RockアルバムコレクターのCD購入法

このコーナーは、ロック初級者に向け、ロックアルバム・コレクター達のCDの探し方と購入方法を伝授していただこうと企画したもので、コレクターの方々のご協力によって発展します。

ロックをまだ聴き始めたばかりで、洋楽のCD自体をあまり買ったことがない方。
60年代〜80年代のマイナー・ロックを聴いてみたいが、どこに売っているのかわからないという方。
通販なども試してみたいが何だか怖いという方。

ベテラン・リスナー&コレクターの方々の賢いロック・アルバムの集め方を学び、少ない予算で失敗の少ないコレクションの仕方を研究しましょう〜。

また、「こんな便利な探し方があるよ」とか、「お得な購入法」「失敗談」など教えてくださるロック・アルバム・コレクターの方、後輩リスナーのため、ぜひとも教えられる範囲で情報提供をお願いします。

※右のフィギュアはあゆたさんからいただいたOZZY OSBOURNE



HINEの場合(東京在住)

守備範囲…70年代〜現代、ハードロック、プログレ、ハードポップ、AOR、サザンロック、ブルースロック、ジャズ&フュージョン

よく買う場所…1.新宿HMV高島屋店(新作・旧作新品)、2.新宿DISK UNION(旧作新品・中古)、3.渋谷レコファン(中古珍品)、4.荻窪Book Off(中古掘り出し物)、5.その他中央線沿線の中古屋(阿佐ヶ谷・高円寺・中野などを探索)

よく利用する通販…1.HMV通販(新作予約・旧作新品)、2.Amazon(新作予約・旧作新品・中古)、3.CD-Quest(旧作珍品)、4.Amazon US(旧作珍品)、5.PIPER Records(中古プログレ)

探すポイント…新品の場合、新作はHMVの新宿高島屋店へ水曜日のダブルスタンプデー(ポイントが倍)を狙って直接買いに行きます。旧作の場合は、同じHMVでも探しているジャンルによって店舗を使い分けます。王道ロック系は圧倒的に新宿高島屋店が品揃えが多いのですが、マイナー系ロックやフュージョン、ジャズ、R&Bなどになると渋谷店の方が在庫が豊富です。
またこの2店舗で探しても見つからない場合は、新宿マイシティ店や池袋店、ディスク・ユニオン、タワーレコードなどを探すこともあります。ディスク・ユニオンはマイナー系に強く、プログレなども専門店舗があるので見つかる可能性が高いです。また中古もいっしょに売っているので、まず中古で探して無ければ新品という手もあります。タワーレコードはアメリカン・ロックに強く、渋谷店が圧倒的に品数豊富。

CDショップの大型店の比較…HMV、タワーレコード、ヴァージンメガストア、新星堂のうち、一番利用するのはHMVです。何故かというと、品揃え・商品管理がいいのと店員のサービスがいいからです。タワレコでは、よくケースの破損やディスクの欠陥がありますので、注意が必要です。さらにHMVでは1年中水曜日がダブル・スタンプ・デーになっていますから、水曜日にだけ買っていればすぐにポイントがいっぱいになります。(タワレコは不定期)
タワーレコードに比べると、若干各CDの値段は高めですが、それ以外の店よりは安く、WEB通販のポイントと店舗でのポイントが共通でどちらでも使えるので、貯まったポイントも有効利用できます。

2007年6月現在、ポイント還元率ではタワーレコードの方が有利になりました。
HMVは50ポイント(500円の買い物につき1ポイントが加算される)で1,000円分、100ポイントで2,500円分の商品と取り替えられますが、タワレコは40ポイント(500円の買い物につき1ポイントが加算される)で1,000円、90ポイントで2,500円
しかし、タワレコの場合WEB通販と店舗でのポイントは独立したもので、どちらかでしか使えません。
僕の場合は貴重盤を探すことも多いので、ポイント還元率が多少低いにしても、貯まったポイントを有効利用できるHMVがやはり便利ですね。
もしたまにしか買わないとか、新譜のみしか買わないのなら値段の一番安いタワーレコードをお薦めしますが、コレクターの方にはやはりHMVをお薦めします。

ヴァージンはイギリス&ヨーロッパものには強いですが、他の海外店に比べて値段が一番高く、全体的な品揃えも一番悪い印象。

国内で唯一海外の大型店に対抗できる新星堂は「どうしても日本盤が欲しい」という時や日本でしか売っていないCDを買う場合のみ利用します。新星堂のポイントは現在ではツタヤのTカードと併用できるようになっていますが、利用できるのはやはり店舗のみで、利便性が悪いです。しかし、新星堂通販では面白いサービスをやっています。商品の受け取りを新星堂の各店舗またはJR東日本首都圏の駅店舗(NEW DAYS等)で行えるのです!家に送られては困る方などには便利ですよ(笑)

中古の場合…マイナー系や80年代物はBook Off(古本屋大型店)で探すと信じられないような安価で入手できる場合があります。おそらくBook Offの店員では有名なアーチストしか見分けがつかず、価値の判断ができないのでしょう。ただし、アルバム名とアーチスト名の区別もつかない状態なので、区分けも適当で違う棚に紛れていたりしますから、じっくり探す必要があります。
品数の多さでは渋谷のレコファン圧倒的な在庫量を誇ります。店内の全商品を見ようとすると、軽く2〜3時間ぐらいはかかります(^_^;値段も中古屋の老獪らしく適正なものが付いています。

その他地元に近い地区にある中古CD屋を開拓すると、思わぬお買い得品や珍品をGetできる可能性もあります。地道に地元の中古屋をあたりましょう。また、中古ゲーム・ソフト販売店の片隅にある中古CDコーナーにも、投げ売り状態のCDが置いてあるのをよく見かけますので掘り出しものが無いか要チェックです。

通販の場合価格で勝負するとamazon.com入荷の早さならHMV、珍品をお探しならamazonのUS、UK、カナダ、オーストラリアやCD-Questなどがお薦めです。国内で見つからなくても在庫がある場合があります。このうち日本国内向けのAmazonは一度に1,500円以上買えば送料は無料です(HMVタワレコは2,500円以上)。ちなみに海外通販店は送料がかかりますHMVの場合は通販でもポイントがつきます(このポイントは各店舗でも使えます)が、価格はamazonより高めです。タワレコやヴァージンも通販はありますが、品揃えが悪く話になりません・・・。

通販で心配なのはセキュリティや代金支払い方法、不良品の取り替えができるかどうかなどですが、個人的な例では大きなトラブルは今のところありません。しかし、注文してから2ヶ月後に在庫がないという連絡がきて、怒りのメールを出したこともあります(HMV)。

Amazonの中古通販(マーケットプレイス)で、海外から取り寄せの場合は、値段と共に信頼できる業者かどうかがカギを握ります。
僕の場合は、ほとんどがcaiman_americaという業者を利用しています。
代金の支払い方法は、ほとんどの場合クレジット・カード決済ですが、HMVやamazonやタワレコでは代引きも可能です。梱包状態は下の写真の通り。

以前タワレコ通販も利用していましたが、いつもケースの破損がありました。通販部も管理悪し!おまけに何の連絡もなく在庫がないCDはキャンセルされていました(CD-Questも無断キャンセルあり)。HMVやamazonではそんなことは一切ありません。


HMVの4,5枚入り梱包


HMV、蓋を開けたところ
(クリックで拡大します)


amazonは箱が大きい(4,5枚入り)


CD-Questのシンプルな梱包



MIZOさんの場合(東京在住)

守備範囲…'60〜'70年代、ジャズロック、プログレ、ブリティッシュ・ロック全般、変わり種系

よく買う場所…1.HMV渋谷店(新作・旧作新品)、2.HMV新宿マイシティ店(新作・旧作新品)、3.新宿DISK UNION(中古)、4.渋谷レコファン(新作新品・中古)、5.お茶の水DISK UNION(プログレ、ブリティッシュ・ロック中古)

よく利用する通販…1.HMV通販(新作・旧作新品)、2.Amazon(新作・旧作新品)、3.Amazon US(珍品)、4.CDZone(UK珍品)、5.Yahooオークション(中古珍品)

探すポイント…情報は主にネット仲間から得ることが多く、購入に際してはなるべく手が掛からず探しやすいところを優先します。家の近所で買うことはほとんどなくなく、都心の大型店で買うケースが多いです。しかし、大型店でも場所によってそれぞれ置いてあるものに違いがありますので、自分にあった大型店を探すことをお薦めします。
また、最近CCCD(コピーコントロール、ようするにコピーガード)にも注意しています。購入時には通販であってもメールなどで確認してから選ぶようにしています。

オークションもたまに手を出しますが、競っているうちにけっこう高く買わされてしまうことも多いので要注意。しかしながらヤフー・オークションなどは市場も大きいので、けっこう珍しいものが出ていることがあります。中古店や海外通販などでも見つからない場合は、探してみるのもいいでしょう。

お店での購入の場合…自分の場合は70年代ブリティッシュ・ロックが好きなので、そのあたりに強いお店に絞ってまず探します。同じHMVでも渋谷店の方が他店より70年代初期のブリティッシュものには強いです。DISK UNIONの場合は、新宿店が一番オールラウンドに何でもありますが、お茶の水店にはより個性的なものがあります。
また、中古ショップ大手のレコファンでも、会員(会費無料)ですと、新品は1割引ですからけっこう新作購入にも利用しています。ただし新品でも白地に赤字のシールは特別価格なので対象外、レジまで行ってから対象外と分かると泣きです(^_^;

通販の場合…やはり安さではAmazonですが、システム的に探しにくいので、HMV通販の方を多く利用しています。この2つに無い時は、Amazon USを探しますが送料がわかりにくいですね。その点CDZoneは、ポンド換算ですが、送料込みの料金が表示されますから安心です。もちろんカードも使えます。今まで通販のカード払いでトラブルになったことは一度もありませんし、大型店の通販ならまず安心でしょう。



OASI-Zさんの場合(新潟県在住)

守備範囲…オルタナティブ、パンク、ニュー・ウエーブ・・・といった感じでしょうか?

よく買う場所…日本盤を買いたい場合、先ずポイントを優先に考えて「ヤマダ電機」に行き、店にあれば即、購入。無い場合は止むを得ず!「石丸電気」に行きます。
この2店は、ポイントが常に10%付くという点が最大の特典で、そのポイントは次回来店した時に使えます。(1,980円だと198円分のポイント)
HMVは500円毎のポイントですので、例えば1,980円の場合は、物凄く悔しい思いをしてしまう訳です。
ヤマダ電機の欠点は在庫量が少ない事。ただ話題のニューディスクは結構、揃えて
います。
一方、石丸電気新潟店は昨年、洋楽のCDコーナーが縮小されてしまい、たまに信じられない品揃えをぶちかまします。例として、「アークティック・モンキーズ」のアルバムを「置いていない!」という事。
HMVでもヴァージンでも所狭しと並んだ、あのセカンド・アルバムが1枚も無かった(発売日の3日後なのに)事で「もう石丸電気で買うのは止めよう」と思いながら、店のマーケッティング戦略に腹を立てながら、一応予約をして帰りました。
その足で期待せずにヤマダ電気に行くと、なんとアク・モンのセカンドが、しっかり売っているではありませんか!
その場で購入し、石丸電気に予約キャンセルの電話をしたのは言うまでも有りません。(でも、その後も石丸さんに何度か足を運んで購入しています・・・。はははっ)

HMVは 1. 輸入盤でもいいかなという時 2. 昔レコードやカセットで持っていたものを購入する時 3. 時間があって昔のバンドのアルバムをじっくり探したい時 4. 「クオ・カード」が手に入った時などに水曜日に利用しています。(ヴァージンは品揃えがHMVより悪い。タワ・レコは新潟市の隣の新発田市に行かないとないので、ドライブがてらに遠出したときに寄る程度)

探すポイント…レコードの時代から「いかに安く購入するか」という事に主眼を置いておりました。
昔のレコード時代は「ライナー、日本語訳なし」を承知して輸入盤を買いましたが、最大の問題は「キズの覚悟」でした。酷いものになると真ん中のレーベル印刷の部分がずれて、レコードの溝にシールが入り込んで視聴不能なレコードも有りました。
その点、今はCDは輸入盤でも安心して購入できる点が昔を知るものから見ると、良いと思います。(たまに掘り出し物を見つけるのが楽しみ!)
あとは、日本盤と輸入盤との比較ですが、日本盤独自の特典(エンハンストCD、DVD付、ボーナス・トラック等)と輸入盤との値段を比較して選択します。
私個人は、そのバンドの事を良く知らないケースは高くても日本盤を購入します。日本盤を購入する場合は「ポイント還元率」の高いところで購入します。
ヤマダ電機はCD購入時に10%のポイント還元+来店ポイント100ポイントが付くので一番還元率が高いのです。(因みに、来店ポイントは入口にあるマシンにポイント・カードを挿入します。来店時に先ず10ポイント、商品購入後帰る時に90ポイント貰えますので、この操作を忘れずに)

余談ですが、私は会社のプリンターのインクやOAサプライ用品をヤマダ電機で購入して、ポイントはしっかり自分のものにしています(←横領か!)
そうやってコツコツ貯めていると、投資額の割りに意外と早く1,000ポイント位(1,000円分)が貯まりますので、HMVのWポイント・サービスよりも効率が良いと思います。
あと、ヤマダ電機は何時間止めても駐車料金がかかりません。(←これって新潟だけ?)

なんか探すポイントというより、「獲得ポイント」の話になってしまいましたが(笑)、東京のように「安い中古レコード店」というものが無い新潟のような地方都市では、日本盤をいかに安く購入するかを考えて購入するのが、得策だと思います。