新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by viagra coupons (10/18)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by essay writing service (10/18)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cialis coupon (10/18)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by best canadian pharmacy online (10/18)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by paper writers online (10/18)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by modafinil (10/18)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by canadian online pharmacy (10/18)

新着トラックバック
▼The Album / Wilco
by fake love bracelet screwdriver (10/18)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by configuraciones (10/18)
▼The Album / Wilco
by pre owned calibre de cartier copy (10/18)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by suterh (10/18)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by بازاریابی محتوا (10/18)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by هایک ویژن (10/18)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by Waveguide components (10/17)

Returns / Return To Forever
【30年以上の時を経て復活したRTFの快演】



リターン・トゥ・フォーエヴァー、オーバー40(歳)の方々ならその名に反応するのではなかろうか? そう、70年代前半にウェザー・リポートとともに一世を風靡したフュージョン・グループである。そのRTFが何と30年以上の時を経て、昨年再結成され我々の前に戻ってきた。メンバーも最強と謳われた、
 ・チック・コリア (key)
 ・アル・ディ・メオラ (g)
 ・スタンリー・クラーク (b)
 ・レニー・ホワイト (ds)
であり、かつてRTFにハマったオヤジ達にとって、まさに待ち望んだ再結成ではなかろうか。
本作は2008年ワールドツアーのベストセレクションとなっており、人気曲が目白押しである。

DISCの一枚目は「第7銀河の賛歌」、「バルカン・ワールズ」、「女魔術師」、「ノー・ミステリー」の人気曲の他に、アル・ディ・メオラがソロで自分の持ち曲である「パッション・グレース&ファイア」や「地中海の舞踏」を、またチック・コリアとデュエットで名曲「スペイン」を演奏する。昔と変わらぬ、いやそれ以上に成長、円熟した白熱の演奏は圧巻である。 
特にアル・ディ・メオラの熱演は素晴らしいの一言である。 時代の潮流により舞台の袖に押しやられ、'80年代以降あまり目立った活動が聞かれなかったディ・メオラだが、ここでは水を得た魚の如く縦横無尽に弾きまくる。'70年代にはゲイリー・ムーアを始め、多くのギターリストに影響を与えた早弾きも健在である。

DISCの2枚目は「浪漫の騎士」を中心にチック・コリア、スタンリー・クラーク、レニー・ホワイトのソロが奏でられる。若干間延びした印象を受けるが、各人の演奏に注目すれば、こちらも素晴らしいの一言に尽きる。(個人的には「浪漫の騎士」は大好きな曲なので、もっとストレートに演奏して欲しいとは思うが。。。)

このユニットが解散した'70年代後半は、ジョージ・ベンソンやアール・クルーのようなAOR的フュージョンが台頭し、やがてそのブームも終焉しフュージョンという言葉も死語となってしまった感があった。しかし今冷静に振り返ると、ロックファンをも巻き込んで盛隆した演奏スタイルには普遍性があった。
本作はその普遍性を証明する素晴らしいサウンドと演奏を、時を越えて伝えてくれる傑作と言える。

圧倒的なテクニックと創造性、ロック的な興奮とジャズ的な洗練の融合、フュージョンを知らない若い世代にも是非聞いて頂きたい一枚である。
(Newk)
 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_92.htm 
コメント(7) / トラックバック(424)フュージョン

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)