) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
2010年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)