新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by generic cialis (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by online payday loan (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by generic viagra (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap cialis (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by payday loans no credit check (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy viagra (05/28)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cialis (05/28)

新着トラックバック
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by 創造101DVD (05/28)
▼Nights Out / METRONOMY
by Creative wedding photographers Auckland at Lightscript (05/27)
▼トランスファレンス/スプーン
by ride sex toys (05/27)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by bullet sex toy (05/27)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by adam & eve sex toys (05/27)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by adam and eve sex toys (05/26)
▼トランスファレンス/スプーン
by best sex toy cleaner (05/26)

The Album / Wilco

ラクダのジャケだけどCAMELのアルバムじゃないよ

今年の夏頃、女性と男性のデュエット曲「You and I」をラジオで聴いて「透明感のあるポップでいい曲だな〜」と思った。
バンドの名前は「WILCO」。この「You and I」はiPodのCMに使用された「1234」が世界的ヒットとなった女性シンガーソングライターのファイストと、バンドのフロントマンであるジェフ・トゥイーディーという二人のヴォーカルが心に染みる、フォーキー・バラードだ。

この曲が余りにも素晴らしかったので、早速アルバムを購入しようと思い他の曲をi-tuneで試聴したのだが、正直「ピン」と来なかったので購入を見送っていた。
・・・というのは表向きの理由で、ビートルズBOXを買う為にこのアルバムに手が出せず、この度ようやく購入にこぎつけたというのが本当の理由である・・・(汗)。
そもそも、たかが30秒の試聴でアルバムの全体像なんか、掴めるはずが無いのである。

今年の「マイ・ブーム」の一つにアメリカのフォーキーなサウンドというのが有る。
フリート・フォクシーズ、アニマル・コレクティヴ、グリズリー・ベアといったバンドが次々と、アメリカン・ロックのルーツを今に伝える重要なアルバムを発表してくれた。
このウィルコは、そのフォーキーな部分だけでなく、カントリーあり、オルタナあり、王道ポップスありとバラエティの富んだ曲作りが魅力だ。

ウィルコの音を聴いて、思い浮かぶのは「ジャクソン・ブラウン」のイメージだろうか。(ジェームス・ブラウンではない。勿論マイケル・ジャクソンであるはずが無い)
決して泥臭いアメリカン・ロックでは無く、都会的でスマートで有りながら大陸的な広がりを持つ音は、不思議な安心感を与えてくれる。
でも、こういうカントリー的な要素を持つ音は、セコセコした島国ニッポン育ちの我々の感覚ではなかなか理解できないものだと思う。広大な土地で生まれ育ったアメリカ人だからこそ、好きな音楽なんじゃないかなと感じる。
前述のD「You and I」の他にもB「One Wing」、E「You Never Know」、I「Sonny Feeling」あたりが個人的にはオススメ。
ビルボード・チャート初登場堂々の4位。ジ・アルバムというアルバム・タイトルからも、バンドの自信が伺える意欲作だ。

1995年にデビューして今作が7枚目の作品になるが、決して商業主義に走る事無く、一貫してオーガニックなアメリカン・ロックを奏でてきた。
そして、どこか懐かしさを感じさせる曲調は、いつの時代にも通用するポップ・ミュージックの普遍的要素を持ち合わせていると言える。
きっと、色褪せる事も飽きる事も無く、この先も長く聴いていけるアルバムになるだろう。
(OASI-Z)

THE ALBUM / WILCO
1. Wilco (The Song)
2. Deeper Down
3. One Wing
4. Bull Black Nova
5. You and I
6. You Never Know
7. Country Disappeared
8. Solitaire
9. I'll Fight
10. Sonny Feeling
11. Everlasting Everything

 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_98.htm 
コメント(2278) / トラックバック(497)アメリカン・ロック
The Sound of Madness / SHINEDOWN


プロモーションビデオで衝撃をうけてはまったバンドを紹介します。

 その名は 「 SHINEDOWN

レコード店などでジャケ、試聴買いという 「いいものないかな?」 という宝探し的な情報収集が定着していたので、逆に映像などによるイメージ戦略をシャットダウンしていたのですが・・・

チャンネル変えてるうちに見てしまいました。
  「 DEVOUR 」 のプロモーションビデオ

時間も空気も止まってしまったかのように、テレビ画面だけに集中してしまうなんて久しぶりの経験。 ビョークのデビュー曲以来のような気が・・・・・。

で、HR/HM系のバンドかな? アメリカンっぽい気はするな と検索。
プロフィールにジャクソンビルという文字が出てきたので、一気に好感度アップして今回、日本デビュー盤となる3作目を購入してきました。
(レーナード・スキナード好きなので、ジャクソンビルが気になった。)

実際にレーナードの曲をカバーしたこともあるらしく、ハードにキャッチーにレイドバックもこなす幅広い音楽感覚は ジョニー版レーナードが好きな人ならけっこう気に入るのではないでしょうか。

サザンロックではなく そんなフィーリングを感じさせてくれるアメリカンロックバンドとして注目のバンドだと思います。
                            ( moto )

1. DEVOUR
2. SOUND OF MADNESS
3. SECOND CHANCE
4. CRY FOR HELP
5. THE CROW & THE BUTTERFLY
6. IF YOU ONLY KNEW
7. SIN WITH A GRIN
8. WHAT A SHAME
9. CYANIDE SWEET TOOTH SUICIDE
10. BREAKING INSIDE
11. CALL ME
12. SON OF SAM (日本盤ボーナス)
13. JUNKIES FOR FAME (日本盤ボーナス)
 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_81.htm 
コメント(1) / トラックバック(49)アメリカン・ロック
LOST HIGHWAY/BON JOVI

ロック・バンド”ボン・ジョヴィ”にあって近年稀にみる快心作!と推薦したい。基本形に前作の延長線上に成り立っているかと思う。ジョン曰く”アメリカの”ナッシュビル”から影響され意識した音像が狙いらしいが、その発言通りの印象で、フィドル、ペダル・スティール、アコーディオン・・・さらにはストリングスらにゲスト・ミュージシャンを擁し音像的にも(これまでの”ボン・ジョヴィ像”とはほど遠い?)そのナッシュビル的なアメリカの広大な土着感ある空気を漂わせている。
女性Voのリアン・ライムスとのデュエットもあって、新たな新境地も・・・。

今までのバンドのイメージを払拭させる程にある曲調全体はポジティブ感覚で好感が持てる。が、詞的にはここ最近のメンバーのネガティブな人生模様(離別や離婚)も描写されているかの様にも感じとれる。
プロデューサーのジョン・シャンクス、ダン・ハフ、さらにデズモンド・チャイルドらで巧く"さじ加減"という演出が施されていて、どれも聞きやすくも馴染みやすい。

いわゆる”キラー・チューン”(目玉の1曲)は無い印象だが、曲の並びも個人的には不満は無く、どこを切り取っても佳曲が配置されているかのよう。
ジョンの発言を含めて実験的なアルバム志向にもなっているがやっぱり”ボン・ジョヴィ”として成り立っている。ただこの感じ方は、”ボン・ジョヴィ”に対しどんな音楽(ロック)を求めるかで、リスナーそれぞれの感じ方が変わってくる。今だに80年代または”クラッシュ”等派手目なロック・サウンドを求めている方には、本作は薦められない!その様な思いのリスナーが耳にされても満足は出来ないはず。
逆に、60年代後半頃〜70年代のアメリカン・ウエスト・コースト系ロック(ザ・バーズやCSN&Y、バッファロー・スプリングフィールド、アメリカ、ライ・クーダー・・・)らのサウンドに興味あるリスナーにも是非耳にしてもらいたい!とも思う。

本作、例え大きなヒットにならなくとも、これはこれで素晴らしく、いずれ”ボン・ジョヴィ”を代表する1枚にもなりえる!とも思う。全曲聞き終えた後、バンドも立ち止っていない事を証明しているかの様にも・・・思えた。(せいいち)

※初回限定にあるDVDだが、先行シングル”メイク・ア・メモリー”(珍しく?地味なバラード調なシングルになっている。)のPVと、アルバムに対するインタビュー等で、これはファン向きになっている。

※♪LOST HIGHWAY/BON JOVI
(米TV局?からのスタジオ・ライブ演奏)
  
コメント(6) / トラックバック(0)アメリカン・ロック
Oh! Gravity / switchfoot




職場のラジオで毎日流れるヒット曲。
最近は邦楽のほうが好みの曲が多いなー と感じたので
「発掘」にでかけました。

 そこで目にしたジャケットにひとめぼれ!

しかし、試聴コーナーにあるからとりあえず聴いてみるか・・・
大海原とかダイナミックとか書かれた紹介文があったのだがダイナミックに関しては納得。
オープニングからライブが見たくなるようなキャッチーなノリ、躍動感。
とにかく楽しいなってことで今年一番目の大発掘になりました。

で、このバンドに関してはなにも知らなかったんですが1997年から活動している10年目のベテランバンドなんですね。
大海原というキャッチコピーは彼らがサーファーだからだそうで・・・

と、まったく知識がなく解説になっていませんが
 とにかく気軽に楽しめるサウンドが満載だったアルバムです。(moto)


  
コメント(0) / トラックバック(0)アメリカン・ロック

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)