新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by free cialis coupon (12/18)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cialis online coupon (12/17)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cialis online coupon (12/17)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cialis online coupon (12/17)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy generic drugs (12/17)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by canadian pharmacy cialis (12/17)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy generic viagra online pharmacy (12/17)

新着トラックバック
▼トランスファレンス/スプーン
by Bestecktasche bedruckt (12/17)
▼残響 / シガー・ロス
by Little Lunch Tomatensuppe (12/17)
▼残響 / シガー・ロス
by himedia (12/17)
▼残響 / シガー・ロス
by هاست (12/17)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by rotating vibrator (12/16)
▼残響 / シガー・ロス
by vibe rabbit (12/16)
▼残響 / シガー・ロス
by mumbai police (12/15)

コルピと古の黒き賢者/コルピクラーニ



 フィンランドのフォーク・メタル・バンド、コルピのニュー・アルバム。今どきでは珍しい1年という短いインターバルでのリリースだ。
 フォーク・メタルとは、民俗(フォークロア)音楽とヘヴィメタルの融合サウンドで、コルピの場合はもちろんフィンランド民謡をモチーフに、フィドルやアコーディオンを多用したメタル・サウンドだ。
 そんなコルピも本作でもうすでに4枚目。ヴォーカルは一環してずっとダミ声で叫びっぱなしだし、サウンドにもあまり変化がみられず、ほとんど「偉大なるワンパターン・バンド」の領域に入りつつある。
 では、良くないのかというと、それがそうでもない。メインフレーズは民謡をベースにしているのだろうが、よくもこれだけのバリエーションがあるものだと感心する。似てはいるが、よく聞けばそれぞれの曲のフレーズはみな違う。ファースト・アルバムを初めて聞いたとき、個人的にこういうダミ声・唸り・叫び系ヴォーカルが苦手なこともあって、なかなか彼らのサウンドに馴染めなかった。しかしながら、しばらく聞くのをやめると、不思議とまた聞きたくなってくる。しかも、真剣に聞くというよりは流して聞いていた方が良かったりする。流して聞いていても彼らの曲はメインフレーズをひたすら繰り返す曲が多いので、自然にそのフレーズを覚えてしまうのだ。
 本作も初回限定でDVDが付いていたし、しばらく聞いていなかったので、なんの気なしに聞いてみたくなり買ったのだが、聞いてみると案の定、また以前買ったファーストと代わり映えしないサウンドで、「またか・・・」というのが第一印象だった。ざっと聞いて良い曲も何曲かはあったが、毎日聞きたくなるようなものでもない。だが、それ以来ときどき思い出したように引っ張り出してきては聞いていて、結構トータル時間ではいっぱい聞いていたりするのだ。まったく不思議な音楽だ。


また、彼らの曲にはネットで募集したへんてこな邦題がいつもつけられているのでも有名。せっかくなのでそれも紹介しておこう。
1. 朝から飲もうぜ
2. コルピと古の黒き賢者
3. 北風に抱かれて
4. 血塗られた赤ん坊伝説
5. 森と大地と狼さん
6. 村が大地
7. ハートに火をつけろ
8. 熊唄
9. 霧雨の村
10. 神々のコルピ劇場
11. 北の大地のお祭漢

付録のDVDも盛りだくさん。彼らの前身であったシャーマン時代のPVが2曲とコルピになってからのPVが6曲、オマケに初期の代表曲「酒場で格闘ドンジャラホイ」のライヴ映像まで入っている。
初めて彼らのアルバムを買う人にはお薦め。(HINE)

*ご指摘のところを少々かきなおしました。
  
コメント(4) / トラックバック(0)フォーク・メタル
コメント
名前
メールアドレス
URL
本文
コメント一覧
投稿者 : さにー
>ヴォーカルは一環してずっとデス・ヴォイス

ダミ声の間違いでは?

>日本のヴィジュアル系バンドよりは数段上手い(他のレビューから)

日本のヴィジュ系にお詳しいのですね
2007/06/23 17:50
投稿者 : HINE
ははは、今日はサニーさん、またずいぶんからみますね。
デス・ヴォイスってダミ声のことじゃないんですか?
Wikipediaを全く信じているわけではないですが、このようにかいてあります。
>デスボイス(デスヴォイス)とは、意識的、積極的に出す「ダミ声」「悪声」「がなり声」といった意味である。

日本のヴィジュアル系も詳しいわけではありませんが、一般論の話です。
「有名な」もしくは、「売れている」という前置きをかくべきではありました、すいません。
もちろん、日本のヴィジュアル系にも上手い人はいることでしょう。
「有名な」とはどのバンドのことを指すのかなんてヤボなことは聞かないでくださね。それはそのバンドの名誉のため、答えられません。
2007/06/24 00:31
投稿者 : さにー
どうもトゲのある言い方になって申し訳ないです。
何かにあせっていたんでしょうか(笑)

>デス声

なんと申しますか。我々デス好きの間でも「○○はデス声じゃねぇ」
などと議論の尽きないものであると同時に、単なる汚い声ではなく
怒りや絶望を効果的に表し、グラウルやスクリーチを始めとして様々な
スタイルの存在する立派な歌唱法という(様な)認識があります。
よって当然「うまいデス声」や「ヘタなデス声」も存在します。
定評のある例として・・・
ttp://www.youtube.com/watch?v=AY5LRReFYus

で、デス好きからすればコルピがデス声かというと・・・特徴のある良い
ダミ声ですがデス声であると主張する人は居ないのでは、と思います。
去年のユーロビジョンを制したLORDIのVo(コルピ以上に濁声)をデスメタルと
呼ぶ人が居ないように。Eternal Tears Of SorrowのVoみたいに汚いデス声の人も居ますが(笑)

>ヴィジュ系

私も正直詳しくありませんが、一つだけ言えることはどのジャンルでも
目立つ例をとって一般化するのはどうなんだろう…という意識があって
こんな書き方になってしまいました。申し訳ないです。
ただ、ヴィジュ系にも陰陽座やMoi Dix Moi、そして元祖?である
筋肉少女帯など知名度・定評も実力もあるバンドも存在しますし、それらの
バンドも「実力の無いジャンルの一部分」と見なされるのはやはりアレですね。

一つ確かなのは、なるべく目立たないようにおっかなびっくり誰にも
気付かれないうちに勝手に展開する私みたいなチキン野郎は場の空気を乱して
よい物はなにも残さないので、書き込みを慎んだ方がいいということです(笑)
2007/06/24 01:33
投稿者 : HINE
なるほど、目からうろこですね〜。
デス・ヴォイスにも、そんな定義があったとは!
僕などは、ダミ声で怒鳴ってりゃ、みんなデス・ヴォイスだと思ってました。
ちょっと調べてみたところ、僕と同じように勘違いしている人も結構いますね。
これは、ロック用語集も直さなくてはいけないかもしれません!
詳しい解説ありがとうございます。

ヴィジュアル系の件は、ザ・アイアン・メイデンズを聞いてみて、みなさんに比較していただくしかないですね。
2007/06/24 02:46
トラックバック一覧

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)