新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by viagra (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by generic cialis (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy cialis online (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy cheap viagra (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by best payday loans (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy viagra online (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by viagra online (07/21)

新着トラックバック
▼トランスファレンス/スプーン
by Compare Price (07/21)
▼Returns / Return To Forever
by adam and eve (07/21)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by bullet eggs (07/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by bullet vibrator review (07/21)
▼トランスファレンス/スプーン
by bullet sex toy (07/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by mini bullet vibrator (07/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by where to buy pocket vibrator (07/21)

ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー




 申し訳ねえ。
 おいら、どうしたってクーラ・シェイカーが好きなのです。
 彼らの持ち味がグルーヴとかインドにあり、と今でも思っている古参の方、ごめんなさい。賛同しつつも、それは賛同しかねます。
 というのも、復活第2作の『ピルグリムズ・プログレス』が、本当にいい「作品」だからです。
 今までのクーラは、「ポーズ」的にインド要素を使っていました。それに限界を感じたのが、奇しくも復活作だったのです。なので、彼らはそれを醸し出しつつ無難な作品を作り、様子を見てから、急に方向転換しました。
 というのも、本作はすべからく「キリスト教的」なのです。
 タイトルになっているのがイギリスの文学書なのもあり、いきなり風呂敷を広げています。そこへきて、以前のような「『ヘイ・デュード』で盛り上がれればいいんだろう?」といった感じはなく、全体を通して感じてくれ、というアルバムです。
 つまり1曲1曲の魅力にはやや欠ける面はありますが、その分、全体の完成度というか統一感がすばらしいです。思えば今までのクーラは多国籍軍のような楽しみがあったのに対し、今作はそうじゃありません。全体が調和しているのです。
 なので、以前のようにグルーヴ重視のファンでありましたらば、本作はノレないことをご承知ください。何せ、殆どの曲がアコースティック重視ですので。
 そのうえで、『ホワイト・アルバム』あたりのビートルズが好きな方ならば、聴いてみて損はしないだろうとも申し上げておきます。
 つまりね、本作は「ファンのあいだでできたクーラ・シェイカー像を楽しむ」作品ではなく、「ファンとともに成長した現在のクーラ・シェイカーを楽しむ」作品であるのです。
 もし仮に、あなたがクーラ全盛期のシングル乱発を危惧しているのなら、本作は2枚組の「輸入豪華盤」を買いさえすれば音源的には事足りるとも申しておきましょう。
 私は愚かながら、同世代的に過ごしてきた彼らが、どうしたっていとおしいのです。純粋な評価とは違いますが、成長したなあ、と思うことしきりなのです。
 そういった感慨のあります方ならば、お酒をかたむけつつ、ああクリスピアンはいまでもイケメンだなぁ、と思えるでしょう。
 そんなファンとともに成長できるバンドなど、なかなかないではありませんか。
 私は、音楽生命果てるまでクーラとともにいることを誓います。
 ジョージの血を生き継ぎ、ビートルズを意識しつつ、古参ファンの期待にも応えながら、新世代に反応しているのですから! (KEN)
  
コメント(94684) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
デヴィッド・ギルモア『狂気の祭典〜ライヴ・イン・グダニスク』


「追悼、リチャード・ライト」

 ピンク・フロイドのギタリスト/ヴォーカリスト、デヴィッド・ギルモア初のライヴCDは、海外盤では5種類もの違う仕様を用意した、力の入った豪華なものだった。日本では、フル・セットの初回盤と通常盤の2種類のみ用意されたが、それで充分だと思う。以下、初回盤(3CD+2DVD)での話をさせて頂く。
 初のライヴCDではあるが、今までギルモアはライヴDVDを2作リリースしてきている。本作にも2枚のDVDが付属しており、純粋にはライヴCDとは言いがたい作品だ。ポーランドでのライヴの模様をCD2枚に収め、DVDには113分にもおよぶコンサート映像やドキュメンタリーを収録。初回盤付属のもう1枚のDVDには様々なライヴの抜粋と、最新ソロ作『オン・アン・アイランド』の5.1チャンネルDVDオーディオも収録されている。さらに様々なライヴを収めたライヴCDがもう1枚、初回盤には付属している。
 本体は、ポーランドのオーケストラとともに、自身のソロ楽曲のほか、フロイド楽曲を披露している。それだけであれば『覇響』と何が違う、と言いたいところだが、オーケストラと共演しているところが大きな違いだ。特にオーケストラとの共演で初めて上演されるというフロイド楽曲はファン必見。今までフロイド・ナンバーをオーケストラが演奏することはあったが、メンバー込みでの演奏は初となる。こと『狂気』からのナンバーが目立ち、また注目される。表現力豊かで伸びやかな、時に激しく、時に優しいギルモアのギターとオーケストラが融合しているのはなかなかに聴き応えがあるものだ。
 それ以外にもうひとつ、最大の見どころがある。それは、盟友リチャード・ライトの最後のステージ姿を収めていることだ。
 本作のリリースを待たずして、フロイドのオリジナル・メンバーであり、ギルモアの良き理解者でソロでもバンド・メンバーだったライトは逝去してしまった。シド・バレットに次ぎ、2番目のフロイドでの鬼籍に入ったメンバーになる。皮肉なことに、リーダー、サブ・リーダー、の順番で逝ってしまった。
 そのライトが、あの独特の「ホヮンホヮンした」キーボードの音色を存分に聴かせてくれる。曲によっては、主役であるギルモア以上にその存在感を感じることもある。特に、ライトがヴォーカルをとった「コンフォタブリー・ナム」は過去最高の出来で、エクステンドされまくって9分もの熱演になっている。封印を解かれた大曲「エコーズ」でもその存在感は明らかだ。
 シドを偲んだ「天の支配」でもライトは半分ヴォーカルを担当し、ボーナスDVDではフロイド・メンバーになれなかった苦悩を綴った最もライトの意思が強く出た「ウェアリング・ジ・インサイド・アウト」が収録されている。

 その雄姿を眺めていると、深い感慨に襲われてしまう――“Wish you were here”――しかし、フロイド・サウンドの「核」であるライトは、本作があればいつでも再会できる。そして最高の演奏を残してくれた。
 当初はタイトルからして「また『狂気』という単語を使ったか」という偏見と、ファンさえ困惑してしまうような別仕様だらけのパッケージから、余り期待はしていなかったが、ライトの逝去と、作品の充実度により自然と味わいが深くなった。
 謹んで、ライトのご冥福をお祈りしたい。
 それと共に、いつまでもギルモアが健在であり、フロイドの「音」を後世に伝えていってほしいと願う。(KEN)
  
コメント(3) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
The Bedlam In Goliath〜The Mars Volta
The Mars Voltaの4thアルバム、The Bedlam in Goliathが一月の終わりに発売になりました。The Mars Voltaをご存知の方もそうでない方も、一度聞いてみる価値があると思います。
一応、プログレッシブ・ロックだといわれていますが、色々な要素がありすぎて、(ラテン、ジャズの要素もあれば、実験的な要素もあったりする)ジャンル分け不能なバンドの一つだと思います。ファーストアルバムのフリーや、現在もコンサートやレコーディングにジョン・フルシァンテらレッチリのメンバーが参加しているのをみれば、このバンドの質の高さは想像ができると思います。
今回のアルバムは、イスラエルでのツアー時にボーカルのセドリックが買ったOuija board(「こっくりさん」のようなもの)が原因の不思議な出来事に触発されて作られたそうです。この「ゲーム」(彼らは、ゲームと呼んでいるのですが、異界との通信をするものですよね。。。)を手に入れて以来、バンドの関係者が事故にあったり、バンド解散の危機に陥ったりと色々な問題が続発したそうで、このアルバムの歌もそれらの問題の元になっている「なにか」を封じ込めるためにレコーディングしたとのことです。
________________________________________

The Bedlam in Goliath (ゴリアテの混乱)
集録曲
Aberinkula (アフリカのドラムの名前で、「信じざるもの」の意味)
Metatron (神の声を伝える大天使の名前です)
Ilyena (女優Helen Mirrenの本名から取った名前)
Wax Simulacra (蝋でできた神の人型)
Goliath (聖書に出てくる巨人。ダビデにやっつけられる)
Tourniquet Man (採血の時に血を止める「あれ」がTouniquet。「採血人」かな)
Cavalettas (いわゆる「妄想族」のこと)
Agadez (ニジェールの都市名)
Askepios (つづりがちょっと違うが、ギリシャ時代のカリスマ医師で、半神)
Ouroborous (口で自らの尻尾を噛んでいる円形の蛇の紋章)
Soothsayer (自分勝手な未来予想をする人)
Conjugal Burns (結婚のやけど・結婚が原因の焼け跡)
_____________________

どの曲も、実験的な要素がありつつも、ノリが良いのでスッキリと楽しめると思います。The Mars Voltaの曲を聴いた事がない人は是非このアルバム(もしくは、ファースト)から始めてください。聞けば聞くほど味わいが出てくるバンドで、すっかりハマッテいます。

(funky_renegade)
  
コメント(4) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
Concerto Grosso 3: The Seven Seasons / New Trolls

「コンチェルト・グロッソ・ライヴ」(2002年発表)以外のアルバムを聴いたことがないので、詳しいことは語れないが、ニュートロルスは1967年デビューの(デビュー時はポップ・バンドであったらしい)イタリアン・プログレの大ベテラン。

以前聞いたライヴ盤は主にコンチェルト・グロッソの1(71年)と2(76年)からのベスト選曲であったが、本物のオーケストラと共演したその演奏は実に感動的で素晴らしいものだった。
しかしこの時は、プログレが本当にプログレッシヴ(=進歩的)だった時代の遺産的な魅力に感動していただけだったかもしれない。演奏は近年だが、曲自体は70年代に作られたものだからだ。だが、今作のコンチェルト・グロッモ聞くと、現代がまだ70年代であるかのような錯覚に陥れられる。そう、彼らの頭の中はまだ70年代なのだろう。
それを善しとするか悪しとするかのプログレ論はさておき、リアルタイムで70年代サウンドが聴けるとは実に貴重な体験なので、ぜひ若いプログレ・ファンも聞いてみていただきたい。

こういったアルバムは、曲レベルよりも、全体を聞き終わってどうかという判断が正しいと思うが、全体を通し、アコースティックな音へのこだわりが感じられ、当然といえば当然だが弦楽器を中心としたシンフォニックな面がかなり強い。だからといって、シンセサイザーやサウンド・エフェクトを排除しているのかといえば、そんなことはなく効果的にさりげなく使いこなしている。また、どこを切り取ってもメロディー・ラインがすばらしい。よく今でもこんな曲がかけるものだと感心する。
クラシカルな旋律はもちろんのこと、イタリア歌曲的オペラティックな展開、カンツォーネやアフリカ民族音楽、12曲目あたりのピアノ・ソロではキース・ジャレット(ジャズ・ピアニストの巨匠)を想わせるジャズっぽい面までも覗かせている。

リアルタイム・プログレ世代にはなんとも懐かしく、リアルタイムを知らない世代にはリマスター音源でない、生の70年代プログレ・サウンドとして、それぞれ充分楽しめるはずだ。(HINE)
  
コメント(0) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
Awakening of The Elements / Lost World




コレは凄い!フルート、EVをフューチャーしたロシアの超絶テク3人組の06年新作2nd.アルバム。気が早いかも知れないが、今度の年末に「今年聴いたこの1枚」なんてのを選ぶ際に、非常に高いハードルとなる作品だと思う。今年コレを上回る作品に、何枚出会えるだろう……。

アルバム自体は3〜4分の曲が中心になっており、長くても6分台なので所謂大作めいた曲はナイのだが、ひとつひとつの曲の中身がとても濃い。1曲の中での展開も多岐に渡り、隣り合った曲のタイプが全く違うなど、とにかく彼等の引き出しの多さを痛感させられる1枚となっている。
同じロシアという事でLittle Tragediesや、クラシカルな一面をハンガリーのAfter Crying等と比べる向きもある様だが、個人的にはLost Worldが一歩擢んでている印象を持つ。
硬軟、柔剛、併せ持ちながらもその背景には一本筋が通っている……、そんな感じの作品である。大スイセン盤!
例によってインストですが……。(鷹&虎)
  
コメント(0) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
The 7 Samurai “The Ultimate Epic” / Various Artists




ジャケットを一瞥して退かないで頂きたい。コレは日本を揶揄したりしているのではなく、クロサワの「7人の侍」をテーマにしたアルバムである。フィンランドのプログレ誌Colossusと老舗レーベルのMUSEAとの共同企画モノで、シリーズ化しているらしい。今回収録されているのはCap(イタリア)、Tempano(ヴェネズェラ)、Taproban(イタリア)の3バンドで、楽曲は20分以上、ミニ・モーグ、メロトロン、ハモンドなどのアナログ鍵盤を使って70年代ヴィンテージ・サウンド(って云うんだそうだ)を新録音で展開する、というルールがあるとの事。

それぞれが「侍」(Cap)「農民」(Tempano)「盗賊」(Taproban)をテーマに曲を演奏しており、かなり上質のシンフォニック・アルバムとなっている。特にTempanoは初めて聴いたが、非常にテクニカル、且つ緩急を心得た演奏に惹き込まれる。デビューは79年と云うから大ベテランだが枯れた風でもなく、70年代特有の大仰な振りかぶりサウンドを継承している。この手のモノがお好きな方にはオススメ。(鷹&虎)
  
コメント(1) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
MAGMA / MYTHES ET LEGENDES (DVD)




昨年5月にフランスで行われた、結成35周年記念のライヴを収めたDVD。全4集予定の第2集が発売になった(輸入盤)。先に発売された第1集も見送っているので当初コレも買うつもりではなかったのだが、曲目リストの中に「De Futura」の文字が見えたのでつい買ってしまった……。


クリスチャン・ヴァンデにしてもヤニック・トップにしてもその動く姿を拝むのはこれが初めてなので、既に御存知の向きからは「ナニを今更」という声が聞こえてきそうだが、本作は衝撃のDVDである。いや、衝撃的なのはMAGMAの存在そのものか。
一体この音楽集団の集中力というものは、何処から来るのだろうか。本作に納められている「WURDAH ITAH」と「MEKANIK DESTRUKTIW KOMMANDOH」は、何れも40分を超える大作である。それを間断なく演奏し続け、ほぼ全員が客席を向いてメンバー間のアイコンタクトも無しで、転調、テンポのアップダウン、コーラスとのバトル……等、全てをやってのける。その姿は既にミュージシャンとしてのそれではなく、闘う修行僧達と云った方がいいだろう。それもトラピスト派やヴェネディクト派の様にビールやワイン作りに砕身していた人達ではなく、「ダ・ヴィンチ・コード」に出て来るオプス・デイに近い。異様でさえある。ドラムセットと対峙するクリスチャン・ヴァンデに至っては鬼気迫るなどというものではなく、正に鬼と化している。自分のリズムについて来られない者がこの中にいるなんて事は微塵も考えず、ただひたすら己が太鼓で驀進する。

おそらく、「曲を覚える」とかいうレベルでは為し得ない演奏である。所謂「身体で覚える」事が実践出来なければ、MAGMAでは生きて行かれないのではないか。この事は楽器組はもとより、コーラス部隊に強く感じる。ステラ・ヴァンデ(クリスチャンのお内儀)を筆頭に、ヒミコ、アントワーヌ等の集中力たるや凄まじいものがある。因みにヒミコとアントワーヌの2人はMAGMAでベース奏者として活躍したベルナール・パガノッティの子供達で(奥方は日本人)、アントワーヌは先頃リシャール・ピナスと共にドラマーとして来日している。
そして一番のハイライトは、後半から登場するヤニック・トップによる「De Futura」だろう。曲中テンポアップして行く最大の見せ場でのクリスチャン&ヤニックは、生き物としての限界に挑んでいるとしか思えない。映像で見る限りあまり大きな小屋だとは思えないが、この限られた空間の中で一体ナニを構築しようとしているのか。……魂を揺さぶられる瞬間である。
このヤニックがソロを取っている時のクリスチャンの目が、また凄い。仲間であるメンバーを見る目ではなく、眼光鋭く、パートも違うのに「ヤツから何かを盗み取ってやる」といった風情なのだ。恐ろしいくらいのものだ。

今月中には国内盤がリリースされるそうなので、買うのならソチラの方がイイかも知れない。ナンでもロング・インタビューがライナーに掲載されるとか……。(買うのをはやまったかも知れない/鷹&虎)
  
コメント(0) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
Premiata Forneria Marconi / Stati di Immaginazione





近年その積極的な活動振りに驚きさえ感じてしまうPFMだが、今回リリースされた新作は素晴らしいデキになっている。往時の美しさが還って来た、という感じ。

CDとDVDの2枚組で、DVDに収録されている映像に音をつけたモノらしい。なのでDVDを観ても、聴こえて来る音楽はCDと一緒。この映像がどういう意図で作成されたものなのかは知らないが、ダ・ヴィンチやアルキメデスの生涯、開発途上国の住民が人海戦術で河に橋を架ける(編むと云った方が良いか)様子、カヌーでの川下り、なんかが実写・CG・アニメーションを織り込みながら展開されている。PFM自身の映像は全くナイので私にはCDがあればイイかなって所だが、大きな液晶TVでもある部屋なら環境映像風に流しておくのに良いかも知れない。

音の方は、とにかくオススメである。「ULISSE」('97)を聴いた当時、ちょっと拍子抜けした思いがあったので来日公演にも食指が動かなかったのだが、ココまでのポテンシャルを持っていた事を知らずに見送ったのが悔やまれる。繊細さとダイナミズム、おおらかさと攻撃的な音作りが同居しており、聴くものを圧倒する。フラビオ・プレモリは脱退したとの事だが、作曲で2曲にクレジットされている。全8曲オール・インスト作品。
パッケージはCDタイプとDVDタイプの2種類が発売されているが、内容は同じ。
(鷹&虎)
  
コメント(5) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
Goblin / Profondo Rosso




イタリア責めで^^
御存知Goblinの75年デビュー作、その30周年記念限定盤が2枚組で発売された。

Profondo Rossoは映画のサントラで、邦題は「サスペリア2」。イタリア映画界の鬼才、ダリオ・アルジェントの作品である。彼の作品はこのProfondo Rossoを皮切りに、「ローラー」「サスペリア」「ゾンビ」「シャドー」「フェノミナ」「デモンズ」と、Goblinそしてその中心人物であるクラウディオ・シモネッティとともに歩む事となり、更にその音楽はシモネッティによってDaemoniaに引き継がれて行く。
2枚組である本作は1枚目がオリジナル曲、2枚目に映画で使われたパートや未発表曲、またそのジャズ・アレンジ曲などが1〜2分の小品を中心に29曲収録されている。ジャケットやインナーには映画のシーンがふんだんに載っており、恐怖映画ファンにもアピールする出来に仕上がっているが、個人的にはこういう映画にあまり近付かないので、コメントのしようがナイ^^

それにしても天才シモネッティが、Daemoniaでの方がいきいきとしている様に感じるのは私だけだろうか。(鷹&虎)
  
コメント(0) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
Arpia / Terramare




ココに書こうとしておいてこう云うのもナンだが、私はこのイタリアのバンドについて何も知らない。その音はおろか、名前すらも聞くのは初めてだ。唯一の情報は本作が彼等の3rd.アルバムにあたり、およそ10年振りのリリースになるという事だけである。それなりにキャリアはあるという事か。
そんなバンドのアルバムを何故購入しようと思ったか……、これは只々「イタリア然としたダークさと邪悪さを秘めたヘヴィ・プログレッシヴ…云々」というキャッチに惹かれたからに他ならない。こんな言葉をやり過ごせる程、人間出来てはいないのである^^

音を聴かずに買う場合は「ハズレて当たり前」と思って買う事にしているが、この作品は「当たり」だったと思う。緩急の展開力も豊富で、リズム・セクションもしっかりしている。変拍子を織り込みつつ、思い入れたっぷりの巻き舌全開ヴォーカルに表情豊かなギターとキーボードが絡むという、90年代にArti+Mestieriのペッペ・クロヴェッラが主催したVinyl Magicの一群を思わせる出来だ。10年以上のキャリアがあるという事だから、まさにその辺りの流れから出て来たバンドなのかも知れない。
惜しむらくは、イイ感じに思えるパートがすぐに次の展開に移ってしまう事と、ヴォーカルの声質だ。飽きの来易い声に思える。個人的な好みの問題もあるだろうが、もう少しインスト・パートを増やしても充分聴かせる事の出来るバンドではないだろうか。寧ろ、数曲でフューチャーされている女性Vo.の方がドラマチックで、聴かせ所を心得ている様に感じる。

因みにiTunesではAlternativeに分類されていて、国内バンドHappy Familyを髣髴とさせるギターも随所にみられ、そちら方面のファンに受け入れられそうな曲もある。タイトル曲は圧巻。入手可能なら、1st.2nd.も遡ってみたいバンドだ。(鷹&虎)

  
コメント(3) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
Focus / Focus 9 〜 New Skin


それほど熱心なファンという訳ではない私にとって、Focus は「Hamburger Concerto」(1974)で止まっている。なのでその後、解散・復活を何度か繰り返しているという彼等の音については、全く知らない。もっとも、その度メンバーは一定ではない様だが…。

然し今回の新作は、私の様なモノにも抵抗なく聴ける作品に仕上がっている。曲によっては拍子抜けするくらいあっさりと、72〜74年頃のFocusサウンドに連れて行ってくれる。とりもなおさずこれは、Thijs van Leer の健在振りを示した結果という事なのだろうが、実は今回dr.に当時の Pierre van der Linden が復帰しており(初めての「復帰」ではなかった様な気もするが)そんな事も要因のひとつかも知れない。
また、ギターの Niels van der Steenhoven なる人物が、パートによってはかなりJan Akkerman 的なプレイを展開していて、その才を発揮している。アルバムを通して殆どの曲を Thijs が書いている中で、1曲彼の曲があり(その名も「Niels's Skin」)他の曲とは違った雰囲気で自身の色を出している。大化けするかも知れない(或いは私が知らないだけ、という人なのかも知れないが…)。

当時の音に浸りたい人間にとってはもう少し、「ヨイロロ・ヨイロロ・ドンパンパン」的な高音ヴォーカルを聴きたい処ではあるが、……だったら、昔の音を聴けばイイか。(鷹&虎)
  
コメント(5) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
in absentia / Porcupine Tree


アルバム自体は2002年リリースで決して新譜とは云えないのだが、先月(2006.09)末に目出度く国内発売となった作品。Porcupine Tree はそのキャリアの割りに日本での知名度が低く、今年3月に現時点での最新作「Deadwing」(オリジナル・リリースは2005.03)が発売されるまで国内リリースはなかったが、以前からミュージシャンズ・ミュージシャンとして評価の高かったバンドで、今夏のウドー・フェスティバル出演決定を機に風向きが変わり、今秋にはR.Fripp のサポートを受け単独来日公演が決まっており、本作はその来日記念盤ともなっている。

このアルバムからdr.が現在のGavin Harrison に代わっており、それまでのどちらかと云うと浮遊感のあるサウンドから、縁取りのはっきりしたハードな音に変化している。中心人物のSteven Wilson は実に様々なプロジェクトを同時並行的に展開している人で、メインであるとは云えPTとしての活動もそのひとつであった訳だが、この頃から音楽集団としての位置付けからバンドとしてのそれへと移行を計った様に思える。実験的な側面は後に下がり、明快なサウンドが前面に出ている。以前の音造りに魅力を感じて彼等を聴くようになった身としては、多少複雑な想いもあるが……。G.Harrisonは、同時に発売されたDVD「Arriving somewhere …」の中で打楽器に対する造詣の深さを見せるクリップを収録しており、コチラも素晴らしい出来になっている。Colin Edwinのクリアなベース・ラインとのリズム・セクションは必聴と云える。

因みにS.Wilsonは、97年のJBK(Jansen / Barbieri / Karn)来日公演に参加していたのでご覧になった方がいるかも知れない。(鷹&虎)
  
コメント(0) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)