E.L.O. PART TWO エレクトリック・ライト・オーケストラ Part II

 クラシック・ミュージックから音楽を聞き始め、しだいにポップス〜ロックへと移っていった自分のような者にとって、E.L.O.のサウンドはなんとも耳障りが良く心地よい。もちろんそうでないリスナーの方でも、彼らのポップ・センスやストリングス・アレンジの妙には少なからず感心させられるはずだ。
 
クラシック・ミュージックらしさを凝縮したような弦楽器による世界最小のオーケストレーション。ビートルズ顔負けのキャッチーさを持つポップなメロディ・ライン。これらはいずれもジェフ・リンというモジャモジャ頭の1人の天才による導きがあって生まれたようなものだ。しかしまた一方で、その完成された素晴らしいサウンドを破壊し、E.L.O.を単なるポップ・バンドにしてしまったのも彼自身の仕業だ。
 
ただし、これでE.L.O.本来のサウンド自体が消えてしまったわけではない。ドラムのベヴを中心に再度姿を現したE.L.O. Part IIでは、あの全盛期のE.L.O.サウンドを見事に蘇らせ継承してみせたのだ。そのE.L.O.サウンド再生に関わったのは、メンバーのみならずたくさんのスタッフたちだった。その見事な仕事ぶりをみれば、彼らが皆いかに往年のE.L.O.サウンドを愛していたのかが分かるはずだ。

 
83年の「シークレット・メッセージ」、86年の「バランス・オブ・パワー」と、明らかにジャフ・リンのソロ・アルバムをE.L.O.名義でリリースしていた感のある本家E.L.O.は、88年にジェフ・リン自らが「もはやE.L.O.でやるべきことはない」という発言をしたことで自然消滅。ジェフはプロデューサー業に精を出し、他のメンバーもちりぢりになっていった。
 
E.L.O.のオリジナル・メンバーとしてジェフと活動をずっと共にしてきたベヴ・ベヴァン(ds)も、ムーヴ(E.L.O.生みの親ロイ・ウッドのバンド)の再結成プロジェクトに参加したり、ブラック・サバスへ加入('87)したりと、すでにE.L.O.からは遠ざかっていたが、ジェフがE.L.O.を辞めると知ると、すぐにE.L.O.再生のために動き出す。
 
まず、ベヴが声をかけたのが、E.L.O.の創始者であるロイ・ウッド。だが、彼には断られたため新たにメンバーを捜すこととなる。89年ミート・ローフの盟友ジム・スタインマンの親友であったエリック・トロイヤー(key)と元クライマックス・ブルース・バンドのピート・ヘイコック(g,vo)、ジョン・ペイン(vo)らを誘いバンド結成までこぎ着けた。だが、ここで問題となるのがバンドの名称で、ジェフ・リンはベヴの要請を受けてE.L.O.という名称の使用権を譲渡したらしいが、レコード会社間の法律的障害からE.L.O.という名前は使えず、E.L.O. part IIという名称に落ち着いたようだ。この時、すでに彼らと共にレコーディングも始めていたジム・スタインマンがプロデューサーを降りてしまい、ヴォーカルのジョン・ペインも脱退してエイジアへ加入してしまった。後任ヴォーカルにはセッション・マンとして活動していたニール・ロックウッド(vo)が加入している。
 
アルバムのレコーディングに当たっては、元E.L.O.のメンバーであったミック・カミンスキー(violin)にも参加を依頼し、カンサスのプロデュースでも知られるヴェテラン・プロデューサー、ジェフ・グリックスマンを迎えて完成させ、91年に「銀河の探索者(Electric Light Orchestra Part Two)」というタイトルでアルバム・デビューした。
 
ポップでドラマティックな曲調に大仰なオーケストラ・アレンジ、そう、これはまさしくE.L.O.の全盛期「アウト・オブ・ザ・ブルー」時代のサウンドだ!「レッド・アラート(Honest Men)」「エヴリ・ナイト」「ワンス・アポンナ・タイム」「キス・ミー・レッド」など名曲も多く、往年のファンからすれば涙なしには聞けない内容だった。しかしながら、よく聞けば曲ごとに作者が違うこともあって、アルバム全体としては若干ポップさに欠け、統一感がないことも否めない。
 
その後行ったヨーロッパ・ツアーでは、Orkestraオーケストラというバンド名でミック・カミンスキーと共に活動していた、やはり元E.L.O.のケリー・グロウカット(b,vo)や、ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラの指揮者であり、E.L.O.やE.L.O Part IIでも共に仕事をしてきたルイス・クラークの協力を得た他、元E.L.O.のメンバー、Hugh McDowell ヒュー・マクドウェル(cello)までも加えていた。また、同ツアーのうち、91年のモスクワ・シンフォニック・オーケストラが参加したバーミンガム公演をライヴ・レコーディングし、「Performing ELO's Greatest Hits Live」として92年にアルバム・リリースもしている。
 
その後、ギターのピートとヴォーカルのニールが脱退すると、新たに元トリック・スターのフィル・ベイツ(vo,g)を加え、ミック・カミンスキー、ケリー・グロウカット、更にはなんとルイス・クラークまで正式メンバーとして迎え、次のアルバム制作に取りかかった。
 
94年に発表されたこのアルバム「モーメント・オブ・トゥルース」の出来は素晴らしく、軽く前作を上回るどころか、往年のE.L.O.のどのアルバムと比較してみてもまったく遜色のない名作となっていた。
 
そのままこのメンバーでツアーも行い、95年のシドニーの公演をライヴ盤「One Night Live in Australia」としてシングル・ディスクで97年に、収録曲を増やした2枚組で99年にリリースしている。
 
その後ニュー・アルバムはリリースしないまま、99年にヴォーカルのフィルが脱退しパーシェノン・ヒューレイ(vo,g)が加入する。そしてE.L.O. Part IIの創始者でもあったベヴも同年脱退してしまった。ベヴの代役としては若いゴードン・タウンゼント(ds,vo)が迎えられ、バンドはそのまま活動を続行するが、ここで問題となるのがまたバンド名で、ベヴがいなくなったことで、再びE.L.O.の名称は使えなくなってしまったのだ。
 
しかたなく、バンドはThe Orchestraという名称に変更し活動を再開。2001年にはアルバム「No Rewind」を完成させ、自らの公式サイトでセルフ・リリースし、現在も活動中だ。
 尚、脱退後のベヴは2004年再び元バンドメイトのフィル・ベイツ、ニール・ロックウッドとジョイントし、ザ・ムーヴ(ELO結成以前ジェフ・リンらと共に在籍したロイ・ウッドのバンド)の名前で活動している。
  
本家E.L.O.はジェフ・リンが復帰して再びポップ・バンドとなってしまったが、昔からのE.L.O.ファンとしては、いつの日かまたあの「世界最小のオーケストラ集団」として本家E.L.O.とこのThe Orchestraが合体し蘇って欲しいと願わずにはいられない。 (HINE) 2006.4


■MEMBER *現在のメンバーは赤文字

Bev Bevan ベヴ・ベヴァン/ドラムス、パーカッション、バック・ヴォーカル (1988〜1999)
John Payne ジョン・ペイン/ヴォーカル(1989〜1990)

Eric Troyer エリック・トロイヤー/キーボード、リード&バック・ヴォーカル (1989〜)
Neil Lockwood ニール・ロックウッド/リード&バック・ヴォーカル (1990〜1993)
Peter Haycock ピート・ヘイコック/ギター、ベース・ギター、リード&バック・ヴォーカル (1989〜1993)

Mik Kaminski ミック・カミンスキー/ヴァイオリン (1991〜)
Kelly Groucutt ケリー・グロウカット/ベース・ギター、リード&バックヴォーカル (1991〜)

Hugh McDowell ヒュー・マクドウェル/チェロ (1991〜1993)
Phil Bates フィル・ベイツ/ギター、リード&バック・ヴォーカル (1993〜1999)
Louis Clark ルイス・クラーク/キーボード、オーケストラ・アレンジ (1994〜)

Parthenon Huxley パーシェノン・ヒューレイ/ギター、リード&バック・ヴォーカル (1998〜)
Gordon Townsend ゴードン・タウンゼント/ドラムス、バック・ヴォーカル (1999〜)



E.L.O. Pert Two
Scotti Bros./アルファ

Performing ELO's Greatest Hits Live
Scotti Bros.

In Concert
Disky

One Night
CMC International

One Night-Live In Australia
Disky

No Rewind

ディスコ・グラフィー

1991年 Electric Light Orchestra Part Two(銀河の探索者)*全英34位を記録したELO IIのデビュー作
1992年 Performing ELO's Greatest Hits Live *91年のバーミンガム公演を収録したライヴ盤
1994年 Moment Of Trues(モーメント・オブ・トゥルース)
*「パワー・オブ・ア・ミリオン・ライツ」が大ヒット。元ロンドン・フィルの指揮者ルイス・クラーク加入
1996年 In Concert *92年にリリースされたGreatest Hits Liveに収録曲を増やした2枚組
1997年 One Night
*95年のシドニー公演を収録したライヴ盤
1999年 One Night-Live in Australia  *97年リリースのOne Nightの収録曲を増やした2枚組CD

<The Orchestra>
2004年 No Rewind
 *ザ・オーケストラとバンド名を変え、セルフ・リリースしたアルバム。The Orchestraの公式サイトで買える



★★★名盤PICK UP★★★

モーメント・オブ・トゥルース
Moment Of Trues

E.L.O. Part II
Electric Light Orchestra Part Two



1994年 Edel/ビクター


*上のジャケットが日本盤で、ポインター
をその上に置くと切り替わるのがUS盤

1.モーメント・オブ・トゥルース
 
Moment of Truth (Overture)

2.ブレイキン・ダウン・ザ・ウォールズ
 Breakin' Down the Walls

3.パワー・オブ・ザ・ミリオン・ライツ
 Power of a Million Lights

4.インタールード 3
 Interlude 3

5.ワン・モア・トゥモロウ
 One More Tomorrow

6.ドント・ウォナ
 Don't Wanna

7.ヴォイセズ
 Voices

8.インタールード 2
 Interlude 2

9.ヴィクセン
 Vixen

10.フォックス
 The Fox

11.ラヴ・オア・マネー
 Love or Money

12.ブルー・ヴァイオリン
 Blue Violin

13.ウイスキー・ガールズ
 Whiskey Girls

14.インタールード 1
 Interlude 1

15.トゥイスト・オブ・ザ・ナイフ
 Twist of the Knife

16.ソー・グラッド・ユー・セッド・グッドバイ
 So Glad You Said Goodbye

17.アンダーチュア
 Underture

18.リーヴィング
 The Leaving

 ひとつの到達点ともいえるELOの傑作アルバム「アウト・オブ・ザ・ブルー」をリリースした後、新たな方向へ向かう道筋は二つあったように思う。
 
1つはジェフ・リンが実際に次のアルバム「ディスカバリー」で示したような手法で、サウンド全体をシンプルにするため、オーケストレーションをエレクトロニクス化してさらにコンパクトにし、それをサウンド・エフェクト的に用いるという方向だった。これが成功したため、その後のELOはますますエレクトロニクスを多用する結果となり、ジェフ・リン・バンドと化していったのだが・・・。
 
そして、もう1つ別の道があったとすれば、サウンド全体の中でオーケストレーションの比重をもっと増やし、荘厳で重厚なサウンドを極めることであったはずだ。もちろんそれには本物のオーケストラを使うことが必要不可欠だ。
 
おそらくは、ELO part-IIの生みの親ベヴ・ベヴァンの頭の中には、同バンドの結成当初から、後者のようなサウンド構想があったのだろう。だが、ファースト・アルバムでは、様々な人々の協力を得て全員一丸となっても尚、往年のELOサウンドを乗り越えることはできなかった。やっとのことで往年の音に接近できたのが精一杯というところだろう。
 
しかし、ここに紹介するELO part-IIのセカンド・アルバム「モーメント・オブ・トゥルース」では、前作を遙かにしのぐ完成度と新しいチャレンジで、全盛期のELOでも到達できなかった、もう1つの進化型サウンドへと到達しているのだ。
 
その成功の要因として、まず挙げなければならないのが、ルイス・クラークによる見事なオーケストラ・アレンジだろう。正式メンバーになってまで、じっくりと腰を落ち着けて仕事に取り組んだ彼の働きは、これまでゲストとして招かれていた時とは比べものにならないほど力が入っている。序章と終章、途中に入る間奏曲はすべて彼のペンによるもので、これらが入っていることによって、作者がバラバラで前作よりさらにポップになった各曲を、あたかも1つのコンセプトであるように結びつけ、全体をトータル・コンセプト・アルバム風に仕上げることに成功している。また、各曲におけるストリングス・アレンジも今まで以上の出来でまったく隙がない。
 
もう1つ成功要因をあげるならば、ピート・ヘイコックの代わりとして加入した新メンバー、フィル・ベイツ(g,vo)の作曲能力の高さだろうか。序章である「モーメント・オブ・トゥルース」の次には、いきなりビートルズ時代のジョン・レノンを想わせるメロディーラインの「ブレイキン・ダウン・ザ・ウォールズ」が始まり驚かされる。ジェフ・リンも大のビートルズ・フリークとして知られていたが、この曲はベイツ単独のペンによるもので、まるでジェフ・リンがそこにいるような錯覚に陥るほど作風がよく似ている。この曲の他、ベイツは5曲で他のメンバーたちと共作し、いずれも耳に残る良質のメロディーを提供している。
 また、ELO、ELO2を通しても珍しい、泥臭い雰囲気の異色作「ウイスキー・ガー
ル」でも、ベイツはハードなギターとアグレッシヴなヴォーカル、そして作曲(ベヴとの共作)まで手がけ大活躍。この曲でのフィドル風(カントリーなど土着民族音楽でよく用いられるバイオリンの別称)のバイオリン・ソロは、今までのELOには無い新鮮な魅力をプラスしている。
 
もちろん、ベイツが書いていない曲もすべてが選りすぐりの名曲ばかり。シングルとしては「パワー・オブ・ア・ミリオン・ナイツ」「ブレイキン・ダウン・ザ・ウォールズ」が選ばれ、どの程度ヒットしたのかは資料が無く定かではないが、CDの帯に「大ヒット・チューン[パワー・オブ・ア・ミリオン・ナイツ]収録」と書いてあることから、この曲は当時かなりヒットしたと思われる。ただし、ビルボードにはまったく記録がないので、そのヒットとはヨーロッパと日本だけに留まるものだったのだろう。
 
その他、シングル・カットされたのかどうかも分からないが、当時「ドント・ウォナ」なども頻繁にラジオから流れていたのを記憶している。
 
いずれにしろ、セールスがどうあれ本作はELOのもう1つの結末として充分通用する内容で、ジェフ・リンが残した結末である「バランス・オブ・パワー」と比べてみるとたいへん興味深い。どちらが良かったのかは、リスナーの皆様が実際に聞いてみて判断していただきたいが、個人的には本作のつづきは聞いてみたいが、「バランス・オブ・パワー」そして「ZOOM」のつづきはもう聞きたくない。(HINE)