新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by propecia for sale (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by modafinil (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap zithromax (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cialis online (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by prednisone (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by propecia for sale (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by lyrica online (05/28)

新着トラックバック
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by 創造101DVD (05/28)
▼Nights Out / METRONOMY
by Creative wedding photographers Auckland at Lightscript (05/27)
▼トランスファレンス/スプーン
by ride sex toys (05/27)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by bullet sex toy (05/27)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by adam & eve sex toys (05/27)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by adam and eve sex toys (05/26)
▼トランスファレンス/スプーン
by best sex toy cleaner (05/26)

ユナイテッド・ステイツ/ポール・ギルバート&フレディ・ネルソン


最近、メロディアスでかっこいいハードロック・アルバムがないとお嘆きの方に朗報!
お待たせしました!MR.BIGの再結成も報じられる超光速ギタリストのポール・ギルバートが、ソロとしては初めてヴォーカリストを自分以外のミュージシャンに任せ、ギターとコンポーザーに専念した力作。
2005年にpintSIZEというバンド名義で、女性ヴォーカルのかっこいいアルバムも出してはいますが、あの時はどちらかというと実験的なもので、パンクとハードロックのミックスのようなスタイルだった。
しかし、今回はどこかフレディ・マーキュリーを想わせる歌声のギター&ヴォーカリスト、フレディ・ネルソンとがっちりタッグを組んでの完全ハードロック・アルバムで、ポップでプログレッシヴなポールの魅力と、ブルージーなフレディ・ネルソンの魅力が上手く融合し、素晴らしい内容となっている。

まず、オープニング・ナンバーは、きれいなヴォーカル・ハーモニーから始まる。
そして、ネルソンの伸びやかな歌声。このあたりが後期クイーンのフレディ・マーキュリーとかぶる感じで心地よい。
アップテンポの2曲目では、さらにファルセット・ボイスが入り、シャウトする声もよく似ている。この2曲はネルソンの曲らしい。
3曲目はいかにもポールらしいというか、MR.BIG復活を予感させる曲調。変則的なリズムと約4分という短い時間の中に圧倒的なギター・テクを惜しげもなく披露。
4曲目、5曲共にネルソンの曲で、70年代ロックのようなイメージの曲調だが、4曲目はポップに、5曲目はかなりヘヴィに仕上がっている。二人ともビートルズから影響を受けていると言うことで、時折それっぽいフレーズも耳に残る。
6曲目はポールの曲で、イントロがボストンっぽい(と、ネルソンがインタビューで答えていた)。ソロになってからのポールお得意のポップなハードロック。
7曲目はポールが作ってきた10ccのようなイントロに、二人合作で組み立てていった曲らしい。スローナンバーだが、うねるようなギターが絡みつき重厚さも出している。
8曲目もポールの曲で、あえてシンリジィのような雰囲気を出そうとポールがヴォーカルをとり、ネルソンとポールのツインリード・ギターの聴かせどころを持った曲。ファンキーな曲調がジェフ・ベックっぽくもある。
9曲目は基本ネルソンの曲らしいが、ポールがギター・シンセなどでかなりいじくり回している。
ラストの10曲目、これはすでにTV番組のバックなどでもよく耳にする。ポールのシンプルでポップなアップ・テンポ・ナンバーだが、曲メロがいいので、とっても耳に残りやすい。もちろんギター・ソロは超高速!

これだけの力作、一枚で終わらせるのはもったいないが、ポールはこの後MR.BIGの方へ合流し、つい先日の2/10の東京FMの番組にも、他のメンバーと揃って出演していた。6月には再結成来日公演も行うようなので、ニュー・アルバムのリリースにも期待したいところだ。
  
コメント(3) / トラックバック(0)ハードロック
2009年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)