新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by uxgkoos (03/29)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by pqlxuubsnk (03/29)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by vrtdcush (03/29)
▼The Album / Wilco
by Hkwvplrv (03/25)
▼The Album / Wilco
by Imtgvwnd (03/25)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by zziljhuduu (03/13)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by ucaciivdkz (03/13)

新着トラックバック
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by Best Bluetooth Headphones (03/28)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by ???? ? ???? ??????? (03/23)
▼Nights Out / METRONOMY
by ???? ??????? (03/23)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by kanger (03/23)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by szybkie chwilowki (03/22)
▼トランスファレンス/スプーン
by Vibrating Sex Toy (03/22)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by penis pump (03/22)

トランスファレンス/スプーン

「2007年の個人的ベスト10」に入る前作『GA GA GA GA GA』から
約2年ぶり、キャリア15年を誇るスプーン待望の7枚目となる新作
『トランスファレンス』が発表された。

前作『GA GA GA GA GA(ガ・ガ・ガ・ガ・ガ)』は、R&Bやソウルの影響を受けながらも、現代風にアレンジが施された「ミニマル・モダン・ポップ」を聴かせてくれた、素晴らしいアルバムだった。
でも、最大の魅力はポップなサウンド・プロダクションも然ることながら、ヴォーカルのブレット・ダニエルの「声」にある。
彼の「声」は、あのエルヴィス・コステロに匹敵するくらい味わいがある、私好みの声質なのだ。

今作は残念ながら、前作のようなキャッチーなソングライティングは、殆ど見られない。その辺はメンバーも理解しており、今回は「キャッチー」な部分を意図的に排除し、「実験的」な作品を作ったという事だ。

録音を殆ど「ライヴ録音」したという事で、その張り詰めた緊張感の中から生まれたケミストリーは、確実にバンド・アンサンブルを向上させ、スプーンというバンドを次のステージに押し上げた作品と言えるだろう。
ただ、個人的にはM-3「ザ・ミステリー・ゾーン」のようなポップ・ナンバーを、もう数曲入れて欲しかった。

因みにバンド名のスプーンは、ドイツのクラウト・ロック・バンド「CAN」のオクラの缶詰ジャケットのアルバム『エーゲ・バミヤージ』に収録されたナンバーから採ったものです。(OASI-Z)

Transference/Spoon
1. Before Destruction
2. Is Love Forever?
3. The Mystery Zone
4. Who Makes Your Money
5. Written in Reverse
6. I Saw the Light
7. Trouble Comes Running
8. Goodnight Laura
9. Out Go the Lights
10. Got Nuffin
11. Nobody Gets Me But You

The Mystery Zone

 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_100.htm 
コメント(8209) / トラックバック(285)オルタナティヴ
マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック

2007年に発表された前作『イヴン・イフ・イット・キルズ・ミー』が、ビルボードのインディ・チャートで堂々の第一位を記録したモーション・シティ・サウンドトラック(以下MCS)。
通算4作目となる今作『マイ・ダイナソー・ライフ』を引っ提げて、満を持してのメジャー・デビューとなった。

その前作『イヴン・イフ・イット・キルズ・ミー』では、フォール・アウト・ボーイばりのエモ・サウンドを、ウィーザーばりの冴えない(笑)ルックスで奏でてくたメガネ・ロッカーMCS
(因みにフォール・アウト・ボーイのヴォーカル、パトリック・スタンプ君も当時はメガネ・マンだった)

当時といえば「エモ」といわれる、メロディック・ハード・パンクが絶頂期を迎えていた時代で、このMCSも良質なメロディを武器に、インディ・シーンを賑わしていたのだ。

およそ2年半ぶりのリリースとなった今作『マイ・ダイナソー・ライフ』では、幾分エモ度が薄れたものの、その分ウィーザーに負けず劣らずの、琴線に触れる「青春ロック」路線が一層強化された印象を受ける。

特にM1〜M3の、極上「胸キュン・ポップ」はサイコー。さりげないシンセの音も、程よいアクセントで、メガネ・ロッカー達のポップ・センスは留まる所を知りません。

でも、前作のジャケットのアート・ワークは、あんなに素敵だったのに。
メジャー移籍後の今作は、なんだかなぁ・・・。(OASI-Z)

My Dinosaur Life/Motion City Soundtrack
1. Worker Bee
2. A Lifeless Ordinary (Need A Little Help)
3. Her Words Destroyed My Planet
4. Disappear
5. Delirium
6. History Lesson
7. Stand Too Close
8. Pulp Fiction
9. @!#?@!
10. Hysteria
11. Skin and Bones
12. The Weakends

Her Words Destroyed My Planet

 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_99.htm 
コメント(0) / トラックバック(313)ポップ・パンク
2010年3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)