新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by web (08/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by web (08/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by web (08/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by web (08/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by web (08/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by web (08/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by web (08/19)

新着トラックバック
▼Nights Out / METRONOMY
by Klik tautan ini (08/20)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by http://share.yesup.net/story.php?title=%D9%88%DB%8C%DA%98%DA%AF%DB%8C%E2%80%8C%D9%87%D8%A7%DB%8C-%D8%A8%D9%87%D8%AA%D8%B1%DB%8C%D9%86-%D8%B3%DB%8C%D8%B3%D8%AA%D9%85%E2%80%8C%D9%87%D8%A7%DB%8C-%D8%AF%D9%88%D8%B1%D8%A8%DB%8C%D9%86-%D9%85%D8%AF%D8%A7%D8%B1-% (08/20)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by dildo (08/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by adidas martial arts gi (08/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by adidas adult female poomsae (08/19)
▼Returns / Return To Forever
by bullet vibrator (08/18)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by sex therapy kit (08/18)

イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス

ギターを抱いた渡り鳥、ジョニー・マーは中高年の星だなぁ

ザ・クリブスは双子のゲイリー(B、Vo)とライアン(G、Vo)、そして弟のロス(Dr)のジャーマン三兄弟により2001年に結成。
2004年にインディーズよりデビュー・アルバムを発表。ストロークスばりのローファイなギターに、ポップなメロディを乗せたサウンドで、コアなファンを獲得。2007年に発表された3rdアルバムでは、UKチャートで13位を記録し若手の有望株に成長した。

そんな結束固い三兄弟のスリーピース・バンドに、ジョニー・マー(元スミス、モデスト・マウス等。1963年生まれ!)が参加すると言うニュースが報じられたのが2008年の夏。私自身としては、ジョニー・マーがこれまで在籍していたモデスト・マウス(2007年9月にアルバム『生命の大航海』をNew Disc RevueにUP済)がかなり気に入っていただけに、このニュースは少なからずショックであった。
しかし、このクリブスのアルバムを聴いてそんな気持ちは一気に払拭された。彼のギターは、モデスト・マウス時代よりも生き生きとアルバム全編に亘って、活躍しているのだ。

クリブスの曲は、ライヴを意識したシンプルでキャッチーなメロが際立つガレージ・ロックなのだが、発展途上中というか、どこか垢抜けない所がこれまでの作品に感じられた。(それが、魅力でもあるのだけど)
ところが今作は、とても都会的に洗練された印象を受ける。これこそ、ジョニー・マーのキャリアの蓄積がクリブスにもたらした最大の効果と言えるだろう。ジョニー・マーの加入は、アルバム3枚を作り多少なりとも、新しい刺激を求めていた時期にさしかかっていたジャーマン三兄弟にも、最高のケミストリーをもたらしたに違いない。
双子のツイン(笑)リード・ヴォーカルに、年齢差17歳のツイン・リード・ギターというこれまでに無い、新しいバンド・スタイルが誕生した瞬間だ。

ハード・エッジなイントロのギターが心を掴む@、ジョニー・マーのスライド・ギターが印象的なA、後半になるにつれて異様な高揚感に包まれるB、クリブスの新機軸と言えるC、ライアンのギターがマーに負けじと活躍するD、『思い出の渚』風のイントロがなんとも日本人好みでシンガロング必至のE、ツイン・ギターが冴えまくり疾走感溢れるF、哀愁帯びたメロディとゲイリーのヴォーカルが心に染みるHなど。
ただ、欲を言えば前作のラスト・ナンバー「Shoot the poets」のようなアコースティックなナンバーも、聴いてみたかった・・・。

一緒に購入した『MUSE』の余りにもスタジアムな音と比べると、家内制手工業的では有るが、インディの精神を失わずにUKの伝統的なギター・ロックの後継者の道を歩み始めたザ・クリブスは、もっと売れてもいいと思うぞ。

追記.
あのイケてない髪型(笑)は、特典のDVDを観ると自分達でバリカンで刈っているんだね。もしかして、ブレイク出来ない原因がこれだったりして。う〜ん・・・・・。(OASI-Z)

IGNORE THE IGNORANT/THE CRIBS
1. We Were Aborted
2. Cheat On Me
3. We Share The Same Skies
4. City Of Bugs
5. Hari Kari
6. Last Years Snow
7. Emasculate Me
8. Ignore The Ignorant
9. Save Your Secrets
10. Nothing
11. Victim Of Mass Production
12. Stick To Yr Guns
 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_96.htm 
コメント(13131) / トラックバック(808)ガレージ・ロック
2009年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)