新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by viagra (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by generic cialis (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy cialis online (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy cheap viagra (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by best payday loans (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy viagra online (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by viagra online (07/21)

新着トラックバック
▼トランスファレンス/スプーン
by Compare Price (07/21)
▼Returns / Return To Forever
by adam and eve (07/21)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by bullet eggs (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by bullet vibrator review (07/21)
▼トランスファレンス/スプーン
by bullet sex toy (07/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by mini bullet vibrator (07/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by where to buy pocket vibrator (07/21)

MAGIC / Bruce Springsteen

1曲目のRadio Nowhere のイントロを聴いただけで、このアルバムに対する期待感が嫌が上にも高まる。
スプリングスティーンのパワフルなギターとヴォーカル、ロイ・ビタンのピアノ、クラレンス・クレモンズのサックス、哀愁を帯びた独特のハーモニカ・・・・。
これは、まさしくBorn To RunからBorn In The USAの頃のブルース・スプリングスティーンの音だ。 

どの曲も実にスプリングスティーンらしい「痛快なロックン・ロール」であるのだが、音がキャッチーで分かり易くなっている。
特にCYour Own Worst Enemyはイントロのストリングスに驚き、後半はオーケストラの壮大な演奏に圧倒される。
この曲なんかは、私の知らないスプリングスティーンの新生面だ。
またEGirls in Their Summer Clothesはタイトルからして、今までのボスには考えられない気恥ずかしいほど爽やかな曲である。
更にスネアの強打から始まるBLivin' In The Futureは「凍てついた十番街」をF I'll Work for Your Loveのイントロのピアノの音は「ジャングルランド」を髣髴 させ、昔と変わらぬ若きスプリングスティーンが帰ってきた事を実感させてくれる。

彼にとってみればこんなアルバムは、イースト・ストリート・バンドと組めばいつでも作れたはずである。
しかし、スプリングスティーンはあえてそれをしてこなかった。
今作がこのようなメジャー・コード全開のアルバムになったのは、古くからの友人であり仕事仲間でもあるテリー・コヴァーンが亡くなり、「物事には限りがある」という事を思い知らされた事が大きいと言う。(テリーズ・ソングというシークレット・トラックが最後に収録されている)

もう一度E・ストリート・バンドと組んで昔のような音を作りたいと思ったのは、58歳の彼からみれば必然的な事だったのだろう。
ILong Walk Homeでは「俺は歩いて帰る、故郷への長い道」というフレーズが繰り返される。元気なうちに自分たちの音楽の原点に戻りたいと思ったとしても、何も不思議ではないのだ。

30年前の「闇に吠える街」のアルバム・ジャケット写真と、この「マジック」のジャケット写真の変化には年輪の重みをズシリと感じる。
スプリングスティーンには失礼かも知れないが、オヤジを通り越して初老の佇まいを漂わせている。
しかし、当時のパワーは30年経っても何一つ失っていない。これは正にスプリングスティーンの「マジック」だ。
まだまだ老け込む年では無いし、暫くの間スプリングティーンは走り続けるだろう。
何故なら彼は「走るために生まれてきた(Born To Run)」のだから。

追記.
スプリングスティーンにはE・ストリート・バンド、エルヴィス・コステロにはアトラクションズという昔から気心が知れた仲間が居る事が、年齢を積み重ねても元気な音を作り出すエネルギーになっているのは、間違いない。
ポール・マッカトニーがなかなか復活できないのは、ウイングスが居ない事が大きいのだろうな・・・。(OASI-Z)

  
コメント(4) / トラックバック(0)ポピュラー・ロック
We Are The Pipettes / ザ・ピペッツ


実はこのアルバム、先日HMVで視聴して気に入り、一度はレジまで持って行こうとしたのだが、予算の関係で断念したものだった。ところが数日後、会社の後輩が買っていたというので、すぐに貸してもらって聞いてみた。
50〜60年代のポップというコンセプトらしく、ゴーゴー(死語か)でも踊れそうな軽快さと分かりやすさをもっている。
曲の長さもほとんどが2分台という短さで、全部で16曲+ボートラ2曲も入っている。演奏はザ・カセットという専属の4人組男性バンドだが、音はもちろんオールド・ポップ風で、わざとリバーブ(風呂の中のような感じ)をかけて古くさい感じに仕上げている。
ただし、実際何度か通して聞いてみても、あまりのシンプルさに、どうも耳に残らない。メロディーも悪くはなく、演奏も安定しているが、何かもう1つ個性がないのだ。
ということで、このCDはしばらく棚の奥へ放置したままになっていた。
だが、今日たまたま見た明石家さんま主演の日曜ドラマの主題歌が、このアルバムに入っている「ビコーズ・イッツ・ノット・ラヴ」という曲で、とってもドラマに合っていて良かったので、さっそく引っ張り出してまた聞いてみたが、何か映像無しだとやはり弱い気がした。
つまりはそういう音楽なのだろう。スピーカーの前でじっくり真剣に聞くタイプの音楽ではなく、何かをしながら、何かを見ながら、さらっと聞き流すととても心地よい音楽なのだ。これはこれでいい。(HINE)
  
コメント(3) / トラックバック(0)ポピュラー・ロック
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)