新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by generic cialis (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by online payday loan (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by generic viagra (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap cialis (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by payday loans no credit check (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy viagra (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cialis (05/28)

新着トラックバック
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by 創造101DVD (05/28)
▼Nights Out / METRONOMY
by Creative wedding photographers Auckland at Lightscript (05/27)
▼トランスファレンス/スプーン
by ride sex toys (05/27)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by bullet sex toy (05/27)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by adam & eve sex toys (05/27)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by adam and eve sex toys (05/26)
▼トランスファレンス/スプーン
by best sex toy cleaner (05/26)

UNDER A DARK SKY / ULI JON ROTH

前作『メタモルフォシス』(ヴィバルディ〜四季〜)から5年、ロックアルバムとしては『Prologue To The Symphonic Legends』から実に12年ぶりの新作である。ウリ・ジョン・ロートというとジミ・ヘンドリックス派のギターリストと片付けてしまう人が圧倒的に多いと思われるが、今のウリにはその面影は一切ない。本作は12年前の『Prologue 〜』同様に、シンフォニック・ロックを突き詰めた作品である。

ウリ曰く、「マネージャーから”今度はロック作品を”と言われ、それならやってみようと思い、作ってみたら”新たなSKY OF AVALON”(Prologue 〜のことを指す)が出来てしまった。」ということらしい。更にウリは、「リンゴの木にオレンジは成らず、リンゴしか成らない。」とも言っている。 つまりスコーピオンズ時代やエレクトリックサン時代のようなハードなロックは(自分名義では)作らないということを暗に言っているようにも感じる。

本作にはウリ本人が書いた長い解説が付いている。それによると「今の世界は全体主義が支配するようになっている」そうで、その危機感とかそういう状況下での精神世界を描いているらしい。(ホント天才の言うことはよく分からん。。。) ウリが述べていることは受け入れ難いのでここでは言及しないが、ウリが感じている社会情勢、政治感を架空の古代帝国の圧制に準え、シンフォニックで壮大なドラマとして描いている作品である。

オープニングの「S.O.S.」はモールス信号のリズムをモチーフにして作曲され、物語のプロローグを奏でる。その後この壮大な物語を、ストリングス、オペラティックに歌うヴォーカル陣(嬉しいことにウリ先生は歌っていません(笑))、ギター仙人と呼ばれる巨匠の卓越したギター演奏をもって表現していく。そしてエンディングは12の小曲からなる20分を超える組曲で結ばれている。最近では珍しいコンセプチュアルな作品であり、聴き手に対しても真剣に聴くことを要求する、ウリが言うところの”厳しい作品”である。

多分に産業化した現状のロック業界では、本作は賛否両論、いやそれどころか商品価値が少ない故に話題にもされずに葬られる可能性だってある。それでも迷うことなくこれだけの作品を創造するウリ・ジョン・ロートという人はつくづく”真のアーティスト”なんだなぁと感じてしまう。クラシック調ロックであればイングヴェイ・マルムスティーン、クリス・インペリテリ等のネオクラシカル派も存在するが、彼らとは根本的に違うと思う。ネオクラシカルを詳細に聴き込んでいないので安易な言動は出来ないが、ウリの音楽は表現に重きが置かれ、その手段としてクラシック、特に交響曲の手法が使用されている。クラシック風の旋律を演奏する為には高度な技術は不可欠であるが、ウリの場合決して自らの技術の高さを喧伝したり、バカテクをパフォーマンスの一環としている訳ではなく、あくまで己の音世界を表現する為の手段として使われている。

ウリが創造するシンフォニックなロックはまったく新しいスタイルのロックである。ロックに革新性を求めているリスナー諸氏には是非この作品にトライしてみて欲しいと思う。賛否どちらでもいいので、何かを感じたら是非御意見を聞かせて頂きたく思います。
(Newk)
 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_76.htm 
コメント(3) / トラックバック(2)シンフォニック・メタル
ダーク・パッション・プレイ/ナイトウィッシュ

このバンドの特徴は、なんといっても本物のオペラ歌手とメタルサウンドを組み合わせたゴス・シンフォニック・メタルあったが、その看板ヴォーカリストであったターヤが抜け、今後はどうなってしまうのかという期待と不安で、このニューアルバムのリリースを待ち遠しく思っていた。いや正確には不安の方が90%以上を占めていたかもしれない。残り10%の期待を込め、祈るように完成を待っていたというのが本当のところだ。
その間、新しいヴォーカリストのアネットがオーディションで選出され、ファースト・シングルの「エヴァ」が発表されていたが、そのアネットの歌声はあまりにも素直で普通に聞こえたため、「あー、これでもうナイトウッシュも終わりか・・・」という気がしていた。
しかしながら、このニュー・アルバムを聞いてみて、予想は見事に覆された。もちろん良い方へだ。
リーダーであるツォーマス(key)の才能はいったいどこまですごいのだろう。楽曲自体の良さも変わらぬまま、ますます進化したシンフォニック・サウンド、特徴はあまりないが素直で声量があるアネットの声を生かし、各楽器も今まで以上に前面に出て激しいプレイをしている(今まではターヤの美しい声を最大限に生かすため、唄っている場面では楽器は大人しくせざるを得なかったのだ)。
また、サウンドの幅も格段に広がっている。これも多彩なサウンドに対応できるアネットが加入したからこそ成し得たことだろう。ただし、以前のような曲調のものは、やはりターヤの声が脳裏をよぎり、どうしても比較しながら聞いてしまう。このあたりは今後の課題としてツォーマスに頑張って違うタイプの曲をかいてもらうしかない。

まだ聞き込みが足りないので、全曲のコメントは控え掻い摘むが、とにかく1曲目からいきなり5部構成による14分近い大作に圧倒される。ロック・オペラを歌っていたこともあるというアネットに向けての歓迎曲なのか!?この手の曲では正直ターヤの方が上手いと思われるが、それにしても曲が素晴らしい。
逆にアネットの良さが出ているのはセカンド・シングルとなった3曲目の「アマランス」、同じフィンランド出身ということで影響されたのか、「ワルタリ」のサウンドにも通じる4曲目の「ケイデンス・オブ・ハー・ラスト・ブレス」、珍しくギターのエンプがかいた9曲目の「フォーエバー・ブリングス・ザ・ナイト」、そしてラスト13曲目のバラード「メドウズ・オブ・ヘヴン」、この曲が一番アネットの可能性を感じさせる。民謡風の静かな出だしから、しだいに教会音楽のような荘厳な雰囲気に変わり、最後はゴスペル風コーラスも入る壮大なスケールの曲だ。
変わり種では、ジェスロ・タルっぽい10曲目の「ザ・アイランダー」。この曲はベースのマルコ・ヒエタラ作曲で、リード・ヴォーカルも自身でとっているのだが、いつものワイルドなシャウトではなく、イアン・アンダーソン(ジェスロ・タル/vo)そっくりに歌っているところが面白い。
日本盤には、この後14曲目にボーナス・トラックが入っているが、これが一番いただけない。だからボーナス曲なのだろうが、イントロのギターリフがもろに以前のナイトウィッシュ風で、いやが上にもターヤの残像を思い浮かばせる。もしこの曲をターヤが唄っていれば・・・そう思わずにはいられない。
本作で彼らが完全に生まれ変わったとはいえないまでも、生まれ変わろうとしている段階として、まずまずの良い結果を残した言えるだろう。アネットとの新生ナイトウィッシュはまだ始まったばかり、これからのさらなる進化にも大いに期待したい。(HINE)



続きを読む...
  
コメント(1) / トラックバック(0)シンフォニック・メタル

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)