新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by armodafinil (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by pharmacy without dr prescriptions (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by provigil generic (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cytotec (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cytotec price (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cytotec (11/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cialis generic (11/19)

新着トラックバック
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by nipple sex toy (11/20)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by هایک ویژن (11/19)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by طراحی سایت (11/19)
▼トランスファレンス/スプーン
by Digital Tv Set Top Box (11/19)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by how to get free dildos (11/19)
▼トランスファレンス/スプーン
by how to get a dildo in (11/19)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by Rajamangala University of Technology Thanyaburi (11/18)

I THINK WE’RE GONNA NEED A BIGGER BOAT / THE BPA

とにかく「Toe Jam(邦題:足指ダンシング)」のPVを観て貰いたい。

http://www.youtube.com/watch?v=6hi99JdeBeY&feature=related

これは、エロスを超越した大人の娯楽作品。そのバカバカしさに誰もが釘付けになってしまうのは間違いない!
全編に亘る味付け海苔(笑)の華麗な動き、特に後半に出てくるこのアルバムの中心人物ノーマン・クックの「回転ぐるぐる」の離れ業は見事。
この曲のヴォーカルは、あのトーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンとUKの若き異才ディジー・ラスカル。
でも、この曲とふざけたビデオが実に見事にマッチングしているんだな。

そもそも「BPA」って何だ?という話だけど、その昔(1970年代後半)にブライトン・ポート・オーソリティ(略してBPA)という名前のユニットが、様々なミュージシャンを集めて、お酒を飲みながらジャム・セッションを行っていた(らしい)。その時の貴重なテープが2007年9月、再開発が進むイギリスのブライトン港周辺の倉庫から発見された。(多分ジャケット写真の積み重ねられたテープが、それ)
イースト・サセックス在住の音大教授ラドルフ・シール博士(って誰だよ?)は、このテープの発見に衝撃を受け、このマスター・テープは正に『宝の山』だと興奮気味に語った・・・。
そのテープをリマスター処理して、遂に日の目を見たというわけだ。

それが真実かどうかはこの写真を見れば一目瞭然なのだが(笑)、前フリは冗談でも音の方は実に真面目な大人のダンス・ミュージック・アルバムに仕上がった。

先ずはM-1の「He's Frank」のドスの効いた声に度肝を抜かれてしまう。この声の主はイアン・デューリーかナイトウォッチマン(トム・モレロ)か?と思ったらあのイギー・ポップ御大。しかも曲がニューウェーヴ全盛時代のギター・バンド“モノクローム・セット”が、79年に発表したデビューシングルのB面というシブ〜いカバー。
でも、これがいいんだな。ギター・リフは原曲の趣を残しながらも、スカっぽい音処理と独特の声が原曲を解体してしまっているので、全く新しい曲に聴こえる。ツー・トーンの能天気さも蘇る。(このビデオも秀逸!)

他では、ノイジーなギターが実験的でありながらも、メロディがポップなM-2「Dirty Sheets(邦題:汚れたシーツの下で)」、元祖オルタナティヴと言えそうなM-7「Rocal Town(邦題:欲望ローカルタウン)」もクセになりそうな1曲。
メロディが“Jポップ”しているM-11「Superman」はこのアルバム一番のキャッチーなナンバー。M-13「Toe Jam(邦題:足指ダンシング)」は冒頭の「おバカ」ビデオに注目が集まるが、トーキング・ヘッズの後期を思わせる陽気なリズムとヘラヘラ・ヴォーカルがツボ。
そして、ラストはパブ・ロックの大御所ニック・ロウが76年に発表したデビューシングルA面のカバー「So It Goes」。原曲のシンプルなロックン・ロールの佇まいは微塵も感じさせず(笑)、オルガンが心地良い穏やかなナンバーで、このアルバムは幕を閉じる。

アルバムの仕掛け人はファットボーイ・スリムのノーマン・クック。
コンセプトは「楽しく、そしてユル〜く」。あの「全裸で大集合!」と言わんばかりの快楽主義的な写真を見せつけられると、「おちゃらけたコミック・アルバム?」と思いがちだが、ニューウェイヴ、パンク、ファンク、レゲエ、ヒップホップ、更にはバラードも有り!とバラエティに富んだクオリティの高い作品群が収録された本作は、決して散漫にならずにトータルなセンス溢れるアルバムになった。
これは単なるオムニバスの域を超えた、『宝』がぎっしり詰まった楽しくて素晴らしいアルバムだ。

因みに「構想40年、製作時間30年!?英国ブライトンより愛をこめて」とCD帯には書かれております。(OASI-Z)
 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_88.htm 
コメント(2) / トラックバック(41)ニュー・ウェイヴ
生命の大航海 / モデスト・マウス

「オルタナティヴ」というよりも、実に「ニュー・ウェーヴ」。
このアルバムを聴いた第一印象である。

モデスト・マウスの通算5枚目のアルバム「生命の大航海」は、全米チャートで初登場1位に輝いた。その割には日本での盛り上がり方がイマイチなのは、レコード会社のプロモーションが悪いのか?
私自身もこのアルバムを聴いたのは、発売されて数ヶ月経ってからという有様。名前は知っていても 音に接する機会が無く、事前の情報としては、元スミスのジョーニー・マーがギターで参加したらしいという事以外に特筆すべきものは無かったのだ。
正に音を聴いていなかったのは「大後悔」である・・・。

シングル・カットされたA「Dashboard」に完全にヤラレてしまいました。小気味良いイントロのカッティング・ギターとキャッチーなメロディ。曲の半ばにホーンが導入されてからの展開と高揚感は、80年代前半「ブラック・シー」「イングリッッシュ・セトゥルメント」を発表した頃のXTCを想起させる。
これは、まさしく70年代末〜80年代前半に私が最も傾倒した「ニュー・ウェーヴ」なのだ。
いわゆるパンクが終焉を迎えた後、パンクから進化した形でギターを中心としたロックン・ロール・ビートとセンス溢れるメロディとアレンジ、ヴァラエティに富んだ音楽要素を持ったロック・ムーヴメントが起きたのだが、その頃の音に近い印象。
さらにヴォーカルが、あの「レココレ80年代ベストアルバム」に輝いたトーキング・ヘッズのデヴィッド・ヴァーンを髣髴させる怒涛のヴォーカル。ニュー・ウェーヴ世代の私には、涙モノのアルバムと言える。


アーケイド・ファイアのような盛り上がり全開ポップのC「Florida」、コーラスとギター・ソロが哀愁を漂わせるミディアム・ナンバーE「Missed the Boat」、アイザックとジョニーのツイン・ギターのアンサンブルと説得力あるヴォーカルが印象的なK「Spitting Venom」など、80年代「ニュー・ウェーヴ」を継承しつつも、自分達の基本スタイルをしっかり持っている。
USのメイン・ストリームになりつつある「エモ」「スクリーモ」「メロ・コア」とは違う、音楽を少し聴きこんだロック・ファンから支持を受けそうな音である。

とにかくアイザック・ブロックの迫力あるヴォーカルがもたらす高揚感が圧倒的。そして、そのアイザックをサポートするジョニー・マーのギターが躍動感があって、これまた素晴らしい。ジョニーにとっては、モリッシー以来の自分のフィーリングに合ったヴォーカリストとの出逢いと言っても過言じゃないのだろう。
10歳以上の年齢差がジョニーと他のメンバーとの間に有るのだが、全く違和感は感じない。何故ならギターの音は年を取らないのだから。

海をテーマにした楽曲が並ぶ今作品と、今夏のサマソニのパフォーマンスで日本でもきっとデッカイ魚を釣り上げてくれた事と思う。
彼らがこの先どのような航路を進んで行くのか、非常に楽しみである。
(OASI-Z)

  
コメント(1) / トラックバック(0)ニュー・ウェイヴ

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)