新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼Returns / Return To Forever
by amirtha gowri (05/24)
▼Returns / Return To Forever
by amirth (05/24)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by Electrician Red Deer (05/15)
▼Returns / Return To Forever
by amirth (05/14)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by ahlam_st (05/05)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by www.doggroomingreddeer.com (05/02)
▼残響 / シガー・ロス
by hotele (04/30)

新着トラックバック
▼トランスファレンス/スプーン
by cheap jersey store (05/26)
▼One Day As a Lion
by double penetration dildo (05/26)
▼残響 / シガー・ロス
by تعمیر یخچال در محل (05/26)
▼The Album / Wilco
by discount nfl clothing (05/26)
▼The Album / Wilco
by youth nfl jerseys on sale (05/26)
▼The Album / Wilco
by me jerseys wholesale (05/25)
▼トランスファレンス/スプーン
by nfl players jersey (05/25)

YEAR ZERO / NIN INCH NAILS

これはイイです。車の中で大音量で聴いているとアドレナリンが全身の毛穴から噴出しそうになります

実は、私はNINの良い聴き手とは言えません。
1999年当時、約10年のロック離れの真っ最中「今、どんなロックが流行っているのか?」と思って手にしたロック雑誌に「フラジャイル/ナイン・インチ・ネイルズ」が大きくピック・アップされていました。
「イエスの”こわれもの”のカバーか?」等と呑気な気分で、音も聴かずにCDを購入。そして目の前に現れたのは「ノイズまみれの暗く重苦しい陰鬱な音」でした。「10年の間にロックは変わった」などと思いながらも、何度か我慢しながら2枚組のCDを聴いたのですが結局馴染めず、ブック・オフにそのCDを売りに行ったのでした。(NINのファンの皆様ごめんなさい)

しかし、今度の「イヤー・ゼロ〜零原点・・・」は今迄、NINが苦手だった私でも聴く事が出来ます。
というより、このアルバムで私はNINのファンになってしまいました。
何が私を惹きつけたのかというと、過去の作品とは比べ物にならない「聴き易すさ」があるのです。
キャッチーなメロディーが前面に出ている為、ノイズ音が全く気にならないどころか、そのノイズが快感に変わったのです。

その辺は、トレント・レズナーがインタビューで
「ハード・コアなファンにも感謝しているが、新しいリスナーにも聴いて貰いたい。」
「今回は自分がやりたいように作れたのが、大きいね。」
「イヤー・ゼロというのは始まりであり、終わりである。」
「今回は凄く楽しみながら作れたので、次のアルバムを作るのが今から楽しみで仕方がない」
と答えているように大きな心境の変化が、音の変化に現れているようです。

もちろん歌詞には、これまでと変わらない「反戦」「アメリカ政府批判」等、今迄トレントが向かい合って来たテーマが存在しているのですが、いままで内側にこもりがちだったメッセージが「吹っ切れた」ように、この作品では外側に向かって「前向き」に放たれているのです。

アルバム・タイトルを想起させるAThe Beginning Of The End、ノイジーな中にもヴォーカルが際立つHThe Warning、JMeet You Master、圧巻はLThe Great Destroyerのハンパじゃないポップなメロディと、過去最高とも言えるスピーカーをぶち壊さんばかりのノイズが炸裂!もう最高です!カッコいいです!昇天しそうです!

もしかすると、このアルバムはコアなNINのファンには評判が良くないのかも知れませんが、少なくともこの作品でトレント・レズナーが目論んでいた「新しいリスナー」を獲得するという目的は、達成出来たのではないかと思います。
(今、過去の作品も必死に聴いています。あぁフラジャイル、勿体無い事したな・・・)

尚、このアルバムを聴く時は、大音量が許される環境で聴く事をお勧めします。
自宅でこのアルバムを大音量で聴くと、家族から締め出されるのは間違いないので、私は専ら車の中で聴いています(笑)。
OASI-Z

追記
CDをお持ちの方は既にお気づきだと思いますが、CDケースに入っている時は「黒い」ディスクなのにCDトレイに挿入〜トレイから出した時には感熱してディスクが「白色」に変色し、怪しげな数字が浮かび上がるという仕掛けも驚き!
(でも最近暑くなってきたせいか、CDケースに入っている時から盤面が白いんですけど・・・)
  
コメント(4) / トラックバック(0)オルタナティヴ
コメント
名前
メールアドレス
URL
本文
コメント一覧
投稿者 : HINE
僕も何度かNTNを理解しようとチャレンジしたことはあるのですが、OASI-Zさんと同じように
>「ノイズまみれの暗く重苦しい陰鬱な音」
について行けず、断念してきました。
しかし、OASI-Zさんがそこまで言われるならば、もう1度チャレンジしてみましょう!
2007/06/18 00:31
投稿者 : too
ninファンの僕から見てもYear Zero力作だと思いますよ。これを機に過去の作品も聴いて見て下さい!
2007/07/12 23:39
投稿者 : HINE
確かに格段に聞きやすくなってますね!
これなら普通に聞けます。
まだ聞き込みが足りないので、善し悪しの判断はできませんが、良さそうな気はします。
2007/07/16 23:04
投稿者 : OASI-Z
>too様
「ブロークン」と「ダウンワード・スパイラル」に挑戦してみましたが、このアルバムを聴いたおかげでNINの音も以前より抵抗感が無くなったように思います。
ただ、NINの音は聴き方を選びますね。
スピーカーに向き合って控えめな音で聴くよりも、ヘッド・フォンである程度音量を上げて聴くのがベストな気がします。tooさんのNINのお薦めって何ですか?

>HINE様
暗い曲が少ないので、聴き易いですよね。たまにこういう音で脳を刺激する事が「ボケ防止」になるのじゃないかと思っています(笑)。
2007/07/22 23:05
トラックバック一覧

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)