新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by viagra without prescription (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by viagra without prescription (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy viagra online (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap cialis (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap viagra (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cheap cialis (09/21)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy cialis (09/21)

新着トラックバック
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by Pink Sex Toy (09/21)
▼トランスファレンス/スプーン
by Buy Sex Toy (09/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by Buy Dildo (09/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by vibrator (09/21)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by sex toys (09/21)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by دوربین های مدار بسته (09/21)
▼トランスファレンス/スプーン
by work from home jobs 2018 (09/20)

Two Of A Kind / トゥー・オブ・ア・カインド

メロディアス・ハードの至宝TERRANOVAが全面バック・アップしたオランダの女性デュオ。
フレッド・ヘンドリックス(b)、ロン・ヘンドリックス(key)、ジェスィーノ・デローザス(g)というテラ・ノヴァの中核3人が演奏で参加、そして作曲とプロデュースは全てフレッド・ヘンドリックスという、もうほとんど女性ヴォーカル版テラ・ノヴァといった感じ。
1曲目のイントロからもう、オールド・ロック・ファンには耳馴染みのいい純血ハードロックといったサウンドで、近頃のダーク&ヘヴィなラウド・ロックにはないストレートさが、清々しい感じさえする。
ヴォーカルの女性2人は結構ベテランのようで、単独で唄っても上手いし、ハーモニーも美しい。ただ、手慣れすぎていて新鮮さがないのも事実。声自体にもそれほど個性がないので、もうちょっと歌い方に工夫が欲しかったところだ。
どちらかというと、個人的には4曲目の「ギヴ・ミー・ア・リーズン」のリードをとっている方の声が好きだが、今のところどちらの声がどちらの女性なのかは分からない。

写真右側、アニータ・クレインメイヤーは、1968年生まれのベテラン・シンガー&ギタリストで、ロックだけでなく、スカ、ファンク、スウィング系などのバンドも転々としていた実力派だ。
一方の写真左側、エスター・ブロウンズは1977年生まれ。こちらも歳は若いがジャズ、ディスコ、ソウル・ミュージックを唄っていた経歴を持ち、アマチュア時代はタレントのコンテストなどの賞を総ナメにしていたというから相当な歌い手だ。
そもそも、この女性デュオのデビューのきっかけは、レコード会社からフレッドを中心としたプロジェクトを発足させるよう要請があったことから始まったようだが、現代版「ハート」を目指してもいるらしい。
近年の女性ロック・ヴォーカル・ブームに便乗しようとの思惑もあったのだろう。
しかし、その動機はどうあれ、フレッドが全楽曲を書いている以上、悪いハズもない。テラ・ノヴァの大ファンである僕などは、このアルバムに入っている名曲群に「あ〜もったいない、これをフレッド自らが唄ってくれたら」などと、フレッドが唄っているのを思い浮かべながら聞いてしまう(笑)。
当然のことながら全曲捨て曲なし、ジェスィーノのギターも一切手抜きなしで、テラ・ノヴァと変わらぬプレイを披露している。
あ〜、早くテラ・ノヴァの新作が聞きたい!
だんだん何のレヴューをしているのか分からなくなってきたが、とにかくメロディアス・ハードのファンにはお薦めのアルバムなのは間違いない。(HINE)

参考サイト
http://www.toak.name/

  
コメント(0) / トラックバック(0)メロディアス・ハード

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)