新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by viagra without prescription (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by viagra without prescription (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy viagra online (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap cialis (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap viagra (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap cialis (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy cialis (09/21)

新着トラックバック
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by Pink Sex Toy (09/21)
▼トランスファレンス/スプーン
by Buy Sex Toy (09/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by Buy Dildo (09/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by vibrator (09/21)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by sex toys (09/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by دوربین های مدار بسته (09/21)
▼トランスファレンス/スプーン
by work from home jobs 2018 (09/20)

ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ


 ファンの間でも「ナンバー・ワンのステージ」と伝えられ、何度もリリースが決まっては中止を繰り返していたレディング・フェスティヴァルでのライヴが、遂にソフト化した。それもDVDとCDの同梱で、映像でも音声でも楽しめるものとして。
 内容は、CDだけでも充分に興奮できる素晴らしいもので、さらに映像で見ると『イン・ユーテロ』のブックレット写真にあった、カートが車椅子に乗って登場するシーンや、妻コートニーへの愛あるMC、ドラム破壊、最後にはノイズまみれのアメリカ国家……と、鬼気迫るステージで、まるでこれが現在のバンドのような錯覚をおぼえてしまうほど生々しい、文句のつけようもないものだ。選曲も『ブリーチ』から『インン・ユーテロ』までのベストのようなもので、『ネヴァーマインド』の曲が多いことは否めないが、『ブリーチ』のライヴ常連曲も多く含まれ、もはや自分達の曲と言ってもおかしくないカヴァー曲もあり、実質的なライヴ初披露だった『イン・ユーテロ』の楽曲にはひたすら興奮する。
 それらをネチネチと書き記しはしない。ニルヴァーナ、それもライヴでの彼らは、細かい分析など不要だ。寧ろ詭弁にしかならず、邪魔になる。
 問題は、日本盤では海外盤と仕様が異なることだ。
 日本盤はまず、ライヴCDは高音質のSHM-CD仕様。さらに紙ジャケット仕様。そして最大の問題点は、限定発売ということ。
 これらすべて、ニルヴァーナのファンなら「はぁ?」と思ってしまうのではないだろうか。
 ニルヴァーナに、それもライヴに高音質CDを採用するメリットはあるのか? アナログ世代でもないのに紙ジャケを喜ぶと思うか? トドメは、なぜ限定発売なのだ?
 そのうえ日本盤は輸入盤と較べて阿呆のように高い。それでも結局は完売してしまうだろう。
 どうしても、出せば売れる「カート・ビジネス」の一環のように感じられてしまう。こうやってニルヴァーナとカートは祭り上げられ、いつまでも閉塞感や孤独を綴った歌詞さえ理解されず、それらの歌詞と楽曲の精神性も鑑みられず、ただ売れるから利用されてしまう。そうした利用されることを嫌ったカートが生きていたら、このリリース形態をどう思っただろう?
「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」をライヴではきちんと演奏しないこと
の意味を知ってほしい。
 だから私は輸入盤を買った。こちらは限定でもなく、トール・ケースの箱形態で、値段も数段安い。
 それでもライナーを読みたいだとか、日本盤でないと嫌だというなら、勝手に買うといい。しかし、高音質でノイズ演奏を聴いていることが虚しくならないだろうか。
さらにはメーカーに踊らされていることにならないだろうか。限定盤なのでゆくゆくはレア・アイテムになるかも知れないが、そうなればなったで哀しくなってしまうだろう。
 別に日本盤を買う方を馬鹿にしているのではない。ただ、メーカーの方針に腹が立つのだ。ファンに罪はない。知ってか知らずかメーカーに利用されてしまっても仕方がない。
 だから私は、リリースされてから間もないこの時期に「いっそ輸入盤を買った方がいいよ」とやわらかく提言するだけにする。

 繰り返すが、内容はとてもいい。本当に素晴らしい。
 ただ、何より日本盤の仕様が、もったいない……。
(KEN)
  
コメント(19760) / トラックバック(0)グランジ・ロック

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)