アメリカのロックの歴史はフォークの巨匠ボブ・ディランがエレクトリック・ギターに持ち替えた時から始まったと言われている。
そのため当初はフォークやカントリー・ミュージックからの発展系がかなり多かった。
アメリカ南部発祥の音楽であるブルースは何故かイギリスに渡りブルース・ロックとなって発展。
その後マイク・ブルームフィールドなどのスターも生むが、本当の意味でアメリカ独自のスタイルとして発展したものは
70年代初頭フォークやカントリー、ジャズなどと組み合わされ、サザンロックとなっていった。
また、アメリカのミュージシャン達のほとんどは、大陸のおおらかさを反映した独特の陽気な雰囲気をもっており、
特にそれが顕著に出ている、西海岸地区出身のミュージシャン達の音楽ををウエスト・コースト・サウンドと呼んだ。
その代表であるイーグルスは今も尚、アメリカン・ロックの象徴でもある。



■カントリー・ロックの名盤

アンクル・チャーリーと愛犬テディ/ニッティ・グリッティ・ダート・バンド
UNCLE CHARLIE AND HIS DOG TEDDY/NITTI GRITTY DIRT BAND

1970年 Liberty/東芝EMI



サザン・ロックの名盤

アイドルワイルド・サウス/オールマン・ブラザーズ・バンド
IDLEWILD SOUTH/ALLMAN BROTHERS BAND

1970年 Capricorn/PolyGram



アメリカン・ロックの鼓動/マーシャル・タッカー・バンド
WHERE WE ALL BELONG

1974年 AJK(準備中)



戦慄のアウトローズ/アウトローズ
OUTLAWS/OUTLAWS

1975年 Arista/BMGビクター(準備中)



ウエスト・コースト・ロックの名盤

ミニット・バイ・ミニット/ドゥービー・ブラザーズ
MINUTES BY MINUTES/THE DOOBIE BROTHERS

Warner/WEA(準備中)>



アメリカン・オルタナティヴの名盤

ワン・ウェイ・ホーム/フーターズ
ONE WAY HOME/HOOTERS

1987年 CBS/Sony