お薦め名盤Vol.2(JAZZ&FUSION)

浪漫の騎士/リターン・トゥ・フォーエバー
ROMANTIC WARRIOR/RETURN TO FOREVER

1976年 25AP 55◆CBS Inc.

SIDE-A

1.中世序曲
 Medieval Overture
2.女魔術師
 Sorceress
3.浪漫の騎士
 The Romantic Warrior

SIDE-B

4.荘厳な舞踏
 Majestic Dance
5.手品師
 The Magician
6.道化と暴君の決闘(パートI&II)
 Duel Of The Jester And The Tyrant(Part I&II)

メンバー
チック・コリア Chic Corea(キーボード、マリンバ)
アル・ディ・メオラ Al Di Meola(ギター)
スタンリー・クラーク Stanley Clarke(ベース)
レニー・ホワイト Lenny White(ドラムス、パーカッション)

 このメンバーを見てもわかる通り、凄いの一言。よくもまあこれだけ凄いメンバーが集まったものだ…。セッションならいざ知らず、ジャズ界ではいずれも世界で5本の指には入るぐらいの名プレイヤーたちだ。
 もともとはこのバンド1972年にデビューし、当初はジャズにブラジルのニュー・ミュージックを加えたりしながらクロスオーヴァー風サウンドを目指してきたが、74年にはチック・コリアが惚れ込んだギタリスト、アル・ディ・メオラをメンバーに加え、急激にロック色を濃くしていく。
 そして、このディメオラが加わった最強メンバーでは、「銀河の輝映」(74年)「ノー・ミステリー」(75年)とこのアルバム「浪漫の騎士」(76年)の3作を発表。この時期がRTFの絶頂期と言ってもよいだろう。
 その後リターン・トゥ・フォーエバー(RTF)からはディメオラとレニーが抜け、チックとスタンリーは、これまでとはまったく違うアコースティック・アプローチのアルバムを1枚リリースしている。しかし、これはもう同じ名前の実質別バンドと考えてもよい。
 RTF解体後、スタンリー・クラークはソロやセッションでジェフ・ベックをはじめロック・ミュージシャンらとも広く交流を持ってゆくことになるが、フュージョン系ベーシストの先駆者である割には、ブーム下ではあまり成功したとはいえない。むしろ彼の後に出現した驚異のチョッパー・ベーシスト「ルイス・ジョンソン」や「マーカス・ミラー」に人気ベーシストの座を奪われることとなる。
 実質、RTFのサウンドを受け継ぎ成功を収めるのはアル・ディ・メオラの方で、ソロに転向し、スパニッシュ・サウンドとロックとジャズのフュージョン・サウンドを完成させた。
 チック・コリアは、この時すでにキース・ジャレット、ハービー・ハンコックと並ぶ三大ジャズ・ピアニストとしてジャズ音楽シーンに君臨し、その後もソロや、エレクトリック・バンド、アコースティック・バンドで大活躍する。
 もともとはロック・サウンドに近づくことを一番嫌っていたレニー・ホワイトも、RTFをきっかけに幅広いジャンルの音楽に目覚め、セッション・ミュージシャンとしてジャンルの垣根を超え活躍することとなる。

サウンドについて
 
とにかくこのスゴいメンバーだけに、聞く前から期待も最高潮に達してしまうが、みごとその期待にこたえるだけのパフォーマンスを披露してくれている。特にこのアルバムは、RTF(リターン・トゥ・フォーエバー)の中でも、ロック寄りの最高傑作と呼べるもので、曲のタイトルを見ても分かる通りプログレっぽいサウンド構成になっている。むろん、各プレイヤーの卓越した演奏バトルも想像を絶するものがあり、ジャズやロックという枠を超えて、それまでの固定観念を覆すような楽器の使い方や、もはや和音とは言えない不協和音をうまく調和させるテクニックなど挙げればきりがないほど新しい試みも施されている。しかし曲自体は比較的ポップで、「誰が聞いても親しみやすい」というところにこのアルバムの本当のスゴサがあるのだろう。
 世の中がやっとクロスオーヴァーという音楽を認識しはじめたこの時期、彼らはすでにフュージョンも超え、プログレッシヴ・フュージョンとでも形容したくなるようなサウンドを構築していた。この事実は驚異的ですらある。
 ちょうどこのアルバムがリリースされた頃、ロック界ではジェフ・ベックがクロスオーヴァー・サウンドのアルバム「ギター殺人者の凱旋」をリリースし世界的に注目を浴びていたところだったが、ジャズ界でも、このRTFをはじめ、ウェザー・リポート、ハービー・ハンコック、マハビヌシュ・オーケストラなどが着々とサウンドのクロスオーヴァー化を進め、この後一挙にフュージョン・ジャンルの確立へと向かっていった。
 本作はその橋渡し的アルバムとしても、重要な名盤だろう。