新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by Tinting Services (03/16)
▼UNDER A DARK SKY / ULI JON ROTH
by amsaleka (03/15)
▼Returns / Return To Forever
by amsaleka (03/15)
▼Returns / Return To Forever
by amsaleka (03/12)
▼ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ/マニック・ストリート・プリーチャーズ
by Eno White (03/12)
▼CARTEL / カルテル
by yanmaneee (03/08)
▼ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ/マニック・ストリート・プリーチャーズ
by yanmaneee (03/08)

新着トラックバック
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by https://speakerdeck.com/montu4891 (03/19)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by cordless magic wand (03/18)
▼残響 / シガー・ロス
by high quality vibrator (03/18)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by latest vibrator (03/18)
▼残響 / シガー・ロス
by تعمیر ساید سامسونگ (03/18)
▼ライブ・ベック3〜LIVE AT RONNIE SCOTT'S / ジェフ・ベック
by anal bondage (03/17)
▼Nights Out / METRONOMY
by judi poker online (03/17)

Entertainment!/Gang Of Four



 雑誌でクラクソンズという新しいバンドのインタビューを読んでいる時、彼らが例えられるバンドに「ギャング・オブ・フォー」の名前を挙げていました。
 という事で今回は「温故知新シリーズ第1弾」(←シリーズ化する気かよ!)としてギャング・オブ・フォーの「エンターテイメント!」を紹介します。(クラクソンズをレヴューしろよ!と突っ込まないでね。何せ音を聴いていないんだから。てか、まだ日本盤は発売されていないし・・・)

 「セックス・ピストルズ以来、最も素晴らしいバンド」とNMEで評され、パンク・ムーブメント全盛の70年代後半の時代に、彼らの金属質なギター・サウンドとダンス・ビートはひと際、異彩を放っておりました。彼らのデビュー・アルバムにして最高傑作の「エンターテイメント!」は1979年に発売され、その後レッド・ホット・チリ・ペッパーやREM、ニルヴァーナといったバンドに多大な影響を与える事になります。(因みにレッチリのデビュー・アルバムは、ギターのアンディ・ギルがプロデュース)

 ギャング・オブ・フォーの最大の売りは、なんと言ってもソリッドでシャープなアンディ・ギルの荒削りなカッティング・ギター。鋭角的なリズムを刻むギターを「これでもか!」というくらい前面に押し出し、聴く者に「痛快感」と「爽快感」を与えてくれます。
 アルバム中、最もキャッチーなナンバーC「Damaged goods」を聴いて貰えれば、そのカミソリのようなギターを充分、堪能してもらえるはず。
 因みにこの曲は、私が選ぶ“ロック名曲ベスト30”(←30かよ!)に入る重要な曲。25年以上経っても、決して色あせる事はありません。

 他の曲も今回このレヴューを書くにあたって、アルバムを久しぶりに聴いてみましたが、無表情なメロディーとヴォーカル、シニカルなリズムのベースとドラム、それらと対照的にメロディを無視したように自己主張する「引っ掻きギター」が実に心地よく、I「At home he's a tourist」ではアドレナリンが増幅し、40過ぎた今でも破壊的な衝動に駆られます。(↑危ないオッサンに要注意です)
 ただ、残念ながら当時は一部の支持を得たもののセールス的にはイマイチで、大ブレイクとは程遠い状態でした。
 まぁMTVもまだ無かったし、インターネットなんて産声もあげていなかった時代だから、仕方がないんだけど。つくづく「早過ぎる音」だったと思います。
 
 2作目以降のアルバムからは徐々にハード・エッジなサウンドが影を潜めてしまい、バンドは84年に一時解散。その後、再結成〜解散〜再結成を繰り返し、2005年のフジ・ロックに来日してオールド・ファンのみならず、若いロック・ファンをも魅了したとの事です。

 バンド名の由来は「中国文化大革命四人組〜Gang Of Four」からとったもの。革命を象徴する赤いアルバムジャケットと政治的な歌詞に彼らの当時の姿勢が伺えます。
 昨年9月に発売された期間限定のデジ・リマ盤(1,500円)は今でも結構見かけますし、レンタル屋にも多分有ると思いますので是非、皆様お試し下さい。(OASI-Z)

追記. HINE様、勝手に「温故知新シリーズ」などと銘打ってNew Discにしてしまいましたが、Artist Guideの方が相応しいようでしたら修正をお願いします。m(__)m

  
コメント(3) / トラックバック(0)オルタナティヴ
コメント
名前
メールアドレス
URL
本文
コメント一覧
投稿者 : OASI-Z
HINEさん、すいません。カテゴリーは「プログレッシヴ」では無く、「オルタナティヴ」でした。
修正はどうしたらいいのでしょう?
2007/03/04 12:00
投稿者 : HINE
一応、新旧を問わず、1年以内ぐらいの間にニュー・リリースされたものならば、このコーナーに該当します。
しかし、パンクやオルタナティヴ系のアーティストはArtist Guideに少ないので、ぜひOASI=Zさん、あちらにもお願いします!!
修正はもう1度入り直して、「記事一覧」から自分のかいたタイトルをクリックし、直した後再度アップしてください。やっておきましたが・・・。
2007/03/05 01:27
投稿者 : OASI-Z
HINE様、修正ありがとうございました。
削除しか出来ないのかと思っていました。(汗)
Artist Guideの方は、特定のArtistを1枚目〜全部聴き込んだというのがあまりないんですが、今度時間を見つけてやってみたいと思います。
2007/03/05 09:18
トラックバック一覧

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)