新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by armodafinil (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by pharmacy without dr prescriptions (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by provigil generic (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cytotec (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cytotec price (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cytotec (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cialis generic (11/19)

新着トラックバック
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by nipple sex toy (11/20)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by هایک ویژن (11/19)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by طراحی سایت (11/19)
▼トランスファレンス/スプーン
by Digital Tv Set Top Box (11/19)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by how to get free dildos (11/19)
▼トランスファレンス/スプーン
by how to get a dildo in (11/19)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by Rajamangala University of Technology Thanyaburi (11/18)

Returns / Return To Forever
【30年以上の時を経て復活したRTFの快演】



リターン・トゥ・フォーエヴァー、オーバー40(歳)の方々ならその名に反応するのではなかろうか? そう、70年代前半にウェザー・リポートとともに一世を風靡したフュージョン・グループである。そのRTFが何と30年以上の時を経て、昨年再結成され我々の前に戻ってきた。メンバーも最強と謳われた、
 ・チック・コリア (key)
 ・アル・ディ・メオラ (g)
 ・スタンリー・クラーク (b)
 ・レニー・ホワイト (ds)
であり、かつてRTFにハマったオヤジ達にとって、まさに待ち望んだ再結成ではなかろうか。
本作は2008年ワールドツアーのベストセレクションとなっており、人気曲が目白押しである。

DISCの一枚目は「第7銀河の賛歌」、「バルカン・ワールズ」、「女魔術師」、「ノー・ミステリー」の人気曲の他に、アル・ディ・メオラがソロで自分の持ち曲である「パッション・グレース&ファイア」や「地中海の舞踏」を、またチック・コリアとデュエットで名曲「スペイン」を演奏する。昔と変わらぬ、いやそれ以上に成長、円熟した白熱の演奏は圧巻である。 
特にアル・ディ・メオラの熱演は素晴らしいの一言である。 時代の潮流により舞台の袖に押しやられ、'80年代以降あまり目立った活動が聞かれなかったディ・メオラだが、ここでは水を得た魚の如く縦横無尽に弾きまくる。'70年代にはゲイリー・ムーアを始め、多くのギターリストに影響を与えた早弾きも健在である。

DISCの2枚目は「浪漫の騎士」を中心にチック・コリア、スタンリー・クラーク、レニー・ホワイトのソロが奏でられる。若干間延びした印象を受けるが、各人の演奏に注目すれば、こちらも素晴らしいの一言に尽きる。(個人的には「浪漫の騎士」は大好きな曲なので、もっとストレートに演奏して欲しいとは思うが。。。)

このユニットが解散した'70年代後半は、ジョージ・ベンソンやアール・クルーのようなAOR的フュージョンが台頭し、やがてそのブームも終焉しフュージョンという言葉も死語となってしまった感があった。しかし今冷静に振り返ると、ロックファンをも巻き込んで盛隆した演奏スタイルには普遍性があった。
本作はその普遍性を証明する素晴らしいサウンドと演奏を、時を越えて伝えてくれる傑作と言える。

圧倒的なテクニックと創造性、ロック的な興奮とジャズ的な洗練の融合、フュージョンを知らない若い世代にも是非聞いて頂きたい一枚である。
(Newk)
 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_92.htm 
コメント(8) / トラックバック(424)フュージョン
All I Ever Wanted-Deluxe Edition / Kelly Clarkson


 すでに全米No.1に輝いている本作だが、その内容の充実度は、もはや彼女が単なるアイドル・シンガーではないことを強く印象づけるほど素晴らしいものだった。
 デビュー当時からケリー・クラークソンという名前や全米での活躍ぶりは知っていたが、そのルックスや軽いサウンドなどから、どうせ一過性のアイドル・シンガーだろうと、今まで聞かずにいた。それからすでに6年、アルバムも今作で4枚目となり、さすがにここまで生き残っているからには、何かしら魅力があるのだろうと思い直し、注目していたところ、たまたま取材で行ったファッション・ショーで流れていたノリの良い曲がケリーの曲だと知り、本作を購入することにした。
(その曲、「ウィズアウト・ユー」も、すでに全米・全英共に1位という快挙を成し遂げている)
 とは言っても、別に何かを期待してアルバムを購入したわけではなく、大ヒット曲が入っているし、1枚ぐらい持っていてもいいかな、というぐらいの軽い衝動買いだった。
 しかしながら、予想を大きく覆し、そのロック・スピリットあふれるヴォーカルとサウンドに、完全に打ちのめされてしまった。未聴だが、どうも前作から方向性を変え、かなりロック寄りのサウンドに変わってきたらしい。

 最近では、ニューアルバムをこんなに聞き込むことも珍しい。購入してからもう1ヶ月半、ほぼ毎日聞いている。
アラニス・モリセットやアヴリル・ラヴィーンを聞いたときのような奥深さはないが、ストレートに感情を発散させるパワフルなヴォーカルと、好きずきもあろうが、彼女が元々持っている声の質が良いのだろうか、飽きがまったく来ない。

ロック・ファンにお薦めなのは、4曲目の「Don't Let Me Stop You」と5曲目の「All I Ever Wanted」、9曲目「Whyyawannabringmedown」、10曲目「Long Shot」。いずれもケリーのロック・フィーリングあふれるヴォーカルを堪能できるかっこいい曲ばかりだ。
ダンサブル派には、1.「My Life Would Suck Without You」、2.「I Do Not Hook Up」、7.「If I Can't Have You」あたり。
ポップ派には、3.「Cry」、11.「Impossible」、12.「Ready」
R&B派には、14.「If No One Will Listen」(かなりの名バラード)、15.「Tip Of My Tongue」
まあ、結局どの曲も良いのだが、これだけタイプの違う曲を軽々と唄いこなすケリーの実力は、今や完全に認めざるを得ない。
願わくは、これからもケリーにはロック・フィールドで活躍し続けてもらいたいと思うばかりだ。

尚、今回購入したデラックス・エディションに付録していたDVDには、「ウィズアウト・ユー」のPVとメイキングものが映像で収録されているが、特筆すべきものはない。かなり太めになったケリーの体型を心配する方にはどうぞ。

  
コメント(0) / トラックバック(0)ポピュラー・ロック
FLEET FOXES / FLEET FOXES

リヴァーヴの彼方から聴こえて来るフォーキーなサウンドは、本当に現代の音なんだろうか・・・?

Billboard 1位、The Times 1位、Pitchfork Media 1位、Under The Rader 1位、Mojo 1位・・・・・。
2008年末、各メディアから発表された「年間ベスト・アルバム」を軒並み席巻したのが、平均年齢23歳の無名の新人バンド『フリート・フォクシーズ』のデビュー・アルバムだった。

バンジョー、マンドリン、ピアノ、フルート等、多種多様な楽器を用いながら、オーガニックなハーモニーとコーラスを聴かせてくれる、いわゆる「ネオ・フォーク」と言われる音は、アーケイド・ファイアやアニマル・コレクティヴといった、ここ最近のアメリカ・インディー・シーンの大きな潮流となっている。

私自身、ここまでフォーク、アコースティック・サウンドにのめり込んだ経験は一度も無い。強いて挙げれば、80年代前半の「ネオ・アコ」と言われるムーヴメント位だが、ネオアコには「キラキラ」とした爽やかさが有った。溢れんばかりの青春の瑞々しさが有った。
それは、少年から大人に成長する時の、思春期特有の少し不良を演じて見せた音楽にも感じられた。
しかし、このフリート・フォクシーズの音には10代の気恥ずかしさや、青春の切なさといったものは感じられない。
ゴスペル、バロック、サイケといった色々な要素を含んだ、非常に完成度の高い大人の音楽になっているのだ。

クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの再来だとか、バッファロー・スプリングフィールドの影響を大きく受けているとか、それはかなりの部分で的を射ていると言える。
歴史的名盤である「デジャ・ヴ(CSN&Y)」とか「アゲイン(Bスプリングフィールド)」を聴けば一目瞭然なのだが、単なるフォークの枠を超えたスケールの大きさと、後のプログレッシヴ・ロックにも通じる先進性と実験性を感じたものだ。
このフリート・フォクシーズのフォーキーなサウンドも、原点回帰というよりは豊富な音楽情報量と高いスキルを持ち合わせた斬新で実験的な音に聴こえるし、メロディック・パンクやロックン・ロール・リヴァイヴァルといったここ数年のムーヴメントに対するアンチテーゼとも言える。
何度聴いても飽きないし、聴く度に新しい発見をさせてくれる。

因みにアルバム・ジャケットは、16世紀オランダ絵画における巨匠、ピーテル・ブリューゲルの作品「ネーデルランドの諺」で、当時の人々の生活を舞台に色々な諺や格言の場面が80種類以上描かれている。のどかな田園風景とは対照的に、残酷な現実と罪深い世界を表現したヘヴィな作品を通して、いつの時代にも共通する普遍的な人間の愚かさに対する警鐘を、彼等は鳴らしたかったのかも知れない。

10年後や20年後、’00年代(2000年〜2009年)のロックを振り返った時、このアルバムは間違いなく’00年代を代表するアルバムの一枚になるだろう。
久々に魂を揺さぶられる、素晴らしいアルバムに出会う事が出来た事を嬉しく思う。
(OASI-Z)
 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_90.htm 
コメント(2) / トラックバック(47)フォーク・ロック
2009年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)