self-introduction by ぴー

(あまりに幼すぎて本人の記憶にはありませんが)母に手を引かれ1964年の東京オリンピックのマラソンを、家の近くの国道まで見に行ったという世代です。
 国立音大のサックス科に通うことになる姉の影響で、幼い頃よりジャズとクラッシックのサウンドに浸かって育ちましたが、中学時代にディープ・パープルのライブ・イン・ジャパンに出会い、そのあまりのカッコ良さに衝撃を受け、パープル・ファミリー中心にロックを聴くようになります。そして、その後キッスのデトロイト・ロック・シティーを聴き、ロックバンドを組む事を決意します。
 高校に入ると、ボーカリストとして念願のハードロック・バンドに参加しますが、高校3年の時、U.K.を聴いてしまったのをきっかけに、プログレッシブ・ロックの魔性の迷路に入りこんでしまい、その後、キング・クリムゾン、ピンク・フロイド、EL&P等の過去の大物プログレ・グループをはじめ、マイナーも含むプログレ・バンド全般のサウンドを聴きあさり、それらのサウンドに影響を受け、高校生活も残りわずかという頃、プログレ系のバンドを組み活動を始めます。
 大学入学と同時に、現ケンソーのキーボディストの小口健一君と運命の出会いをはたし、プロ指向のバンドを結成。学園祭等を中心にライブ活動をこなしていきます。その頃はテクニックの向上と、音楽的視野を広げる為、フュージョンや各国民族音楽等も聴いていました。
 その後小口君が、ケンソーに加入し、そのコネでケンソーのキング・レコードよりのメジャー・デビュー・アルバムにヴォイスとして参加。同じアルバムのパーソネルに、スペシャル・ゲストとして名を列ねていた難波弘之氏や、ケンソー・ライブの常連客であった無名時代の葉加瀬太郎氏とは、当時、居酒屋で酒を飲み交わし、熱いロック談義を繰り広げました。
 その頃、小口君と共にケンソーのキーボディストとして活躍しており、後に東京ディズニーランドの音楽プロデューサーとなった私の尊敬する佐橋俊彦氏が、ケンソーでの私の歌に対し、「素晴らしいボーカルをありがとう。」と言ってくれた事が、今日までの私の人生においての励みとなっています。
 その後、音楽だけでは食っていけないので、とりあえず就職しますが、そちらの仕事の方が忙しくなり、音楽活動の長期間中断を余儀なくされます。
 2004年に入り、久々に昔の音楽仲間にコンタクトを取りバンドを再結成。2005年には、実に12年ぶりとなるライブを実現する事ができました。また、自身が勤めている会社においても定期的にライブを企画し自らも出演!大好評を博しております。
 ボーカルの他には、本能的に体が求めるドラムを少々かじります。作品もドラムが自分好みの物を選んで聴く傾向があります。浅く広く聴いてきたつもりでしたが、無意識のうちに、自分のバ ンドに良き影響を及ぼすであろうサウンドばかりをむさぼっていたようで、かなり片寄った好みになってしまっておりました。 そして、好みのバンドやアーティストを語ると、そうとうな独断と偏見が加わってしまうようです。(ぴー)