新着アーカイブ
▼ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー
(2010/7/30 00:37)
▼トランスファレンス/スプーン
(2010/3/10 22:00)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
(2010/3/10 21:00)
▼The Album / Wilco
(2009/11/21 13:04)
▼ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ
(2009/11/7 00:01)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
(2009/10/16 18:21)
▼マナフォン / デイヴィッド・シルヴィアン
(2009/9/30 11:06)

新着コメント
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by fast payday loans (06/26)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by generic viagra (06/26)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy generic viagra (06/25)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy generic viagra (06/25)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by payday loans online (06/25)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by buy cialis coupon (06/25)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by payday advance loans (06/25)

新着トラックバック
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by free download for windows 10 (06/25)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by http://mer99furniture.com (06/25)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by nurse lingerie (06/25)
▼マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック
by best couples toys (06/25)
▼イグノア・ジ・イグノラント / ザ・クリブス
by bdsm (06/25)
▼Nights Out / METRONOMY
by pokemon go hack (06/24)
▼トランスファレンス/スプーン
by ブランド 財布 スーパーコピー (06/23)

ピルグリムス・プログレス / クーラ・シェイカー




 申し訳ねえ。
 おいら、どうしたってクーラ・シェイカーが好きなのです。
 彼らの持ち味がグルーヴとかインドにあり、と今でも思っている古参の方、ごめんなさい。賛同しつつも、それは賛同しかねます。
 というのも、復活第2作の『ピルグリムズ・プログレス』が、本当にいい「作品」だからです。
 今までのクーラは、「ポーズ」的にインド要素を使っていました。それに限界を感じたのが、奇しくも復活作だったのです。なので、彼らはそれを醸し出しつつ無難な作品を作り、様子を見てから、急に方向転換しました。
 というのも、本作はすべからく「キリスト教的」なのです。
 タイトルになっているのがイギリスの文学書なのもあり、いきなり風呂敷を広げています。そこへきて、以前のような「『ヘイ・デュード』で盛り上がれればいいんだろう?」といった感じはなく、全体を通して感じてくれ、というアルバムです。
 つまり1曲1曲の魅力にはやや欠ける面はありますが、その分、全体の完成度というか統一感がすばらしいです。思えば今までのクーラは多国籍軍のような楽しみがあったのに対し、今作はそうじゃありません。全体が調和しているのです。
 なので、以前のようにグルーヴ重視のファンでありましたらば、本作はノレないことをご承知ください。何せ、殆どの曲がアコースティック重視ですので。
 そのうえで、『ホワイト・アルバム』あたりのビートルズが好きな方ならば、聴いてみて損はしないだろうとも申し上げておきます。
 つまりね、本作は「ファンのあいだでできたクーラ・シェイカー像を楽しむ」作品ではなく、「ファンとともに成長した現在のクーラ・シェイカーを楽しむ」作品であるのです。
 もし仮に、あなたがクーラ全盛期のシングル乱発を危惧しているのなら、本作は2枚組の「輸入豪華盤」を買いさえすれば音源的には事足りるとも申しておきましょう。
 私は愚かながら、同世代的に過ごしてきた彼らが、どうしたっていとおしいのです。純粋な評価とは違いますが、成長したなあ、と思うことしきりなのです。
 そういった感慨のあります方ならば、お酒をかたむけつつ、ああクリスピアンはいまでもイケメンだなぁ、と思えるでしょう。
 そんなファンとともに成長できるバンドなど、なかなかないではありませんか。
 私は、音楽生命果てるまでクーラとともにいることを誓います。
 ジョージの血を生き継ぎ、ビートルズを意識しつつ、古参ファンの期待にも応えながら、新世代に反応しているのですから! (KEN)
  
コメント(94684) / トラックバック(0)プログレッシヴ・ロック
トランスファレンス/スプーン

「2007年の個人的ベスト10」に入る前作『GA GA GA GA GA』から
約2年ぶり、キャリア15年を誇るスプーン待望の7枚目となる新作
『トランスファレンス』が発表された。

前作『GA GA GA GA GA(ガ・ガ・ガ・ガ・ガ)』は、R&Bやソウルの影響を受けながらも、現代風にアレンジが施された「ミニマル・モダン・ポップ」を聴かせてくれた、素晴らしいアルバムだった。
でも、最大の魅力はポップなサウンド・プロダクションも然ることながら、ヴォーカルのブレット・ダニエルの「声」にある。
彼の「声」は、あのエルヴィス・コステロに匹敵するくらい味わいがある、私好みの声質なのだ。

今作は残念ながら、前作のようなキャッチーなソングライティングは、殆ど見られない。その辺はメンバーも理解しており、今回は「キャッチー」な部分を意図的に排除し、「実験的」な作品を作ったという事だ。

録音を殆ど「ライヴ録音」したという事で、その張り詰めた緊張感の中から生まれたケミストリーは、確実にバンド・アンサンブルを向上させ、スプーンというバンドを次のステージに押し上げた作品と言えるだろう。
ただ、個人的にはM-3「ザ・ミステリー・ゾーン」のようなポップ・ナンバーを、もう数曲入れて欲しかった。

因みにバンド名のスプーンは、ドイツのクラウト・ロック・バンド「CAN」のオクラの缶詰ジャケットのアルバム『エーゲ・バミヤージ』に収録されたナンバーから採ったものです。(OASI-Z)

Transference/Spoon
1. Before Destruction
2. Is Love Forever?
3. The Mystery Zone
4. Who Makes Your Money
5. Written in Reverse
6. I Saw the Light
7. Trouble Comes Running
8. Goodnight Laura
9. Out Go the Lights
10. Got Nuffin
11. Nobody Gets Me But You

The Mystery Zone

 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_100.htm 
コメント(8392) / トラックバック(322)オルタナティヴ
マイ・ダイナソー・ライフ/モーション・シティ・サウンドトラック

2007年に発表された前作『イヴン・イフ・イット・キルズ・ミー』が、ビルボードのインディ・チャートで堂々の第一位を記録したモーション・シティ・サウンドトラック(以下MCS)。
通算4作目となる今作『マイ・ダイナソー・ライフ』を引っ提げて、満を持してのメジャー・デビューとなった。

その前作『イヴン・イフ・イット・キルズ・ミー』では、フォール・アウト・ボーイばりのエモ・サウンドを、ウィーザーばりの冴えない(笑)ルックスで奏でてくたメガネ・ロッカーMCS
(因みにフォール・アウト・ボーイのヴォーカル、パトリック・スタンプ君も当時はメガネ・マンだった)

当時といえば「エモ」といわれる、メロディック・ハード・パンクが絶頂期を迎えていた時代で、このMCSも良質なメロディを武器に、インディ・シーンを賑わしていたのだ。

およそ2年半ぶりのリリースとなった今作『マイ・ダイナソー・ライフ』では、幾分エモ度が薄れたものの、その分ウィーザーに負けず劣らずの、琴線に触れる「青春ロック」路線が一層強化された印象を受ける。

特にM1〜M3の、極上「胸キュン・ポップ」はサイコー。さりげないシンセの音も、程よいアクセントで、メガネ・ロッカー達のポップ・センスは留まる所を知りません。

でも、前作のジャケットのアート・ワークは、あんなに素敵だったのに。
メジャー移籍後の今作は、なんだかなぁ・・・。(OASI-Z)

My Dinosaur Life/Motion City Soundtrack
1. Worker Bee
2. A Lifeless Ordinary (Need A Little Help)
3. Her Words Destroyed My Planet
4. Disappear
5. Delirium
6. History Lesson
7. Stand Too Close
8. Pulp Fiction
9. @!#?@!
10. Hysteria
11. Skin and Bones
12. The Weakends

Her Words Destroyed My Planet

 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_99.htm 
コメント(0) / トラックバック(363)ポップ・パンク
The Album / Wilco

ラクダのジャケだけどCAMELのアルバムじゃないよ

今年の夏頃、女性と男性のデュエット曲「You and I」をラジオで聴いて「透明感のあるポップでいい曲だな〜」と思った。
バンドの名前は「WILCO」。この「You and I」はiPodのCMに使用された「1234」が世界的ヒットとなった女性シンガーソングライターのファイストと、バンドのフロントマンであるジェフ・トゥイーディーという二人のヴォーカルが心に染みる、フォーキー・バラードだ。

この曲が余りにも素晴らしかったので、早速アルバムを購入しようと思い他の曲をi-tuneで試聴したのだが、正直「ピン」と来なかったので購入を見送っていた。
・・・というのは表向きの理由で、ビートルズBOXを買う為にこのアルバムに手が出せず、この度ようやく購入にこぎつけたというのが本当の理由である・・・(汗)。
そもそも、たかが30秒の試聴でアルバムの全体像なんか、掴めるはずが無いのである。

今年の「マイ・ブーム」の一つにアメリカのフォーキーなサウンドというのが有る。
フリート・フォクシーズ、アニマル・コレクティヴ、グリズリー・ベアといったバンドが次々と、アメリカン・ロックのルーツを今に伝える重要なアルバムを発表してくれた。
このウィルコは、そのフォーキーな部分だけでなく、カントリーあり、オルタナあり、王道ポップスありとバラエティの富んだ曲作りが魅力だ。

ウィルコの音を聴いて、思い浮かぶのは「ジャクソン・ブラウン」のイメージだろうか。(ジェームス・ブラウンではない。勿論マイケル・ジャクソンであるはずが無い)
決して泥臭いアメリカン・ロックでは無く、都会的でスマートで有りながら大陸的な広がりを持つ音は、不思議な安心感を与えてくれる。
でも、こういうカントリー的な要素を持つ音は、セコセコした島国ニッポン育ちの我々の感覚ではなかなか理解できないものだと思う。広大な土地で生まれ育ったアメリカ人だからこそ、好きな音楽なんじゃないかなと感じる。
前述のD「You and I」の他にもB「One Wing」、E「You Never Know」、I「Sonny Feeling」あたりが個人的にはオススメ。
ビルボード・チャート初登場堂々の4位。ジ・アルバムというアルバム・タイトルからも、バンドの自信が伺える意欲作だ。

1995年にデビューして今作が7枚目の作品になるが、決して商業主義に走る事無く、一貫してオーガニックなアメリカン・ロックを奏でてきた。
そして、どこか懐かしさを感じさせる曲調は、いつの時代にも通用するポップ・ミュージックの普遍的要素を持ち合わせていると言える。
きっと、色褪せる事も飽きる事も無く、この先も長く聴いていけるアルバムになるだろう。
(OASI-Z)

THE ALBUM / WILCO
1. Wilco (The Song)
2. Deeper Down
3. One Wing
4. Bull Black Nova
5. You and I
6. You Never Know
7. Country Disappeared
8. Solitaire
9. I'll Fight
10. Sonny Feeling
11. Everlasting Everything

 http://rock.princess.cc/step_blog/archive_98.htm 
コメント(2278) / トラックバック(501)アメリカン・ロック
ライヴ・アット・レディング/ニルヴァーナ


 ファンの間でも「ナンバー・ワンのステージ」と伝えられ、何度もリリースが決まっては中止を繰り返していたレディング・フェスティヴァルでのライヴが、遂にソフト化した。それもDVDとCDの同梱で、映像でも音声でも楽しめるものとして。
 内容は、CDだけでも充分に興奮できる素晴らしいもので、さらに映像で見ると『イン・ユーテロ』のブックレット写真にあった、カートが車椅子に乗って登場するシーンや、妻コートニーへの愛あるMC、ドラム破壊、最後にはノイズまみれのアメリカ国家……と、鬼気迫るステージで、まるでこれが現在のバンドのような錯覚をおぼえてしまうほど生々しい、文句のつけようもないものだ。選曲も『ブリーチ』から『インン・ユーテロ』までのベストのようなもので、『ネヴァーマインド』の曲が多いことは否めないが、『ブリーチ』のライヴ常連曲も多く含まれ、もはや自分達の曲と言ってもおかしくないカヴァー曲もあり、実質的なライヴ初披露だった『イン・ユーテロ』の楽曲にはひたすら興奮する。
 それらをネチネチと書き記しはしない。ニルヴァーナ、それもライヴでの彼らは、細かい分析など不要だ。寧ろ詭弁にしかならず、邪魔になる。
 問題は、日本盤では海外盤と仕様が異なることだ。
 日本盤はまず、ライヴCDは高音質のSHM-CD仕様。さらに紙ジャケット仕様。そして最大の問題点は、限定発売ということ。
 これらすべて、ニルヴァーナのファンなら「はぁ?」と思ってしまうのではないだろうか。
 ニルヴァーナに、それもライヴに高音質CDを採用するメリットはあるのか? アナログ世代でもないのに紙ジャケを喜ぶと思うか? トドメは、なぜ限定発売なのだ?
 そのうえ日本盤は輸入盤と較べて阿呆のように高い。それでも結局は完売してしまうだろう。
 どうしても、出せば売れる「カート・ビジネス」の一環のように感じられてしまう。こうやってニルヴァーナとカートは祭り上げられ、いつまでも閉塞感や孤独を綴った歌詞さえ理解されず、それらの歌詞と楽曲の精神性も鑑みられず、ただ売れるから利用されてしまう。そうした利用されることを嫌ったカートが生きていたら、このリリース形態をどう思っただろう?
「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」をライヴではきちんと演奏しないこと
の意味を知ってほしい。
 だから私は輸入盤を買った。こちらは限定でもなく、トール・ケースの箱形態で、値段も数段安い。
 それでもライナーを読みたいだとか、日本盤でないと嫌だというなら、勝手に買うといい。しかし、高音質でノイズ演奏を聴いていることが虚しくならないだろうか。
さらにはメーカーに踊らされていることにならないだろうか。限定盤なのでゆくゆくはレア・アイテムになるかも知れないが、そうなればなったで哀しくなってしまうだろう。
 別に日本盤を買う方を馬鹿にしているのではない。ただ、メーカーの方針に腹が立つのだ。ファンに罪はない。知ってか知らずかメーカーに利用されてしまっても仕方がない。
 だから私は、リリースされてから間もないこの時期に「いっそ輸入盤を買った方がいいよ」とやわらかく提言するだけにする。

 繰り返すが、内容はとてもいい。本当に素晴らしい。
 ただ、何より日本盤の仕様が、もったいない……。
(KEN)
  
コメント(19760) / トラックバック(0)グランジ・ロック
< 次のページ
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー
プログレッシヴ・ロック(12)
ポピュラー・ロック(20)
ヘヴィメタル(3)
ハードロック(13)
プログレ・メタル(1)
ゴシック・メタル(1)
パンク(3)
ニュー・ウェイヴ(2)
ニュー・ロマンティック(0)
プログレ・ハード(1)
メロディアス・ハード(1)
フォーク・ロック(1)
グランジ・ロック(1)
オルタナティヴ(9)
オルタナ・カントリー(0)
ガレージ・ロック(2)
ファンク・ロック(3)
アメリカン・ロック(4)
オルタナ・ブルース(2)
オルタナ&パンク(5)
ギター・インストゥルメンタル(3)
カントリー・ロック(1)
フォーク・メタル(1)
グラム・ロック(1)
ソフト・ロック(1)
シンフォニック・メタル(2)
パブ・ロック(1)
アンビエント・ポップ(1)
エレクトロニカ・ダンス(1)
フュージョン(1)
ポップ・パンク(1)

月別アーカイブ
2010年07月(1)
2010年03月(2)
2009年11月(2)
2009年10月(1)
2009年09月(1)
2009年07月(1)
2009年06月(1)
2009年05月(3)
2009年04月(1)
2009年03月(1)
2009年02月(1)
2008年12月(2)
2008年11月(3)
2008年10月(5)
2008年09月(1)
2008年07月(2)
2008年05月(1)
2008年04月(1)
2008年03月(2)
2008年02月(1)
2008年01月(1)
2007年12月(2)
2007年11月(2)
2007年10月(5)
2007年09月(3)
2007年08月(4)
2007年07月(7)
2007年06月(9)
2007年05月(1)
2007年04月(4)
2007年03月(2)
2007年02月(5)
2007年01月(5)
2006年12月(3)
2006年11月(3)
2006年10月(9)