新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by viagra without prescription (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by viagra without prescription (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy viagra online (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap cialis (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap viagra (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap cialis (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy cialis (09/21)

新着トラックバック
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by Pink Sex Toy (09/21)
▼トランスファレンス/スプーン
by Buy Sex Toy (09/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by Buy Dildo (09/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by vibrator (09/21)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by sex toys (09/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by دوربین های مدار بسته (09/21)
▼トランスファレンス/スプーン
by work from home jobs 2018 (09/20)

Robbers & Cowards / Cold War Kids



北海道に住んでいた少年時代、TVで頻繁に「返せ!北方領土」というCMが流れておりました。
そのCMは「北方四島は日本固有の領土であるのだから、返還して欲しい」というものだったと思います。
ただ、当時は歴史的背景も分からず「とうきび」食いながら「早く返してくれればいいべやな」等と呑気に思っておりました。
少しずつ生活が豊かになっていった日本の昭和40年代、「戦後」も「冷戦」もリアリズムは欠如していたのです。

カリフォルニア出身の新人バンド「コールド・ウォー・キッズ」のデビュー・アルバム。
「冷戦時代の子供たち」というバンド名は、ベーシストのマット・モーストが冷戦末期に東欧を旅した時、新たな世代が台頭する光景にインスパイアされて思いついたもの。
(彼が手掛けたブルーノート風のアルバムジャケットもなかなか秀逸)

これはアメリカで今流行の「エモ」や「スクリーモ」といったメイン・ストリームでは有りません。一言で言えば、モダンでサイケなブルース・ロック。(←一言になってない)
ただ、そこに実験的で斬新なノイズがあったり、クールでブルージーだったり、オルタナティヴ・ガレージだったり…。歌詞もダークでへヴィな部分が多いのに、決してドロドロのアンダーグラウンドなブルースというのでは無く、絶妙なポップ・センスとアレンジが施されているので、大変聴き易い仕上がりになっております。

とにかく1曲目の「We used to Vacation」が圧巻です。この1曲だけで私は完全に打ちのめされました。
ノイジーで切れ味鋭いギターと、重くグルーヴするベースとドラム。
そして何よりもピアノの鍵盤を叩きつけながらテンションの高い中性的な声で歌うネイサン・ウィレットのカリスマ的なヴォーカルは、ロックの新しい夜明けを感じさせてくれます。
他の楽曲の完成度も非常に高く、モノクロームで冷たいハード・ボイルドなサウンドは「弥生寒波」の今にピッタリ。最近のバンドには無い可能性を強く感じる事が出来ました。

少し早いですがこのアルバムは、私自身の「今年のベスト3」に間違いなく入る作品になるでしょう。(OASI-Z)

追記
業界人の注目も非常に高く、2月に行われたロンドン公演ではメグ・ホワイト(ホワイト・ストライプス)、アレックス・ターナー(アークティック・モンキーズ)等がライヴを観に訪れたとの事。
日本公演も5月に決定し、評判のライヴ・パフォーマンスが今から楽しみなところです。
  
コメント(3) / トラックバック(0)オルタナ・ブルース
Entertainment!/Gang Of Four



 雑誌でクラクソンズという新しいバンドのインタビューを読んでいる時、彼らが例えられるバンドに「ギャング・オブ・フォー」の名前を挙げていました。
 という事で今回は「温故知新シリーズ第1弾」(←シリーズ化する気かよ!)としてギャング・オブ・フォーの「エンターテイメント!」を紹介します。(クラクソンズをレヴューしろよ!と突っ込まないでね。何せ音を聴いていないんだから。てか、まだ日本盤は発売されていないし・・・)

 「セックス・ピストルズ以来、最も素晴らしいバンド」とNMEで評され、パンク・ムーブメント全盛の70年代後半の時代に、彼らの金属質なギター・サウンドとダンス・ビートはひと際、異彩を放っておりました。彼らのデビュー・アルバムにして最高傑作の「エンターテイメント!」は1979年に発売され、その後レッド・ホット・チリ・ペッパーやREM、ニルヴァーナといったバンドに多大な影響を与える事になります。(因みにレッチリのデビュー・アルバムは、ギターのアンディ・ギルがプロデュース)

 ギャング・オブ・フォーの最大の売りは、なんと言ってもソリッドでシャープなアンディ・ギルの荒削りなカッティング・ギター。鋭角的なリズムを刻むギターを「これでもか!」というくらい前面に押し出し、聴く者に「痛快感」と「爽快感」を与えてくれます。
 アルバム中、最もキャッチーなナンバーC「Damaged goods」を聴いて貰えれば、そのカミソリのようなギターを充分、堪能してもらえるはず。
 因みにこの曲は、私が選ぶ“ロック名曲ベスト30”(←30かよ!)に入る重要な曲。25年以上経っても、決して色あせる事はありません。

 他の曲も今回このレヴューを書くにあたって、アルバムを久しぶりに聴いてみましたが、無表情なメロディーとヴォーカル、シニカルなリズムのベースとドラム、それらと対照的にメロディを無視したように自己主張する「引っ掻きギター」が実に心地よく、I「At home he's a tourist」ではアドレナリンが増幅し、40過ぎた今でも破壊的な衝動に駆られます。(↑危ないオッサンに要注意です)
 ただ、残念ながら当時は一部の支持を得たもののセールス的にはイマイチで、大ブレイクとは程遠い状態でした。
 まぁMTVもまだ無かったし、インターネットなんて産声もあげていなかった時代だから、仕方がないんだけど。つくづく「早過ぎる音」だったと思います。
 
 2作目以降のアルバムからは徐々にハード・エッジなサウンドが影を潜めてしまい、バンドは84年に一時解散。その後、再結成〜解散〜再結成を繰り返し、2005年のフジ・ロックに来日してオールド・ファンのみならず、若いロック・ファンをも魅了したとの事です。

 バンド名の由来は「中国文化大革命四人組〜Gang Of Four」からとったもの。革命を象徴する赤いアルバムジャケットと政治的な歌詞に彼らの当時の姿勢が伺えます。
 昨年9月に発売された期間限定のデジ・リマ盤(1,500円)は今でも結構見かけますし、レンタル屋にも多分有ると思いますので是非、皆様お試し下さい。(OASI-Z)

追記. HINE様、勝手に「温故知新シリーズ」などと銘打ってNew Discにしてしまいましたが、Artist Guideの方が相応しいようでしたら修正をお願いします。m(__)m

  
コメント(3) / トラックバック(0)オルタナティヴ
2007年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)