AEROSMITH エアロスミス


Written by KEN


 70年代、アメリカはニューハンプシャー州サナピー湖のザ・バーンというクラブで演奏していた、ジョー・ペリー(G)とトム・ハミルトン(B)のバンド、ザ・ジャム・バンドを見たスティーヴン・タイラー(VO)は、彼らと新たにバンド組む事を決意。既にバンド、チェイン・リアクションでプロとしてデビューしていたスティーヴン・タイラーは、このまだ見ぬ架空のバンドに友人のジョーイ・クレイマー(DS)を、そしてもうひとりのギタリストに同じく友人だったレイモンド・タバーノを迎えたが、翌年にはレイモンドが脱退し、変わりにバークリー音楽大学を卒業し、複数のバンドでの経験を持っていたブラッド・ウィットフォード(G)を迎える事になる。そしてこの5人がエアロスミスのオリジナル・メンバーとなった。
 こうして5人はボストンの小さなアパートの個室で共同生活を始める。エアロスミスというバンド名は、ジョーイ・クレイマーが学生時代ノートの隅に書いてあったバンド名のひとつであり、空気を意味する“Aero”と、職人を意味する“Smith”を合わせた造語であるという。
 デビューしてから、独自の感覚でブリティッシュ・ロックのフレイヴァーをアメリカンに仕立てた、ブルースなどに源流のある音楽性で活躍してきたエアロスミスだが、最初から売れたわけではない。73年発表のファースト『野獣生誕』はビルボードにチャート・インはしたものの、数ヶ月かけて最高166位というものだった。しかしバンドはこの時点で名曲「ドリーム・オン」を生み出しており、そのシングル・ヒットのためアルバムもセールスを伸ばしていった。
 74年、セカンド『飛べ!エアロスミス』発表。最高ランクは相変わらず100位にも届かないものの、ディープ・パープルブラック・サバスなどの前座としてツアーに引っ張られる形で1年間以上にわたってチャートに居座り続け、地元地区ではヘッドライナー・ギグも実現する。
 徐々に自分達のスタイルを築いていったバンドは、75年発表の『闇夜のヘヴィ・ロック』でその人気を確実なものにする。シングル・カットされた「やりたい気持ち」は全米36位のスマッシュ・ヒットとなり、さらにはラップの要素を取り入れた「お説教」がのちにカヴァーされたり、CMやTV番組に使用されたり、ライヴの定番曲にもなり、のちにシングル・カットもされ大ヒットする。アルバムも最高11位を記録し、初のプラチナ・ディスクを獲得する。
 それに押される形で制作された76年発表の4作目『ロックス』はバンドの人気を不動のものとし、シングル・ヒットを生んでアルバム自体もツアーの好評と相俟って全米3位をマーク。出荷枚数のみで発売と同時にゴールド・ディスクを獲得。その年だけで100万枚のセールスを突破する。
 77年には初の日本公演も行われ、キッスクイーンと共に「日本3大人気バンド」のひとつとして数えられるようになる。しかしバンドはドラッグにまみれており、第5作『ドロー・ザ・ライン』の完成も遅れる。100万ドル以上の制作費をつぎ込まれたこのアルバムは間もなくプラチナ・ディスクになり、最高11位をマークするが、シングルはあまりヒットしなかった。それでも78年には初のライヴ盤をリリースするなど、まだまだ健在に見えた。
 しかし、ここまでが第一期エアロスミスのピークだった。
 中心メンバーであったジョー・ペリーが79年に脱退。実質ソロの、ジョー・ペリー・プロジェクトとして活動することになる。ギターには後任に元フレイムのジミー・クレスポを迎えて『ナイト・イン・ザ・ラッツ』が発表されるが、人気は下降。まずまずのヒットだったにもかかわらず、ドラッグへの依存度も高まるばかりで、アルバムの完成度もそれまでに較べると低くなった。81年にはブラッド・ウィットフォードも脱退。スティーヴン・タイラーもバイク事故により入院し、バンドは実質活動停止状態となる。82年にはギターにリック・デュフェイを迎えて『美獣乱舞』を発表したが、バンド低迷の印象は拭えなかった。
 よもや解散か、というムードが強まる中、脱退後のセールスのふるわなかったジョー・ペリーとブラッド・ウィットフォードが84年に復帰、85年にオリジナル・ラインナップが復活して『ダン・ウィズ・ミラーズ』を発表。セールスもふるわず、内容も地味なものだったが、オリジナル・メンバーが復活したことが、エアロスミス第二の黄金期を築くきっかけとなった。その前触れとして、86年にRUN D.M.C.による「お説教」のカヴァーにスティーヴン・タイラーとジョー・ペリーが参加し、エアロスミスを知らない若年層にも支持され、最高4位をマークする。
 87年、ドラッグと決別したバンドは『パーマネント・ヴァケイション』という傑作を生み出す。シングル・ヒットを連発し、アルバム自体も11位まで上昇。エアロスミス完全復活を印象付けた。二度目の来日公演を挟み、89年には『パンプ』を発表。こちらもシングル・ヒットを連発、アルバムは110週にわたってチャート・インするロング・セラーとなった。
 そうして、93年にエアロスミス初の全米首位を獲得する名作『ゲット・ア・グリップ』を発表。完成しかけたマスター・テープをすべて破棄して作り直すほど徹底してクオリティにこだわったアルバムは世界各地でプラチナ・ディスクに輝き、全米で700万枚、全世界では1200万枚を売り上げる大成功をおさめた。シングル・ヒットを数曲飛ばし、第二の黄金期を築く。翌年にかけて全20ヶ月にも及ぶツアーが組まれ、世界各国でエアロスミスの過去作のセールスも上がった。
 その後のエアロスミスの活躍は、語るまでもない。97年に『ナイン・ライヴズ』が全米1位になり、98年には映画『アルマゲドン』の主題歌となった「ミス・ア・シング」がシングル初の全米1位になり、全世界でトップの座に君臨する。2001年には『ジャスト・プッシュ・プレイ』、2004年にはブルース・カヴァー・アルバム『ホンキン・オン・ボーボゥ』と順調なペースで活動を続けており、2001年にはロックの殿堂入りを果たし、98年の洋楽アーティストで初となる4大ドーム制覇などに代表されるような偉業をいくつも成し遂げている。アルバムのトータル・セールスは1億枚以上とも言われている。
 聴いたことのないロック・リスナーには「ローリング・ストーンズの真似」などと呼ばれていたエアロスミスだが、その独自のポップスを昇華したロック・スピリットは、未知のリスナーには一度味わってほしい。さらに言うなら、決して馬鹿売れした「ミス・ア・シング」だけの印象で終わってほしくない。これからもエアロスミスは偉大な功績を残していくだろう。

(KEN) 2008.3 「KENの生悟り




Get Your Wings
Columbia/SONY


Rocks
Columbia/SONY


Draw the Line
Columbia/SONY


Live Bootleg
Columbia/SONY


Night in the Ruts
Columbia/SONY


Rock in a Hard Place
Columbia/SONY


Done with Mirrors
Geffen/Universal Japan

DISCOGRAPHY (制作:HINE)

1973年 Aerosmith(野獣生誕) *デビューアルバムだが、日本では3番目のリリースとなった
1974年 Get Your Wings(飛べ!エアロスミス) *ジャック・ダグラスが初プロデュースし、全米74位のスマッシュヒット
1975年 Toys in the Attic(闇夜のヘヴィ・ロック) *8×プラチナムの最高セールスを記録している彼らの出世作。全米11位の大ヒットも記録した
1976年 Rocks(ロックス) *全米3位を記録した初期の代表作
1977年 Draw the Line(ドロー・ザ・ライン) *またしても全米11位のヒット作となるが、すでにメンバーたちはドラッグ漬けだった
1978年 Live Bootleg(ライヴ・ブートレッグ) *彼ら初のライヴ・アルバム
1979年 Night in the Ruts(ナイト・イン・ザ・ラッツ) *ジョー・ペリーが脱退し、ギターがジミー・クレスポに変わる
1982年 Rock in a Hard Place(美獣乱舞) *ブラッド・ウィットフォードも脱退し、リック・デュフェイ(G)が加入
1985年 Done with Mirrors(ダン・ウィズ・ミラーズ) *ジョーとブラッドが復帰し、オリジナル・メンバーで再出発
1987年 Permanent Vacation(パーマネント・ヴァケイション) *ドラッグと決別し心機一転した会心作。全米11位
1989年 Pump(パンプ) *全米5位/全英3位を記録し、110週間チャートインしていたロングセラー・アルバム
1993年 Get a Grip(ゲット・ア・グリップ) *全米No.1/全英2位のビッグ・ヒット。彼らの最高傑作と名高きアルバム
1995年 Big Ones(ビッグ・ワンズ) *中期のベストに2曲の新曲をプラスしたコンピレーション
1997年 Nine Lives(ナイン・ライヴス) *古巣ソニーに戻っての全米1位/全英4位大ヒット作
1998年 A Little South of Sanity(ア・リトル・オブ・サニティ) *中期の総決算的ライヴ・アルバム
2001年 Just Push Play(ジャスト・プッシュ・プレイ) *新しいエアロスミス・サウンドを印象づけた意欲作。日本盤には「アルマゲドンのテーマ」も収録
2004年 Honkin' on Bobo(ホンキン・オン・ボーボゥ) *彼ら初のカヴァー・アルバム。初回盤には付録でミニ・ブルース・ハープが付いていた
2005年 Rockin' the Joint(ロッキン・ザ・ジョイント) *2002年に行われたラスベガスで行われたプレミアム・ライヴ
2008年 Live in Philadelphia 



Permanent Vacation
Geffen/Universal Japan


Pump
Geffen/Universal Japan


Nine Lives
Sony/BMG Japan


A Little South of Sanity
Geffen/Universal Japan


Just Push Play
Sony/BMG Japan


Honkin' on Bobo
Sony/BMG Japan


Rockin' the Joint
Sony Music Japan


ALBUM GUIDE (KEN&HINE)


『野獣生誕』
Aerosmith




1973年 Columbia/SONY

 このアルバムを聴いたのは、彼らがデビューしてからずいぶん経ってからのこと。それというのも、当初このアルバムは彼らの故郷であるアメリカでもほとんど売れず、日本で紹介されたのは75年、サード・アルバムが初めてだったからだ。
 サード・アルバムが全米大ヒットを記録し、日本でも徐々にその存在が知られるようになった頃、セカンド・アルバム、そしてこのファースト・アルバムも相次いで国内リリースされたのだ。
 当時、セカンド・アルバムに入っていたジェフ・ベック時代のヤードバーズのカヴァー曲「トレイン・ケプト・ア・ローリン」(原題はストロール・オン)などが話題になり、セカンド・アルバムは比較的よく聴いた印象がある。ところが、その後急遽発売されたこのファースト・アルバムは、同じバンドとは思えないような荒削りなサウンドで、当時としても音は悪いし、アレンジも雑、演奏も決して上手いとは言えない。低予算で作られたのは明白だった。ただ救いなのは、バラードの名曲「ドリーム・オン」が入っていたという事ぐらいで(「ドリーム・オン」はアメリカでもリバイバル・ヒットを飛ばしていて、当時ラジオでもよく流れていた)、その曲のためだけに買ったという人も多いことだろう。
 個人的にも、「ドリーム・オン」だけはシングルより長いロング・バージョンが入っていたので、よく聴いていたが、他の曲は飛ばして、ろくに聞きもしなかった。

 しかし、その後訪れるパンク・ブームが、このアルバムの価値を大きく変えることになる。
 ようするに、ブリティッシュ・ハードの様式美に慣れていた自分にとっては、このシンプルで荒削りなサウンドは受け入れがたいものがあったのだが、パンクによってその様式美が破壊され、究極のシンプル・サウンドを聞かされた後、再び聞いてみると、意外にも曲の良さや、ただ荒削りなだけではない計算された「ハズし」に気づいたのだ。
 思い返せばこのパンク・ムーヴメントの頃、ザ・フーも見直され、パンクの教祖として崇め奉られていた。
 「野獣生誕」とはよく言ったものだ。その後エアロスミスは、プロデューサーのジャック・ダグラスによって、分厚く、ある程度洗練されたサウンドを手に入れるのだが、根底にはやはりこの野性味あふれる音が消えてはいない。
 また、後日談だが、セカンド・アルバムとサード・アルバムでは、実はジョー・ペリーの代わりにスタジオ・ミュージシャンがリード・ギター弾いていたということだ。
 それもあって、その後のエアロは急に演奏が上手くなるわけだ。
サード・アルバムのビッグ・ヒットで、ジョー・ペリーは慌ててアルバムのギターをコピーしたらしい(笑)
したがって、当時の本物のエアロスミスは実はこちらだということになる。

 最後になってしまったが、軽く曲を紹介しておこう。
 1曲目の「メイク・イット」はドラムの暴れっぷりが印象的。そういえば、このアルバムのほとんどの曲を書いているスティーヴン・タイラーは元ドラマーで、ドラムとヴォーカルを同時にやっていた時期もある。こういったアイデアはスティーヴンのものかもしれない。途中でヴォーカルと同旋律を奏でるギターもなかなかいい。
 4曲目の「ワン・ウェイ・ストリート」では、イントロにジャズっぽい雰囲気を入れ、全体的に黒っぽいブルースやR&Bの薫りが感じられる。スティーヴンのヴォーカルもすでにスタイルが出来上がっていて、今とさほど変わらないところが凄い!
 レコードではB面トップの5曲目「ママ・キン」も名曲。サックスをフューチャーした、こういったR&Bっぽいサウンドはエドガー・ウインター・グループあたりを連想させるもので、後のエアロ・サウンドにも時々出てくるルーツとなる曲だ。
 7曲目の「ムーヴィン・アウト」では、初めてジョー・ペリーもソング・ライティングに関わっているだけあって、ギターが前面に出ている。失礼ながら言うと、この曲を聞く限り、ジョー・ペリーは速弾きもしないし、古いタイプのフレーズではあるが、元々ヘタではなかったようだ。
 最後の8曲目は、唯一のカヴァー曲「ウォーキン・ザ・ドッグ」。R&BシンガーのRufus Thomasの曲で、ローリング・ストーンズもファースト・アルバムでカヴァーしているが、ドラムのカッコ良さがエアロ流だ。(HINE)



『闇夜のヘヴィ・ロック』
Toys In The Attic




1975年 Columbia/SONY

 たった3年の間に大きく成長を遂げたエアロスミスのサード・アルバム。と言っても、それは後から分かったことで、日本では本作がデビュー作だった。
 また、現在までつづくエアロ・サウンドを確立したアルバムでもあった。それはプロデューサーであるジャック・ダグラスの力によるところも大きい。
 ジャック・ダグラスにしても、それまでマイルス・デイヴィスやジェイムス・ギャング、マウンテンといったジャズ、R&B、ブルース寄りのエンジニアとして活躍してきただけに、エアロスミスのプロデュースは大きな転機となったし、そういった音楽を基盤にしているエアロスミスとの巡り会いは、願ってもないものだったに違いない。
 ダグラスはセカンド・アルバムからエアロスミスを担当しているが、この時期、他のアーティストの仕事を止めてまでエアロスミスのプロデュースに専念し、曲のアレンジや演奏面でのフォロー(例のギタリスト替え玉など)まで、深く彼らに関わっていた。
 それがこの分厚いサウンドと、安定した演奏力、洗練された曲のアレンジを実現させ、メンバーたちだけでは到底こんなに短期間では身につけられなかった貫禄をも身につけさせる結果となったのだ。
 ダグラス自身もこの後、「ロックス」「ドロー・ザ・ライン」のプロデュースも担当しエアロスミスの人気を不動のものにすると共に、ブルー・オイスター・カルト、チープ・トリック、そしてプロデューサーとしては最高の誉れであろう、ジョン・レノンのアルバム・プロデュース(ダブル・ファンタジー)を任されるまでになる。

 本作では、それまでスティーヴンに任せきりだったソング・ライティングの面でも、全員が協力する体制が整い、よりサウンドの幅を広げる好結果となった。おそらく初期のまま、スティーブン1人に負担をかけていたら、これほど長く同じメンバーで活動することはなかっただろう。「お説教(ウォーク・ディス・ウェイ)」のジョー・ペリー、「やりたい気持ち(スイート・エモーション)」のトム・ハミルトン、そしてシングル向きの曲ではないにしろ、ウィットフォードもこれまでのエアロ・サウンドにはみられなかったような重い曲調の「空虚に切り離されて」をスティーヴンと共作している。
 よくエアロスミスの初期の代表作に「ロックス」が選ばれているが、個人的には本作の方が多少本来の荒削りなエアロ・サウンドが残っている分、エアロスミスというバンド自体をよく表現していて好きだ。
 それは、1曲目の「闇夜のヘヴィ・ロック」、3曲目の「アダムのリンゴ」あたりによく表れているし、今でもエアロの全楽曲の中で1,2を争うほど、個人的にも好きな曲たちでもある。

 尚、本作はリリースした75年に全米11位を記録。シングル「スイート・エモーション」も36位となるスマッシュ・ヒット。だが、77年になって「ウォーク・ディス・ウェイ」が突然全米10位となる大ヒットを記録した。
 ファースト・アルバムからの「ドリーム・オン」も76年になってから全米6位まで上昇する大ヒットとなっているが、どうも彼らの音楽を理解するまでには時間がかかるらしい。それほど先進的であったといえば、そうなのかもしれないが、それより彼らの場合、感性のおもむくままに、いろんなタイプの曲を作っていた結果、たまたま時代が合って売れてしまったという方がしっくりくる。運も実力のうちと言うが、彼らのロッカーとしてのカリスマ性が人を惹きつけ、運を引き寄せるような気がする。(HINE)



『ゲット・ア・グリップ』
Get a Grip




1993年 Geffen/Universal Japan

 初の全米ナンバー・ワン・ヒットとなった本作は、完成しかけたマスター・テープをすべて破棄して作り直すほど徹底してクオリティにこだわったアルバム。世界各地でプラチナ・ディスクに輝き、全米で700万枚、全世界では1200万枚を売り上げる大成功をおさめた。「リヴィング・オン・ジ・エッジ」を皮切りに、「クライン」「クレイジー」「アメイジング」といったシングル・ヒットも飛ばし、第二の黄金期を築いた名作。
「お説教」を髣髴とさせるラップ調のイントロに始まり、怒涛の勢いの「イート・ザ・リッチ」に続く。この冒頭でリスナーは既にノック・アウトだ。ハード・ロックながらどこかブルージィなジョー・ペリーのギター、シャウトするスティーヴン・タイラーのヴォーカル、絡み合う演奏。最後のゲップの音まで気を抜けない、あまたあるエアロスミスの曲の中でも群を抜いて突出した名曲だ。
 他にもシングルとなった楽曲群がアルバム各所に置かれ、シングル曲以外でも表題曲では再びラップ調になったり、熱っぽい曲が多くあったり、最後には「アメイジング」のエンディングでラジオを聞いていたかのような気分にさせられ、静かに幕を閉じるようなインスト「ブギー・マン」が配置されていたりと、流れるように聴ける。中でもシングルとなった「リヴィング・オン・ジ・エッジ」の壮大な世界観は一聴に値する。
『闇夜のヘヴィ・ロック』や『ロックス』が初期のエアロスミスの代表作だとしたら、本作は『パーマネント・ヴァケイション』『パンプ』と並ぶ、復活後の代表作。最もエアロスミスらしい作風と言えよう。
 なお、初回限定盤は牛柄のフカフカな生地の特殊デジ・パック仕様だった。筆者には、それを中古で(しかも手頃な価格で)見かけておきながら、先に他の客に手にされ、買われてしまった苦い思い出がある。未だに悔しい……。
(KEN)