新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by armodafinil (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by pharmacy without dr prescriptions (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by provigil generic (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cytotec (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cytotec price (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cytotec (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cialis generic (11/19)

新着トラックバック
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by nipple sex toy (11/20)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by هایک ویژن (11/19)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by طراحی سایت (11/19)
▼トランスファレンス/スプーン
by Digital Tv Set Top Box (11/19)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by how to get free dildos (11/19)
▼トランスファレンス/スプーン
by how to get a dildo in (11/19)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by Rajamangala University of Technology Thanyaburi (11/18)

Grand Funk Railroad / Greatest Hits CD / DVD




2ヶ月ほど前に発売された、その名の通りGFRのベストCD+DVDの2枚組。
GFRのベスト盤は複数リリースされており、今回の選曲に特に記すべきものはない。なかんずく私の様に「不死鳥」以降のGFRに殆ど興味を示して来なかったモノにとっては、「他に相応しい曲が幾らでもあるだろう」とさえ思えてしまう様な「まとも」な選曲バランスになっている。


注目すべきはDVDである。メニューを載せておく。

1.We're An American Band / '73 PV
2.Inside Looking Out / '69 TV“The Show”
3.Some Kind Of Wonderful / '97.4.20 The Palace
4.We're An American Band / '97.4.20 The Palace
5./ '71.9.7 Shea Stadium

まずオープニングはお馴染み「アメリカン・バンド」のプロモーション・フィルムの映像。数年前にGFR○チガイの友人に様々な映像を見せて貰うまで、GFRの映像というとコレしか知らなかった。然しそれも、こんなに長いモノではなかった。今回の映像は、クレイグ・フロストも含めた人間関係が垣間見られるドキュメント風の構成になっていて、12分を超えるもの。整備士になりたかった(デトロイトだなぁ)というメルの当時を感じさせるチョッパー・バイクや、草原で馬を駆るマーク等が随所に登場し、彼等の一面を感じさせてくれる。
次からはライヴ映像で、Inside Looking Out は1969年11月のTV放映だというから2nd.アルバムリリース前後という事になる(日本での発売は'70.1月)。ちょっと武田鉄也を髣髴とさせるマーク・ファーナーが、それでもカッコイイのは贔屓目か。「血管」の名で有名なメッセンジャーのギターソロもイイのだが、その後でメルの弾くベースラインが、とても判り易い画になっている。
3〜4曲目は時代が下って、'97の所謂「ボスニア・チャリティー・ライヴ」の模様。Some Kind Of Wonderful は私にとって「堕落した後期GFR」を象徴する曲で、全く好きではなかったのだが、このステージでの曲は「こんなにカッコヨカッタっけ?」の一言。メルがリフを刻む中、ステージ中央のスタンド・マイク前にスティックでリズムを取るドン・ブリューワーが立ち、歌い上げる。それをギターを持たない(恰幅の良くなった^^)マークがサポートするという図式で、まさかこの曲で鳥肌が立つとは思わなかった。
同日のライヴから「アメリカン・バンド」を挟んで、最後はI'm Your Captain 。ニューヨーク・シェア・スタジアムの伝説となったライヴの映像である。グラウンド前列に仮設スタンドが設けられているのだが、先日の北海道ファイターズ・ファンのジャンプよろしくオーディエンスが跳ぶので、客席が揺れているのが判るという盛り上がり。これはもう、ある年代から上の人間は涙ナシには観られないという出来。


GFRの映像はおそらく豊富にある筈で、悪名高きテリー・ナイトが亡くなって時間が経つに連れて世に出て来る事が予想される。楽しみにしたい。
尚、本作はマーク・ファーナーのサイトで買うと、マークのサイン入りのものが買えるという話しもある。(鷹&虎)
  
コメント(2) / トラックバック(0)ハードロック
Goblin / Profondo Rosso




イタリア責めで^^
御存知Goblinの75年デビュー作、その30周年記念限定盤が2枚組で発売された。

Profondo Rossoは映画のサントラで、邦題は「サスペリア2」。イタリア映画界の鬼才、ダリオ・アルジェントの作品である。彼の作品はこのProfondo Rossoを皮切りに、「ローラー」「サスペリア」「ゾンビ」「シャドー」「フェノミナ」「デモンズ」と、Goblinそしてその中心人物であるクラウディオ・シモネッティとともに歩む事となり、更にその音楽はシモネッティによってDaemoniaに引き継がれて行く。
2枚組である本作は1枚目がオリジナル曲、2枚目に映画で使われたパートや未発表曲、またそのジャズ・アレンジ曲などが1〜2分の小品を中心に29曲収録されている。ジャケットやインナーには映画のシーンがふんだんに載っており、恐怖映画ファンにもアピールする出来に仕上がっているが、個人的にはこういう映画にあまり近付かないので、コメントのしようがナイ^^

それにしても天才シモネッティが、Daemoniaでの方がいきいきとしている様に感じるのは私だけだろうか。(鷹&虎)
  
コメント(0) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
Arpia / Terramare




ココに書こうとしておいてこう云うのもナンだが、私はこのイタリアのバンドについて何も知らない。その音はおろか、名前すらも聞くのは初めてだ。唯一の情報は本作が彼等の3rd.アルバムにあたり、およそ10年振りのリリースになるという事だけである。それなりにキャリアはあるという事か。
そんなバンドのアルバムを何故購入しようと思ったか……、これは只々「イタリア然としたダークさと邪悪さを秘めたヘヴィ・プログレッシヴ…云々」というキャッチに惹かれたからに他ならない。こんな言葉をやり過ごせる程、人間出来てはいないのである^^

音を聴かずに買う場合は「ハズレて当たり前」と思って買う事にしているが、この作品は「当たり」だったと思う。緩急の展開力も豊富で、リズム・セクションもしっかりしている。変拍子を織り込みつつ、思い入れたっぷりの巻き舌全開ヴォーカルに表情豊かなギターとキーボードが絡むという、90年代にArti+Mestieriのペッペ・クロヴェッラが主催したVinyl Magicの一群を思わせる出来だ。10年以上のキャリアがあるという事だから、まさにその辺りの流れから出て来たバンドなのかも知れない。
惜しむらくは、イイ感じに思えるパートがすぐに次の展開に移ってしまう事と、ヴォーカルの声質だ。飽きの来易い声に思える。個人的な好みの問題もあるだろうが、もう少しインスト・パートを増やしても充分聴かせる事の出来るバンドではないだろうか。寧ろ、数曲でフューチャーされている女性Vo.の方がドラマチックで、聴かせ所を心得ている様に感じる。

因みにiTunesではAlternativeに分類されていて、国内バンドHappy Familyを髣髴とさせるギターも随所にみられ、そちら方面のファンに受け入れられそうな曲もある。タイトル曲は圧巻。入手可能なら、1st.2nd.も遡ってみたいバンドだ。(鷹&虎)

  
コメント(3) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
ときめきダンシンTa-Dah/シザー・シスターズScissor Sisters

先行シングルがすでに全英No.1となっているシザー・シスターズのセカンド・アルバムがやっと発売された。
彼ら(彼女ら?)の陽気なイメージからすると、ちょっとジャケットは大人しい感じもするが、中身は相変わらずノリノリの陽気さだ。
先行シングルとなっている「ときめきダンシン」には、なんと御大エルトン・ジョンもゲスト参加し話題となったが、曲自体ビージーズ風(ディスコ調)のよくできたナンバーだ。シングルではカットされていたイントロ部分のギターも新鮮。原題は「I Don't Feel Like Dancin'」。誰がこれに「ときめきダンシン」などという邦題を付けたのかは知らないが、このダサさがとってもいい!
他の曲もバラエティに富んでいながら、どれもよくできている。全部聞き終わると、まるでミュージカルでも見終わったような気分にさせられる。
曲名でめをひくのは「Paul MaCartney」という曲。曲自体はまったくポール風というわけではなく、ハイテンポなファンキー・サウンドなのだが、夢でポールに曲作りのことを質問したとたんに目が覚めて、この曲がひらめいたらしい。
まだ、あまり聞き込んでいないので、全曲を解説していくことはできないが、特に目立ったところでは、エルトン・ジョンがよくやるロックンロール風の2曲目「She's My Mine」、珍しくホーン・セクションを大胆に使った4曲目の「Lights」、ミディアム・テンポの名バラードである5曲目の「Land Of A Thousand Words」、唯一の純粋な女性(笑)アナがリード・ヴォーカルをとるブロンディー風のナンバー「7.Kiss You Off」などが印象的だ。
ちなみにエルトン・ジョンは1曲目の他6曲目の「Intermission」でも曲作りとピアノで参加している。
尚、今HMVでこのアルバムを買えば、付録でThe FeelingなどUKの新人アーティストの曲を集めたオムニバスCD「British Anthems 2006」がもらえる。本体価格1,980円という価格と共に、かなりお買い得感があった。(HINE)
  
コメント(0) / トラックバック(0)ポピュラー・ロック
Focus / Focus 9 〜 New Skin


それほど熱心なファンという訳ではない私にとって、Focus は「Hamburger Concerto」(1974)で止まっている。なのでその後、解散・復活を何度か繰り返しているという彼等の音については、全く知らない。もっとも、その度メンバーは一定ではない様だが…。

然し今回の新作は、私の様なモノにも抵抗なく聴ける作品に仕上がっている。曲によっては拍子抜けするくらいあっさりと、72〜74年頃のFocusサウンドに連れて行ってくれる。とりもなおさずこれは、Thijs van Leer の健在振りを示した結果という事なのだろうが、実は今回dr.に当時の Pierre van der Linden が復帰しており(初めての「復帰」ではなかった様な気もするが)そんな事も要因のひとつかも知れない。
また、ギターの Niels van der Steenhoven なる人物が、パートによってはかなりJan Akkerman 的なプレイを展開していて、その才を発揮している。アルバムを通して殆どの曲を Thijs が書いている中で、1曲彼の曲があり(その名も「Niels's Skin」)他の曲とは違った雰囲気で自身の色を出している。大化けするかも知れない(或いは私が知らないだけ、という人なのかも知れないが…)。

当時の音に浸りたい人間にとってはもう少し、「ヨイロロ・ヨイロロ・ドンパンパン」的な高音ヴォーカルを聴きたい処ではあるが、……だったら、昔の音を聴けばイイか。(鷹&虎)
  
コメント(5) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
New World Record (オーロラの救世主 )/Electric Light Orchestra (E.L.O.)



2001年頃に一度リマスター盤(輸入・国内盤共に〜)が発売されていたと思うが、今回は”紙ジャケ”仕様で、しかもリマスター化も新たに’06最新バージョンへと施され、前回発売時とはまた違う印象を受ける再発”新仕様”盤。

数ヶ月前に事実上のデビュー作〜セカンドが発売されていた。
が、今回はそのバンド形態色が一段と増してきた頃のサード・アルバム(第三世界の曙)から、今盤の6枚目(オーロラの救世主)が第一弾!
第二弾は、”名盤”(アウト・オブ・ザ・ブルー)〜それまでのホーン/ストリングス色が薄まり、よりコンピューターで表現させる方法への印象の80年代初めまでに発表されたアルバムがそれぞれに発売されると言うことだ。(こちらもファンとしては期待♪)

今回紹介させて頂く〜
New World Record (オーロラの救世主)/1976年作品。
は、バンドにとっても言わば”分岐点”的な作品では無かったのではないでしょうか?
アルバム自体もバンド初の”プラチナム(100万枚以上)ディスクを獲得し、代表曲”(2)テレフォン・ライン、(6)オーロラの救世主の収録と共に、アルバム・ジャケットにはその後のイメージを決定付けさせる”円盤”もこのアルバムから登場しています。

この時期の”ELO”はご存知!ホーン/ストリングス色が各曲中に、適度にバランス良く導入・配置され収録曲はどれもポップ感覚の印象なのですが、より深みを増したアレンジにて”おしゃれ度”が高く聴き心地は良い。
なので、よくありがちな安売り的の簡単・簡潔なポップ・フィーリングさは皆無で、どの曲もしっかりと聴こえて来ます。
(その辺りにコンセプト・メーカーとしてのジェフ・リンの才能を感じ観る者も多くいますね?・・・)

次作の”アウト・オブ・ザ・ブルー”への成功を予感させる意味として観ても(聴いても)土台になっている本作の面白味は充分に感じるはずでしょう・・・。

他の収録曲では〜

(3)哀愁のロッカリアはでは、オペラ歌手のマリー・トーマスによるアリアが随所に散りばめられてクラシカルなポップ・チューンを演出し、ロック色も強い。

ギターの力強いリフで始まる、(8)ドゥ・ヤだが、トッド・ラングレンのユートピアやマシュー・スィートなどがカヴァーし、ロックのスタンダード・ナンバーとしても評価高い曲。

(10)以降の”ボーナストラック”は、オリジナル収録曲のインストゥルメンタルを含む”ラフ・ミックス”曲として収録されている。


・・・しかし今回の紙ジャケ盤は、エンボス加工によるジャケ表面の凹凸(おうとつ)までも、しっかりと再現された丁寧な作りで個人的にも好感が持てますっ♪
TVドラマ等で話題になった”トワイライト”(アルバム”タイム”収録)の派手めな感覚とは違いますが、それをキッカケにELO(エレクトリック・ライト”オーケストラ”)を知ったリスナーにこそ、この”New World Record (オーロラの救世主 )”の世界も堪能して頂きたく想います〜(seiichi)

  
コメント(0) / トラックバック(0)ポピュラー・ロック
Shine On / JET




デビュー作からのシングル「アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール」(iPod CMに起用)が大ヒット、今回のシングル「プット・ユア・マネー・ホエア・ユア・マウス・イズ」もハードで勢いのあるロックンロールで期待大なオーストラリア出身バンド JET のセカンドアルバム。
シングルのイメージでノリノリな構成かと思ったのだが、スローな曲やバラードがわりと多く初めて聴いた印象は 「後半だれる・・・」 だった。
しかし、個々の曲の出来が良いので聴きこむほど味が出てくる名盤であることは間違いない。(10数回聴きなおした感想。)

曲調としてはかなり変化があり、ハード、メタル、ビートルズ、ツェッペリン、パンクなど決して新しいスタイルの音があるわけではないのだが、すべてからJETのロックンロールが感じられるのは彼らの強みだろう。

前作を上回ると評価の高いこの作品を聴きながらも、アルバムの構成次第ではまだまだ良くなる可能性を感じました。(moto)
  
コメント(0) / トラックバック(0)ガレージ・ロック
in absentia / Porcupine Tree


アルバム自体は2002年リリースで決して新譜とは云えないのだが、先月(2006.09)末に目出度く国内発売となった作品。Porcupine Tree はそのキャリアの割りに日本での知名度が低く、今年3月に現時点での最新作「Deadwing」(オリジナル・リリースは2005.03)が発売されるまで国内リリースはなかったが、以前からミュージシャンズ・ミュージシャンとして評価の高かったバンドで、今夏のウドー・フェスティバル出演決定を機に風向きが変わり、今秋にはR.Fripp のサポートを受け単独来日公演が決まっており、本作はその来日記念盤ともなっている。

このアルバムからdr.が現在のGavin Harrison に代わっており、それまでのどちらかと云うと浮遊感のあるサウンドから、縁取りのはっきりしたハードな音に変化している。中心人物のSteven Wilson は実に様々なプロジェクトを同時並行的に展開している人で、メインであるとは云えPTとしての活動もそのひとつであった訳だが、この頃から音楽集団としての位置付けからバンドとしてのそれへと移行を計った様に思える。実験的な側面は後に下がり、明快なサウンドが前面に出ている。以前の音造りに魅力を感じて彼等を聴くようになった身としては、多少複雑な想いもあるが……。G.Harrisonは、同時に発売されたDVD「Arriving somewhere …」の中で打楽器に対する造詣の深さを見せるクリップを収録しており、コチラも素晴らしい出来になっている。Colin Edwinのクリアなベース・ラインとのリズム・セクションは必聴と云える。

因みにS.Wilsonは、97年のJBK(Jansen / Barbieri / Karn)来日公演に参加していたのでご覧になった方がいるかも知れない。(鷹&虎)
  
コメント(0) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
Open Door / Evanescence

待ちに待ったエヴァネッセンスのセカンド。公式サイトのメンバー近況写真などを見て、さらにゴシック色を強めたのではと期待したが、そうでもない。
かといって、明るくなったわけでもなく、やはり前作同様重苦しい感じがする(悪い意味ではなく)のは変わりない。
しかし、曲は全体的に前作よりとっつきやすく、「これだ!」という曲(キャッチーという意味)はない代わりに捨て曲もなく、とてもよくできたアルバムだと言える。
また、モーツァルトの曲をサンプリングするなど、クラシック色も少し増し、ピアノやオルガンが効果的に入るところもなかなかいい。
新境地は11曲目の「Your Star」、もの悲しいピアノから入り、表現力を圧倒的に増したエイミーのヴォーカル、そしてナイトウィッシュを想わせるスケールの大きくなったオーケストレーション、どれもがすばらしい。オルガンや教会音楽風コーラスはアルバム中一番ゴシック的かもしれない。名盤の予感!
尚、初回限定のオマケDVDは、シングル・カット曲のプロモ1曲のみで、あとはどうでもいいメイキングもの。これはちょっと寂しい・・・。(HINE)
  
コメント(1) / トラックバック(0)ゴシック・メタル
2006年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)